シミや色素沈着の改善サプリメント!栄養素と食べ物も解説!

Pocket

スポンサーリンク





ニキビが悪化し、色素沈着が起こり跡を作ってしまったり、紫外線などの外部刺激によりシミを作ってしまうなど…これは一生の悩みです。もちろん、こういったものの対策としてスキンケアは非常に重要になりますが、やはり食べ物も重要となります。今回は、シミや色素沈着の改善に有効な栄養素、食品、食べ方などについて焦点を当てていきたいと思います。



bihada

まずはビタミンAでシミや色素沈着を予防しよう!


まず、ビタミンAがなぜシミや色素沈着に有効なのかといいますと、それらの原因であるメラニンの生成を抑制する働きがあるためです。これにより、シミや色素沈着を作りにくい状態にします。

食べ物としては、人参、かぼちゃ、パプリカ、ニラなどの手軽に手に入れることができる野菜から、レバー類、牛乳、卵黄なんかにも含有されています。野菜に関してはほとんどの野菜に含まれているので摂取する上で困ることはないかと思います。

また、ビタミンAは、ビタミンD、E、Fと同じく水溶性ではなく脂溶性という類に分類されてます。これらの特徴としては水溶性とは真逆で体内に滞在しやすくなかなか排出されないという点です。

その上、ビタミンAは過剰摂取を行うと副作用を起こす危険性もございます。そのため、ビタミンAは基本的にサプリメントでは摂取しないようにしましょう。先ほども述べた通り、食品から十分摂取することが可能ですし、野菜をはじめとした食品から摂取したものは他の栄養素と一緒に摂取できるため吸収率も高くなります。そのため、体内に長く滞在しているということもありません。

そう言った意味で、野菜をたっぷり食べてビタミンAをたっぷり補給することで日焼けによるシミ対策や色素沈着を防止することが可能になります。ただ、ビタミンAの性質として油と一緒に摂取した方が吸収率が高くなりますので、生で摂取するならドレッシングをかけて食べる、過熱をするのであれば野菜炒めにするなどの工夫を凝らしましょう。

スポンサーリンク

作ってしまったシミや色素沈着を改善するには?


ビタミンCはレモンをはじめとしたかんきつ類やキウイフルーツ、いちごなどの果物や野菜であればキャベツ(特に外の濃い葉と芯に多いです。)、さつまいも、れんこんに多いです。

これを摂取することで抗酸化効果で体の錆を取り除く。つまり健康効果が期待できます。美白という意味で、シミや色素沈着を改善したいのであれば、毎日最低でも2000mgの摂取は必要になります。

ビタミンA、D、E、Fとは対照的に水溶性なので、体に長く滞在していることはありません。過剰摂取しても尿と一緒に排泄されますので沢山とっても心配は要りません。

食事前に、果物を食べてビタミンCを腸に届け、食事では野菜から摂取するなど、食事の工夫を行いましょう。ただ、頑張ってもおそらく1日2000mgも摂取することはまず無理です。

ですので、ビタミンCのサプリメントや医薬品のビタミンC(アスコルビン酸)を摂取するといいです。アスコルビン酸は、医薬品ですので少し強力で、副作用はありませんが、摂取すると便が緩くなります。

摂取のポイントとしては、必ず分割して摂取することです。特に水溶性なので一度に摂取しますと、尿となって不要なものは流れてしまいます。ですので、一度に吸収できる量を摂取しましょう。それを1日のうちに3分割行えば効率的に吸収が可能になります。

ビタミンBも摂取する食生活を行う


最後に肌を作る上で重要になるのがビタミンB群です。乾燥肌、アトピーの防止にもなりますし、マグネシウムとビタミンB群を摂取することで、肌の潤いをキープし、脂質をエネルギーに変えたり、新陳代謝を行う上で必要不可欠な栄養素なのです。

ビタミンB群の中でもB2、B6は意識的に摂取しましょう。これらが欠乏してしまうと、脂質の代謝が上手くまわらないので、肌荒れ、吹き出物、口内炎、鼻の付け根に炎症、耳の付け根が損傷、カサつき、乾燥肌、皮膚の粘膜の抵抗力が低下、などなどあらゆる皮膚のトラブルを招いてしまいます。

ですからビタミンB群(ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)と8種類の栄養素を欠乏しないように摂取しましょう。ビタミンB群は身の回りの食品に沢山含まれています。


野菜
かぼちゃ、人参、にら、小松菜、他緑黄色野菜

果物
いちじく、プルーン、バナナ、アボカド

肉類・乳製品
赤身豚肉、レバー類、卵黄、牛乳

魚類
マグロ、ウナギ、他魚類、

穀類
玄米、ナッツ類、ビール酵母、ライ麦粉、小麦全粒分、小麦胚芽


このように、ビタミンB群は沢山の食品に含まれているわけです。例えば、白米を玄米に変えてそこに、小麦胚芽、アマランサスなどの雑穀を入れてみるとか、魚や緑黄色野菜を積極的に食べるだけでも全然違います。肌が弱くてスキンケア化粧水を直接浸透することが難しい方は特に食事から体の内部から改善を行うといいですね。

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る