生理前の食欲防止!イソフラボンのダイエット効果が高い。

Pocket

スポンサーリンク




 


touhu

そもそもイソフラボンの効果とは?


こちらの記事でもお話ししましたがが美肌に非常に効果を発揮してくれます。豆腐、豆乳、おからなどの大豆製品をはじめとした食品に多く含まれております。

活性酸素を抑制する効果がございますので、美肌意外にも、体の健康状態を良好にする働きもあります。そのため、がんなどの生活習慣病の予防にもなります。

イソフラボンは男性が摂取してもこのように健康効果が期待できるのですが、特に女性は摂取していただきたい食品の理由としては、エストロゲンににえいるため、女性ホルモンであるエストロゲンの量を調整する働きもあるからです。

エストロゲンは、しなやかで女性らしい肌、体を作る作用があります。しかし、生理の前になると、PMS(月経前症候群)により、ホルモンバランスが崩れ、エストロゲンの分泌量が減少してしまうことがあります。

そうなると、肌荒れだけではなく、精神的にも不安定な状態に陥ります。例えば、生理前になるとイライラするといった症状が出てくるのは、このようにホルモンバランスが安定していないことが原因と言えます。

そこで、エストロゲンが少なくなった場合は、イソフラボンを摂取することをオススメします。エストロゲンの減少時に摂取するとホルモンバランスの調整が行えるので、このように肌荒れ、情緒不安定などの症状に有効に働きます。

ところが、過剰摂取してしまうのも逆効果で、今度は、体にあるエストロゲンの分泌を抑制してしまいますので結果として悪影響を招いてしまいます。ですから、摂取すべき量をしっかりと守りバランス良くイソフラボンを使用していきましょう。


スポンサーリンク

生理前にイソフラボンを摂取してダイエット効果を!


では、美肌、健康効果、ホルモンバランスの調整が行えるイソフラボンです。生理前になったら必要量を摂取すればよいかと思いますが、これは実は、美肌、健康効果、ホルモンバランスの調整だけではなくダイエット効果も期待できるのです。

まず、生理前になると、太りやすいといいますよね。その理由としては、どうしても過食してしまうことが多いのです。それはなぜか?生理前はホルモンバランスが悪く、精神的にも不安定な状態…そうなると、それを解消しようと過食を行ってしまうことも多いです。

その上この時期は、妊娠に関係している黄体ホルモンの影響、ビタミンEが減少してしまう、などの弊害もありますので食欲を意識的にコントロールするのも大変です。普段は食べないという人や食欲の調整もなんてことない人も、こういった様々な要因が重なって過食気味になるのです。

ですから、ここでイソフラボンを摂取し、ホルモンバランスの調整を行うと、PMSの症状緩和にもつながりますし、間接的に食欲を抑えることもできますので、生理前のダイエット効果に有効と考えられるわけです。


イソフラボンの摂取法


では、イソフラボンを効果的に摂取するにはどうすればよいのでしょう?基本的には身の回りにある食品から十分摂取することが可能なのでサプリメントに頼らず、イソフラボンに関しては食品摂取を行いましょう。

基本的に大豆製品であれば含まれているので、あらゆる料理に大豆製品を利用してみるだけで摂取は手軽にできます。ただ、先ほどもお話ししたように欠乏してもいけませんし、過剰摂取も問題です。

そのため、目安としては、1日40~50mgにします。豆腐であれば、半丁、納豆は一パック、このぐらいの量で十分摂取が可能です。詳しくはこちらのページで摂取法、摂取嬢上の注意点や食品についてまとめてありますのでご覧ください。

この量を守った食事からの摂取は健康的に問題ないというよりも、むしろ効果アップを期待できます。しかし、サプリメントとなると過剰摂取も懸念されます。

特に、妊娠中ですとホルモンバランスも不安定で、健康にも影響が出やすい時期でもあります。ですので、もしサプリメントを摂取するのであれば、一度、産婦人科に相談してみましょう。個人的には、イソフラボンに関してはサプリメントは必要ないかと思います。

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る