ブルーベリーの効能!目や美肌に効果的なのは抗酸化力か?

Pocket

スポンサーリンク





ブルーベリーと言えば、眼精疲労など、目の疲れや視力回復の効果があるということで有名な食べ物ですよね。そう言ったこともあり、多くのサプリメントも出回っているのですが、さて、その理由はどうしてなのでしょう?



buru

ロドプシンの再合成を促進するため眼精疲労に効果的


そもそもロドプシンとは、人間含め脊椎動物の網膜に素材する赤色のたんぱく質であり、物体を見る上で絶対に必要となるものです。というのは、人間は、目から光を取り入れると、それが、ロドプシンにより、網膜の中で吸収した光が電気信号へと変わります。すると、視神経を通じ脳へ情報が伝えられ、物体が見えるという仕組みです。

これは、器官ではなく、たんぱく質ですので、すなわち栄養素す。つまりは、網膜に光が吸収されるとロドプシンというたんぱく質が分解されます。そして、また新しい光が入ってきたら物体として認識できるように再合成を行います。

以上の話しから、普段、日中などものが鮮明に見えるかと思いますが、眼の中ではこれを一瞬で繰り返しているわけです。凄い話しですが、それの要となっているのがロドプシンという赤色たんぱく質なわけです。

逆に、ロドプシンが減少してしまうとどうなるのか?はい、お分かりかと思いますが、物体が見にくくなります。その上、目がちかちかしたり、視界に曇りが生じたりします。

これが原因で眼精疲労に発展していくのですが、眼精疲労を改善するにはこの要素をなくせば良いので、ロドプシンを摂取するのが手っ取り早いといえます。

そこで、ロドプシンの再合成に必要となる栄養素が、ブルーベリーに含まれているアントシアニンです。アントシアニンは抗酸化力が高いポリフェノールとしても有名ですが、

老化防止のほかに、アントシアニンには、ロドプシンの再合成を促進する機能がございます。結果、光を網膜に吸収し、物体をしっかりととらえることができますので、視力回復や向上の効果が期待できます。

そのような素晴らしい効果が期待できるため、一部の国では医薬品として扱われています。ただ、日本では科学根拠がないということからまだ医薬品としては認可されておりません。現段階ではサプリメントとして販売されております。

スポンサーリンク

 

抗酸化効果は外部刺激防止にも


アントシアニンの効果

先ほども、少し触れましたがアントシアニンは抗酸化効果が非常に高いので老化防止にも役立ちます。そのため、直接視力アップが期待できるだけではなく、日常生活を行っているとどうしても紫外線を浴びてしまいます。

日焼け止めクリームを塗ることは良いことです。できれば、サングラスをかけて普段から紫外線を肌だけではなく、紫外線から目を守るということも習慣化させるのがベストです。

ただ、なかなかそこまでできないのが現状ですよね。そこで、アントシアニンの抗酸化効果で紫外線から目を守ることができます。その上血行促進作用もありますので、目に栄養素を運ぶことができます。結果、直接的にも間接的にも目に良い抗酸化ポリフェノールだといえます。

ただ、アントシアニンの特徴として、長期保存や、熱に強くないというのがあります。ですから、摂取する場合はやはり、サプリメントやカプセルから摂取するのがベストだと考えられますね。

ルテインの効果

ルテインとは、アントシアニン同様、ブルーベリーの中に含まれている抗酸化作用を持つ栄養素です。ほか、緑黄色野菜なんかにも含まれているのですが、体内で合成することが不可能な栄養素なため、サプリメントや食品からしか摂取できない貴重なものです。

これは、アントシアニン同様、紫外線から目を守る他、現代社会では、テレビ、スマートフォン、パソコンは手放せませんよね。しかし、こういった家電製品からは、ブルーライトが発生します。

せめてパソコンをやる時ぐらいは、ブルーライトメガネをかけてやるこをお推奨しますが、眼も悪くないのい家の中でずっとメガネをかけた生活をするのも疑問に思えるかもしれませんね。

そこで、ルテインの出番です。ブルーライトを浴びることで活性酸素が発生したり、目にダメージを与えやすくなったりします。ルテインは水晶体や黄斑部に存在するのですが、このように、人体に有害な光線から目を守ることができるのです。

やっぱり美肌にも良い食品だった

ビタミンC、ビタミンEといった抗酸化作用の強いビタミンやカリウム、亜鉛といったミネラルも豊富ですので、肌荒れしやすい人には有効な成分含有されているといえます。

以上のことから、ブルーベリーは、眼にもよい食品で、美肌にも効果的な食品と考えられます。ただ、いくら抗酸化作用が高からと言って、紫外線などの有害光線を浴びるような生活を送っていては大きな効果は発揮できないと考えられます。ですので、普段は、できるだけ紫外線を浴びないような生活習慣を送り、その上、食品でサポートする形をとりましょう。

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る