プラズマ乳酸菌はインフルエンザや風邪の予防効果が高い!?

Pocket

スポンサーリンク





ヨーグルトの中に含まれる乳酸菌やビフィズス菌は腸内環境の調整を行いますので、美容健康によいわけです。しかし、その乳酸菌の中で、最近注目されているのが、プラズマ乳酸菌と呼ばれるものです。これは、免疫力を強化してくれる優れた乳酸菌なのです。では、具体的にこのプラズマ乳酸菌がどんなものなのか解説していきますね。



nyu

プラズマ乳酸菌(JCM5805株)の正体とは?


さて、このプラズマ乳酸菌どのような仕組みで人の免疫力を強化してくれるのか?ここで詳しく解説したいと思います。

プラズマ乳酸菌の由来

一般的にプラズマ乳酸菌と呼ばれていますが、正式名称は、ラクトコッカス属ラクティス菌JCM5805株といいます。ヨーグルトのテレビコマーシャルで乳酸菌●●株、××株、と言われているように、乳酸菌には様々な菌株がございます。

この、ラクティス菌にも菌株が多種ございまして、JCM5805株のものが、プラズマ乳酸菌なわけです。プラズマというと、痺れるとか電撃というイメージですが、

その由来は、このプラズマ乳酸菌は、免疫細胞へ様々な命令を行う、リーダー格でもあるpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)を直接活性化を行うからなのです。

プラズマ乳酸菌は新種の乳酸菌?

乳酸菌の研究を行っている日本のトップメーカーである小岩井乳業とキリン。この大手二社が共同研究を行い、プラズマ乳酸菌を発見したのが始まりです。2011年9月に開催された日本ウイルス学会学術集会で、「ウイルス感染を防ぐ免疫細胞を活性化する新たな乳酸菌」として発表されました。それにより、2012年3月にこの乳酸菌がプラズマ乳酸菌として正式に命名されました。

スポンサーリンク

なぜ、プラズマ乳酸菌が免疫力を高めるのか?


乳酸菌は一般的に健康効果も高く、腸まで届くものであれば腸内環境も良好にできるため自然に免疫力も高まると考えられます。やはり、腸内環境が良い人と悪い人では免疫力の差が激しいです。

しかし、その乳酸菌の中でもプラズマ乳酸菌は前述の通り直接pDCに働きを促すので乳酸菌の中でもずば抜けて免疫力アップが期待できるという仕組みです。実際、風邪やインフルエンザウィルスなどの感染症の防止としても有効とされています。

免疫細胞のリーダ格であるプラズマ細胞

われわれの体には、約60兆個の細胞で構成されているといわれています。その細胞群があつまり、内臓や皮膚という組織になりますので、一つ一つの細胞が人間を作っているといっても過言ではありません。

単細胞生物ではなく、多細胞生物ですので、その仕組みも非常に高度なものになっています。例えば今回の話しの流れでは免疫においてです。本来、人間や動物は外敵から身を守るために自動的に免疫細胞が働き除去を行う仕組みが備わっているのです。

つまりは、もともとは、病気にかからないようにできているのです。しかし、日常生活の偏り、ストレス、活性酸素の増加などにより体内バランスが崩れ免疫力が下がり感染しやすくなります。

そこで、本来の免疫力を高めるために、このプラズマ乳酸菌は非常に有効です。理由としては、白血球内のリンパには多種の免疫細胞が存在します。先ほどからお話ししている、pDC(プラズマサイトイド樹状細胞=以下、プラズマ細胞)、B細胞、キラーT細胞、NK細胞、といった細胞がございます。

なぜ、このプラズマ乳酸菌がpDCに活動を促進することが重要になるのかというと、pDCが活動を行うことで連鎖的にこれらの細胞も活動を行うので、一気に、4種類の免疫細胞の力を発揮することが可能になります。

このように、ウィルスや菌の除去も行うことができますが、それと同時に、危険を察知したら抗ウイルス物質を分泌させて外敵の侵入を防止したりもできますので、プラズマ乳酸菌は二重に免疫効果が期待できるわけです。

プラズマ乳酸菌がプラズマ細胞の活性化を行う?

これまでも何度も説明しているように、プラズマ乳酸菌を摂取することでプラズマ細胞を活性化させることができます。乳酸菌自体にも腸内環境の調整を行い間接的に免疫力を高めたり、

免疫細胞を直接活性化するなどの効果はみられたのですが、これまでの乳酸菌は、NK細胞等の一部の細胞のみの活性化だったためプラズマ乳酸菌ほど高い効果は得られませんでした。

しかし、このプラズマ乳酸菌はプラズマ細胞に直接働きかけることで、体にある全体の免疫細胞に働きかけるため、免疫パワーも従来の乳酸菌よりも大いわけです。つまりは、プラズマ乳酸菌は免疫強化を行う上で効率が良いものだといえます。

風邪やインフルエンザに対する免疫効果

では、実際、免疫力を高める効果が期待できるとのことですがどれほどのものなのか?とある実験によりますと、30~59歳の男女213名の方々を、プラズマ乳酸菌を飲んだグループ、飲まないグループで分けました。

実験期間は70日間、プラズマ乳酸菌を飲んだグループで風邪をひいたのわわずか7人、逆に飲まなかったグループで風邪をひいたのは倍も多い14人、その上、熱や咳も改善されたことが確認されています。

もちろん、もともとの免疫力という部分もありますのでプラズマ乳酸菌を摂取してもウィルスや菌に負けてしまうこともあります。ただ、いずれにしてもいえることは、プラズマ乳酸菌が免疫力を高める上で非常に有効であるということがわかりました。

コレで、もし、野菜中心の生活で、お酒、煙草を一切摂取せず、外出時はマスクをする、普段から運動を心がけるなどの他にも健康的な生活を送るとなれば、おそらく全ての方が風に負けない体を作れたと言えるでしょう。悪魔でもサポーターである中心となるのは日常生活。ただ、飲むだけでこれだけ効果が高いのは凄い優秀なサポーターです。

ロタウィルスにも効果が期待できる?

ロタウイルスとは、乳児に感染しやすいもので、下痢や感染症胃腸炎を招く辛い病気です。症状としては水のような下痢が伴い、その上嘔吐が止まらなく、熱も出るため、水分が水分とミネラルが失われるため脱水症状の危険も懸念されます。

このロタウィルスに効果的とされるの理由が、まずはロタウィルスをマウスに経口感染させんした。複数匹いるマウスの中でプラズマ乳酸菌を投与したもの、投与しなかったものに分けました。

結果、プラズマ乳酸菌を投与しなかったものは下痢を起こし、体重が減るなどの症状がみられましたが、プラズマ乳酸菌を投与したマウスに関しては、わずか2日間で腸内にいるロタウィルスが半減したという研究結果を得られました。

以上から、プラズマ乳酸菌は非常に優秀な乳酸菌とみても間違いありません。現在食品として販売されているのは、「キリン プラズマ乳酸菌の水」「小岩井 守る力の乳酸菌」

「小岩井 カラダへの贈り物プラズマ乳酸菌飲むヨーグルト」「小岩井 プラズマ乳酸菌ヨーグルト KW乳酸菌プラス」「キリン 協和バイオ発酵プラズマ乳酸菌」(サプリメント)

清涼飲料水、ヨーグルト、サプリメント色々な食品が既に出回っています。これから冬にかけて風邪やインフルエンザが流行る時期です。この機会にぜひプラズマ乳酸菌を摂取してみてはいかがでしょう?

〔amazon〕小岩井 カラダへの贈りもの プラズマ乳酸菌 のむヨーグルト 125g 24本

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る