アップルペクチンが便秘解消に効果的!リンゴの効能はこんなに凄かった!

Pocket

スポンサーリンク






ringo


アップルペクチンは植物性&水溶性の食物繊維!


ペクチンとは、野菜や果物に含まれている栄養素で、胃で消化し、腸へ運搬しても微生物で分解は可能ではありますが、人の酵素では消化吸収ができたないため、そこで食物繊維として働きます。

食物繊維といいまいても、不溶性と水溶性の二種類のものがございます。その中でも、リンゴ由来のペクチンは水溶性です。どちらが優れているというわけでもなく、これら二つをバランスよく摂取していくことが腸内環境の調整に役立ちます。

今回、クローズアップしていきたいのは、アップルペクチンですので、水溶性食物繊維に関して解説させていただきます。ちなみに、ペクチンといえば、食品添加物の粘性剤として使用されることが多いです。

そのため、お菓子なんかのパッケージを見ると書かれてあることが多いのですが、おそらく見かけたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。


アップルペクチンは美容健康を促進する?


このアップルペクチンは健康にも美容にも効果的な水溶性食物繊維です。リンゴにはポリフェノールやミネラル、ビタミンなども沢山含まれている優れた果実ですのでそれを毎日食べれば健康効果は期待できます。

その中でアップルペクチンも優れた健康効果をもたらしてくれます。例えば、糖質の吸収を緩やかにしますので血糖値の上昇を抑制します。その上コレステロール値を下げたり、便秘を解消するなど腸内環境を整える上で必要な食物繊維と言えます。

また、水溶性のため腹もちがよく、腸内をゆっくりと移動することで、空腹を防ぎ、過食を避けます。さらには、放射線であるセシウムを除去する効果も最近になって確認されています。


アップルペクチンは便秘解消に有効!


アップルペクチンは食物繊維ですので調整効果が期待できます。その結果、便秘気味の方には便通改善にオススメな栄養素といえます。一時的な便秘であればまだしも、長期的であったり、慢性的であったり、断続的に便秘を起こす人は腸内環境が良好とはいえません。

必ず、朝起きたら便を出せるようにならないと腸内環境の改善は難しいです。そういった状態が続くと悪玉菌が増え、美容にも健康に悪影響を与えます。そこで、腸内環境を改善することで便秘を改善することができますので、アップルペクチンを摂取し、腸内環境を良好にしましょう。


スポンサーリンク

アップルペクチンは大腸へ届き善玉菌を増殖する


アップルペクチンは、胃で酵素によって消化されず、さらに小腸でも消化されません。大腸まで行き届き、そこに存在する善玉菌の餌となってくれます。腸内の中には、善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌がいます。

日和見菌は多数派の見方をしますので、腸内は多数派優勢の仕組みになっております。ですから、これらのバランスも重要にはなりますが、善玉菌優勢の状態にしておくことが、腸内環境を良好に保つ秘訣です。

その上、アップルペクチンの特徴の一つとして便の容量を増やす効果がありますので、それが圧迫され、結果大腸が刺激されます。すると、腸の運動が促されますので便通もよくなります。以上のことから、アップルペクチンは即効性も高く、その上長期的に安定した効果が見込める食物繊維だといえます。


アップルペクチンの効果を高める摂取方法とは?


どうせならアップルペクチンを効果的に摂取したいところですよね。名前の通りリンゴに含まれているペクチンですのでリンゴを食べることで摂取できます。ただ、食べ方としては皮は剥かずにそのまま皮ごと食べましょう。

アップルペクチンの多くは皮の中に含有されております。さらには、ポリフェノールも豊富ですので、そのまま丸ごと食べることをオススメします。また、リンゴに多く含まれているのですが、実は、他の食べ物からも摂取することはできます。

例えば柑橘類です。これらにもアップルペクチンは含まれていますが、皮はさすがに食べることはできませんよね。そういう意味で一番手軽に摂取できるのはやはりリンゴです。

皮が固くて苦手な人もいらっしゃるかと思いますが、慣れれば、皮の渋味とリンゴの果肉の甘みと丁度よく混ざっておいしくいただくことができますので、挑戦してみましょう。

どうしても食べられないという場合は、ジューサーでリンゴジュースを作って飲むのも一つの手です。ただ、ジューサーの場合は酸化しやすいので、レモン汁や塩水を混ぜて作りましょう。それにより酸化を防止できます。

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る