【定番】うっかり日焼けしたあとの対処法。肌のかゆみや痛い場合のケアは?

Pocket

<今月のおススメ情報>

潤い敏感肌ケア<<つつむ>>2週間トライアルセット送料無料1,470円

【全国展開】今年こそはチャレンジ 10kg痩せエステ!今ならお試し3,000円!

【限定】ぷにぷよ本気でやばいかも!ダイエット青汁 ラクトクコース630円!!

hiyake

いつもは紫外線対策バッチリなのに、うっかり何も対策せずに出かけてしまった!何も対策せずに出かけてしまうと、すぐこんがり日焼けしちゃいますよね。



日焼けしたショックは大きく、なるべく早く元の白さに戻りたいものです。肌がデリケートな人の場合は、日焼けした肌にかゆみや痛みが出てくることもあります。



「日焼けした肌を元の白さに戻したい」「肌のかゆみや痛みを何とかしたい」このような場合は、正しい対処・ケアを行うことがとても大切です。



そこで、日焼けしたあとの対処・ケア方法についてまとめてみました!正しく対処・ケアするために、まずは日焼けした肌はどのような状態なのか説明していきます。

日焼けした肌はどのような状態?

kiken

日焼けした肌というのは、軽い熱傷(やけど)をしている状態です。肌が炎症を起こしているので赤くなり、かゆみや痛みといった症状が出る場合があります。肌の炎症が落ち着いてくると、肌が黒くなってしまいますが・・・この過程を2つに分けて考えてみましょう。

サンバーン

紫外線は皮膚の表面を通り越して、皮膚の奥にある真皮を傷つけてしまいます。その傷ついた部分が炎症を起こすため、肌が赤くなってしまうのです。紫外線を浴びて2時間くらい経つと赤くなりはじめ、大体1~2日はこのような状態が続きます。紫外線を浴びた量が多ければ多いほどダメージは大きく、肌にかゆみや痛みが出てくる危険性も高まります。

サンタン

紫外線を浴びてしまうとメラニン色素がたくさん生成されるのですが、メラニン色素は紫外線で体が傷つくのを防ぐ働きがあり、紫外線をバリアしてくれます。表面の皮膚の奥にある表皮細胞にはメラニン色素が多くあるといわれており、代謝によって表面に出てくることで肌が黒くなってしまいます。

サンタンは紫外線を浴びてから大体1~3日くらいの間で起こりはじめ、皮もむけてきます。



このように、日焼けは2種類に分けて考えることが出来るので、それぞれに合わせた対処・ケアを行うようにしましょう!

日焼けしたあとの正しい対処法とは?

hoshitsu

サンバーンとサンタン、それぞれの状態に合わせた対処法についてまとめてみました。

サンバーンの対処法

  • しっかり冷やす
  • たっぷり水分をとる
  • 保湿をしっかり行う

日焼けは軽い熱傷なので、肌が赤くなった場合は保冷剤などでしっかり冷やしましょう。やけどでもそうですが、なるべく早めに冷やすと肌の炎症が引きやすいです。



また、日焼けをした肌はとても乾燥しているので、たっぷり水分をとって保湿を十分に行うことが大切です。洗顔剤の使用やメイクは肌に刺激を与えてしまうのでなるべく使用を避け、なるべく刺激のないローションを使いましょう。もし霧吹きがある場合は、水を入れて肌にかけるだけでも十分効果があります。

スポンサーリンク

サンタンの対処法

  • ビタミンCをたくさん摂る
  • 垢すりで体を洗う

ビタミンCには、日焼けした肌を元の白さに戻してくれるだけではなく、日焼けによるシミも防ぐ効果があります。ビタミンCをたくさん摂るためには、サプリメントがおすすめです!もちろん食べ物からビタミンCを摂る方法もありますが・・・サプリメントの方が効率よく摂取出来ます。



また、私たちの肌はターンオーバーといって、大体1ヶ月くらいのサイクルで生まれ変わっています。日焼けで肌が黒くなるのは、肌の奥にあるメラニン色素がターンオーバーによって表面に出てくるためです。垢すりで体を洗うと肌のターンオーバーが促されるので、肌が元の白さに戻りやすくなります。垢すりは、必ず炎症が落ち着いてから行うようにしましょう。

かゆみや痛みが出た場合のケアについて

肌をしっかり冷やすと、ある程度かゆみや痛みは緩和されことが多いです。しかし炎症がひどい場合は、冷やしてもなかなか緩和されないことも・・・。



肌のかゆみや痛みが冷やしただけでは緩和されない場合、ちゃんとケアすることが大切です。かゆみや痛みのケアには、市販で構わないのでやけどに効果のある軟膏を使用してみましょう。軟膏の他にも、炎症を和らげる効果のあるローションを使うのも効果的です。



しかし、軟膏やローションを使ってケアしてもなかなか良くならない場合があります。その場合は完全にお手上げ状態なので、皮膚科の先生に診てもらって下さい。

まとめ

  • 日焼けは軽い熱傷(やけど)の状態である
  • サンバーンとサンタン、それぞれに合った対処をすることが大切
  • かゆみや痛みは、やけどに効果のある軟膏やローションでケアすると効果的


今でこそ、肌は白い方が良いと言われていますが・・・過去には肌は焼けていた方が良い!という時代もありました。私はよく日焼けしていたのですが、何にも対処・ケアしていなかったので今頃になってシミが本当にヤバイです!私のように後で後悔しないためにも、日焼けをしたあとは必ず対処・ケアを行いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  2. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  3. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  4. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  5. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  6. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る