乳酸菌やビフィズス菌にアトピー性皮膚炎改善効果がある?

Pocket

スポンサーリンク




肌荒れや炎症の改善として様々な健康食品があります。代表的なのと言えば、果物や野菜ではないでしょうか?ビタミン類が効いてくれれば肌荒れの改善が見込めます。



yog

そんな中で、ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌がアトピー性皮膚炎改善に有効であることがわかったのです。アトピー性皮膚炎となると単なる肌荒れではなくアレルギーの一種ですから非常に悩ましい所ではあります。

そこで、ビフィズス菌や乳酸菌がどうしてアトピー性皮膚炎に効果的なのかを解説してみたいと思います。

なぜ、乳酸菌やビフィズス菌にアトピー性皮膚炎改善効果があるの?


アトピー性皮膚炎といえば、もともとは子供の病気とされていましたが、最近では大人になってから発症するケースも珍しくはありません。その利用としては現代社会の偏った食生活やストレス、睡眠不足、遺伝、体質といった要因が関わってきます。

アトピー性皮膚炎の仕組みやメカニズム

アトピー性皮膚炎が発症する原因は人間の免疫機能が過剰反応を起こしたり、誤作動を起こすなど、異常を発することで生じます。これらは免疫細胞の活動によるものです。

免疫細胞といいましても、一つではなく多数の免疫細胞を総称した呼び名です。例えば、その中に、B細胞、NK細胞、キラーT細胞というものがございます。これらの役割としては体の中にウィルスや菌が侵入してきたときに速攻で撃破するキャノン砲のようなもので、

速攻で撃破できるように、IgE抗体というものを作っておくのです。弾丸のようなものと例えていいかもしれません。しかし、この弾丸がある基準を超えて作られてしまうと、アレルギー反応を起こします。

また、免疫細胞にはこのほかにも、Th1細胞とTh2細胞があります。Th1細胞はアレルギー反応を抑制するのですが、Th2細胞はアレルギー反応を促進してしまいます。つまり、この二つのバランスの均衡が保てないとアレルギー症状を起こしてしまうのです。

乳酸菌やビフィズス菌はアトピー性皮膚炎を緩和する

アレルギー性皮膚炎を患っている方に多くみられるのは、腸壁の膜が壊れていることです。この膜が壊れていると、そこからアレルギーの原因であるアレルゲンが侵入していきます。

そうなると、アレルギー反応が生じたり、アトピーが悪化したりします。しかし、乳酸菌やビフィズス菌を摂取することで膜を整えることができますので、アレルゲンの侵入を防止します。

その上、この二つには、Th1細胞、Th2細胞のバランスを調整したり、IgE抗体が過剰に働かないように上手くコントロールを行ったり、これによりアレルギーの発症やアトピーの症状を緩和することができます。

スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎改善効果がある乳酸菌は?


もちろんですが、全ての乳酸菌にアトピー性皮膚炎改善効果があるというわけではありません。その中でもアトピー性皮膚炎改善に有効である乳酸菌やビフィズス菌をまとめてみました。これを参考にヨーグルトを買ってみてください。

乳酸菌KW3110

これは、マウス実験を行ったところ、Th1細胞とTh2細胞のバランスを上手く整える効果がみられましたのでアレルギーの症状を緩和すると考えられます。また、LgE抗体の増加の抑制効果も期待できます。ちなみに、食品は、「ノアレKW乳酸菌」、「小岩井 KW乳酸菌のむヨーグルト」がございます。

L-92乳酸菌

アトピー性皮膚炎を患っている小児の対して行ったモニター結果によりますと、L-92乳酸菌の粉末を食品に混ぜて摂取したグループと摂取しないグループと二手のグループに分けて数カ月間データの検証をとってみたところ、

摂取を行ったグループは明らかにアトピーの症状が改善されたという結果が出ました。つまり、L-92乳酸菌はアトピー性皮膚炎に有効であるということです。ちなみに、含有食品は「カルピス アレルケア」が有名です。

ビフィズス菌LKM512

LKM512の特徴としては、胃で殺されずに生きたまま腸までとどきますので、腸内改善に有効とされているビフィズス菌です。それが、腸内でボリアミンとよばれる善玉物質を生成します。

ボリアミンの働きとしては、腸内細胞の新陳代謝を促進し、元気な腸を作ります。ですから、もともと健康には良いものなのです。これがアトピーに有効であるというのがわかったのは、成人でアトピー性皮膚炎を患っている方にLKM512を含有しているヨーグルトを約1カ月摂取してもらったところかゆみが改善したというのです。

また、腸内にボリミアンの生成を行ったことで、アレルゲンの侵入口となる腸壁の膜の崩れを改善する効果もありますのでアレルゲンの侵入を防止します。また、Th1細胞とTh2細胞のバランスの調整を行い、アレルギー反応抑制のTh1細胞を優位にしますので色々な意味で抗アレルギー効果が期待できるという仕組みです。

主な食品は、大手乳飲料メーカーのメイトーから出ている「メイトー プロバイオティクスビフィズス菌LKM512」が有名で、サプリなので効率的に摂取可能です。

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  4. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  5. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  6. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  7. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  8. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る