ニキビや肌荒れ対策に乳酸菌サプリメントは効果的!

Pocket

スポンサーリンク






yg

腸内環境がお肌の状態を左右する?


例えば、消化の悪いものを良く食べる、消化が良くても食べ過ぎや、良く噛まずに飲み込むと胃で消化しきれずに腸でそれが蓄積してしまうと腐敗を起こします。

理由としては、36~37℃、人によっては40℃もある腸内で消化しきれていない食物のかけらが停滞すれば腐りますよね。そうなると、アンモニアなどの毒素が貯まるのです。

当然、腐敗とは腐った状態なので、それを体にため込むことは良いことではありません。これが原因で大腸がんなどの重い病気に発展するケースもございますが、それはよっぽど深刻化したときです。

それ以前に、まずはお肌に出てきます。例えば、肌荒れ、ニキビなどですね。毒素を排出しようと体は頑張りますが、それが毛穴から排出されるときにお肌へダメージを与えたり、菌が原因で毛穴の部分で化膿してしまうこともあります。

ですから、お肌の状態やニキビを作らないためにも、腸内環境を良好にしておく必要があるのです。そこで、有効となるのは善玉菌です。もちろん、腸内に毒がたまらないように食事を気をつけることを前提とした話しですが、善玉菌が非常にオススメです。

善玉菌がなぜ、オススメなのかと言えば、腸内環境を良好にしてくれる働きを持っているからです。では、ここで、その善玉菌が腸内環境を良好にする仕組みについてご説明させていただきますね。

善玉菌と悪玉菌について


人間の腸の中には、様々な種類の菌が存在します。その中の一つに善玉菌と呼ばれるものがありますが、これは、一種類の菌の名称ではなく、腸内に存在する菌の中で、健康を促進してくれる菌がいます。その種類は500を超えるといいます。それを総称したものが善玉菌とされているのです。

一般的な働きとしては胃で消化分解された食物の栄養素を腸内で吸収を行うのですが、その手伝いを行ったり、健康によいと思われる、乳酸や酢酸を増加させる効果がございます。

それとは逆に、健康を害する菌がございます。それが悪玉菌です。これは、腸内の腐敗を促進したり、腸内で発がん物質を生成したりする菌なので多ければ健康を害すると考えられます。

だからといって、悪玉菌は存在してはいけないものかといえば、そうでもなく、多少は無くてはいけないものなのです。腸内環境を良好にするには、善玉菌と悪玉菌のバランスが整っている状態です。逆に善玉菌が増えすぎても体には良いことではありません。悪玉菌も腸内でビタミンの合成などを行っておりますので必要です。

そして、腸内にはもう一種類の菌がいます。それが、日和見菌というものです。これは、強いものの見方をする性質がありまして、善玉菌が強ければ、善玉菌の見方をする、悪玉菌が強ければ悪玉菌の見方をする菌です。

以上の説明から、善玉菌、悪玉菌、日和見菌、どれも禅にもなり悪にもなる菌で、一概に悪玉菌がわるいともいえないのです。なんだかんだいいましても、これらのバランスをうまくとることが健康を維持する上で必要なことです。ただ、悪玉菌が増えすぎるのは腸内環境の悪化を促進することにないりますので、やはり増加の面は注意しないといけませんね。

スポンサーリンク

なぜ、腸内環境の悪化が肌トラブルを生む?


便秘から毒素が発生する

冒頭でも触れましたが、腸内の温度は、一般的に36度~37度ほどあります。ですから、熱によって食物が腐ったり、便が腐敗したりします。そうなると臭いおならが出るのわけです。

これを、「おなら臭い~」なんて笑いのネタにしている人もいますが、一つの危険信号でもありますので、定期的に自分のおならが臭いかどうか確認してみるもの大切なことです。もし、臭い場合は、食事や生活習慣を見直して、健康的な習慣を心がけましょう。

このように、便秘になってしまうと、通常出るべきところである肛門からなかなか便が排泄されません。しかし、体はなんとか毒素を排泄しなくてはいけないと頑張り、

結果的に汗や皮脂などと一緒に毛穴から排出しようとします。しかし、皮膚は通常そこまでの処理を行いませんので、それだけ皮膚に負担をかけることにもなります。結果、ニキビなどの吹き出物や、肌荒れを起こしてしまうのです。

ビタミンが不足してしまう

腸内環境が悪化するということは、善玉菌が不足している状態です。善玉菌と悪玉菌、日和見菌のバランスが整っていれば、悪化はおこりません。また、善玉菌には、11種類のビタミンを腸内で合成する仕事を行っています。

ところが、不足しているということは、それら11種類のビタミンも欠乏してしまいます。ビタミンと言えばお肌の健康を保つ上で必要な栄養素。つまりは、善玉菌が不足し、ビタミンも不足する。結果、肌荒れやニキビを作るということにもなりえます。

活性酸素の増加

活性酸素というものは消毒薬のようなもので、適量であれば外敵から細胞を守ってくれます。しかし、それが増えすぎると逆に細胞を壊したり、健康を害してしまいます。悪玉菌には活性酸素を作る性質がありますので、増えすぎると活性酸素を増加し、お肌にも影響を与えます。

善玉菌を効果的に摂取する方法とは?


以上のことから悪玉菌が増えすぎると、腸内環境が悪化するだけではなく、お肌や健康にも悪影響を与えます。ですから、善玉菌を定期的に摂取することが重要になります。

では、どのようにして摂取すればよいのでしょうか?一番シンプルな方法はヨーグルトを食べることです。ただ、普通のヨーグルトは食べても腸に行くまでに胃酸で殺されてしまうことがほとんどです。

ですから、腸内まで行き届くヨーグルトを選ぶと良いでしょう。市販のものであれば、森永ビヒダスヨーグルト、雪印メグミルクナチュレ恵、明治ブルガリアヨーグルト、ダノン、などは腸内まで届くといわれています。

また、ヨーグルトによって菌の種類も異なりますので色々なヨーグルトを食べると良いでしょう。ほかに、サプリメントもありますので、ヨーグルトがどうしても食べられないという場合はサプリメントで摂取するのもオススメです。

サプリは色々と出ていますが、安心して摂取出来る評判のいいものを選びましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る