砂糖断ちの効果は?抜くとダイエットや肌にいいという噂は本当?

Pocket

↓↓【お試し価格】薄着の季節にダイエット!↓↓
バナー原稿imp

sugar

ここ数年”、秘かに”砂糖断ち”を始める人が増えているようです。メディア(特にTV)であまり見かけないのは、砂糖が生活の中であまりに身近なものだからでしょう。

パンや清涼飲料水、総菜、スイーツ。私達が口にする多くのモノに砂糖が使用されていますし、それを断つことを推奨するような報道は、スポンサーへの影響を考えたら紹介できないですよね。

また実際に、砂糖を口にしないで生活していくのは難しそうに感じてしまいます。



ただ砂糖断ちといっても、人によってその定義は異なります。

ほとんどの人が一般的によく使用される白砂糖を断ちますが、黒砂糖やキビ砂糖はOKとする人。砂糖は全てNGとし、はちみつやメープルシロップで代用する人。

たまの外食や総菜の場合は、料理に使用されてる砂糖は気にしないといった人まで。それぞれのルールに沿って実践しているようです。



なかなか不自由を感じそうな砂糖断ちですが、その目的と効果はどういったものなのでしょうか?ダイエットや肌にも良いという噂も検証してみました。

白砂糖は中毒性あり?摂りすぎの弊害とは?

odoroku_josei1

白砂糖は「白い麻薬」と呼ばれるほど、中毒性の高い物質。私自身も毎日甘いモノを食べないと、1日を終えられない気分になってしまいます。立派な中毒者ですね。



WHOでは1日あたりの砂糖等の摂取量は20gが適量と定義していますが(2~6歳、80歳以上は15g)、日本人の平均摂取量は1日約63g!3倍もの砂糖を摂取していることになります。

清涼飲料水には、500mlで50g以上の砂糖が使われていることも珍しくありません。

菓子パンやケーキは言わずもがな、煮物やつゆ、炒め物やコロッケに至るまで、外食や中食にも砂糖はあらゆる場面で使用されているので、気を付けていないとその位はすぐに摂取してしまいそう。チョコやガム、アメ等も口寂しい時の為に常備している人も多いでしょう。



ではこうした糖の摂取過多は何が問題なのでしょうか。

まずは体内のビタミン、カルシウム、ミネラル不足を招くこと。例えば消化する際にカルシウムを使用するので、骨をもろくする原因になるとされます。

コーラを飲むと骨が溶ける、子どもの頃に言われた言葉はこれに起因していたのでしょう。



また血液を酸化させ、赤血球や細胞を破壊する。さらにアトピーやアレルギー、冷え症、頭痛・肩こり、貧血に便秘、虫歯や糖尿病と多くの弊害をもたらすと言われます。

血糖値に関しては、白砂糖や人工甘味料といった吸収の速い糖分は、急上昇する血糖値を下げようとする作用が過剰に働き、低血糖になりやすい。

そのため血糖値の乱高下が激しく、精神的にキレやすくなる原因にも挙げられているのです。

sp1

砂糖断ちのダイエットや肌への効果

gatts

こうしたことから主に白砂糖を断ち、その悪影響から解放されようというのが砂糖断ち。

白砂糖は精製度が高く糖質が99.8%!ミネラルもほぼない、カロリーの塊とも言えます。

でも糖分ってエネルギーに必要では?と疑問に感じますが、炭水化物である米や小麦も消化すれば糖分なので、実際に白砂糖を摂取しなくても問題はありません。



実際に砂糖断ちをすると、イライラしなくなった・集中力がUP!・やる気が出る・花粉症がなくなったといった効果を感じる人が多くなっています。

もちろんダイエットにも効果は絶大。スイーツは小さくても大量の砂糖を使用しているので、これらを全く食べなければかなりのカロリーをカットすることに。

減量効果が高いのは当然ですし、脂肪が減るので特にお腹周りがスッキリするようです



また砂糖は老化の原因物質を作り出します。シミやしわも砂糖断ちに効果がありますが、とにかく肌荒れが解消されるのが実践者の実感するところ。吹き出物や乾燥も改善されるなど、メリットが相当多いようです。

砂糖断ちは実践できるか?

sugar2

完全に砂糖を断つのは困難でも、家庭では白砂糖を使用せずハチミツやメープルシロップで代用する。菓子パンやスイーツを購入せず、なるべく自分で作る(パンにハチミツを塗ったり、フルーツとココナッツオイルを代用したりと工夫は可能)。たまの外食はOK。



こうした自分なりのルールを決め、砂糖を出来るだけ減らす生活に切り替えるだけでも、効果はある程度得られそうです。

生活習慣病の予防や改善にも繋がりそうなので、興味を持った人は出来そうな範囲から始めてみてはどうでしょうか。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 一般的なスイーツよりもカロリーが低く、食べ方次第ではダイエットにも取り入れやすい和菓子♪ …
  2. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  3. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  4. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  5. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  6. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  7. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  8. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  9. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る