目の下の青クマの原因と治し方。黒クマ・茶クマとどう見分ける?

Pocket

<今月のおススメ情報>

肌に優しくする〜りoff!Cuoriクレンジングバター送料無料 1,350円!

潤い敏感肌ケア<<つつむ>>2週間トライアルセット送料無料1,470円

【限定】ぷにぷよ本気でやばいかも!ダイエット青汁 ラクトクコース630円!!

 

tired

寝不足や酷く疲れた日の翌朝、鏡の中の自分の顔に驚くことがありませんか?目の下のクマが凄いことになっていて、一気に何才も年をとってしまったように見える!

クマは疲れてやつれた印象を与え、年齢以上に老けて見せてしまうものです。分かっているからこそ、朝から焦ってしまいますよね。
特にデートの予定があったり特別な日なら尚更のこと、必死でメークで隠そうと奮闘するハメになってしまいます。

女性の敵であるこのクマは何故出来てしまうのでしょうか。その原因と治し方について紹介していきます。

クマの原因は1つじゃなかった!クマの見分け方とその原因は?

kagami

実はクマには3つのタイプがあり、その原因もそれぞれ違うことを知っていますか?
青クマ・茶クマ・黒クマの3つに分類され、年齢や生活習慣が大きく影響しているのです。
3つのタイプを簡単に見分ける方法は、以下のようになります。

3つのタイプのクマの見分け方

以前詳しく紹介しましたが、改めて見分け方を紹介します。

  • 青クマ・・・目の周りの皮膚を軽く引っ張ると薄くなる。日頃クマがなく、突発的に出来るのは ほぼこのタイプ。
  • 茶クマ・・・目の周りを引っ張っても、上も向いても薄くなったり消えない。
  • 黒クマ・・・上目づかいで鏡を見ると薄くなっている。ライトで光を当てると黒く見えない場合 は、黒クマの可能性が高いでしょう。

青クマについては次項で説明するので、茶クマと黒クマの原因を簡単に説明します。
茶クマは、目の下の皮膚が色素沈着してしまったもの。目の周囲にメラニン色素が貯まると茶色に変色してしまいます。
日焼けやきちんとメイク落としせずに寝てしまうことも原因になりますが、目をこする動作が最大の原因とされています。目をこする癖があったり、クレンジングの際に力を入れて何度もこすっていませんか?こうした皮膚への刺激が茶クマを生んでしまうのです。

一方黒クマは実際に皮膚が黒くなっている訳でなく、目の下に影が出来てしまっている状態。主に加齢によるもので、たるみや皮膚が痩せてしまうことにより起きる現象です。

一言でクマといっても、色や原因も全く違うことが分かりますね。

青クマの原因と治し方について

ok

スポンサーリンク

冒頭のエピソードのように日頃はクマがなく、日によって出来る日もあるならほぼ青クマと考えて間違いありません。

青クマが出来てしまう原因は、主に血行不良によるもの。目の下は皮膚の他の部分より薄くなっているので、血行が悪くなるとそれが非常に分かりやすく表れてしまうのです。色白の人は特に目立ってしまいますよね。
寒い日にプールに入ると唇が紫になった経験がありませんか?仕組みとしては、あの現象と同じことが目の下で起きていると考えてください。

また血流が滞っている時は血中の酸素が不足しているので、血液も黒ずんでいます。これがより青く見せてしまうことにも繋がります。血行不良の原因は、睡眠不足・疲労・ストレス・冷え等ですが、生理による血行不良や貧血も影響します。
さらに、目の周りの血流の悪さはPCやスマホの長時間使用による目の酷使、肩こりも大きな原因。仕事での使用は仕方ありませんが、適度に休憩を入れる・目薬を利用するといった対策をするようにしましょう。

青クマを治す方法は、とにかく血行を良くすることが大切です。応急処置として蒸しタオルや、ホットアイマスク等で目の周りを温めると少し改善されます。入浴もオススメです。まれにクマを冷やしている人がいますが、それは逆効果!より血流が悪くなってしまうので、絶対に避けましょう。

目の周りのツボ押しも有効です。ツボ押しやマッサージで地の巡りを良くするのですが、強い力で押すのはNG。茶クマの原因になりかねないので、あくまで優しい力で押すことを心がけてください。

適度な運動で血行を良くすることも、根本的な解決に繋がります。生姜などの体を温める食材を摂ったり、冷えを改善するよう常に気を配っていたいですね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  2. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  3. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  4. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  5. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  6. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る