ニキビや肌荒れに効果的なMSMのサプリメント!食品からも摂取可能?

Pocket

↓↓【お試し価格】薄着の季節にダイエット!↓↓
バナー原稿imp

ニキビや肌荒れの対策に一般的な栄養素としては、ビタミンCやビタミンEといった抗酸化効果の高いビタミンです。こういったビタミンが沢山含まれている食品を摂取しつつ、浸透背の高いビタミンC誘導体を直接肌に塗り、浸透させ改善していくという方法が普通です。





sap




特に、炎症を抑えるには、直接肌に、ビタミンC、Eといった抗酸化効果の高いものを浸透させるのが有効なイメージもありますが、実は経口摂取を行って内部から炎症を抑えていく優れた栄養成分があるのをご存知でしょうか?それが、MSM!

MSMとは体内にもともと存在するイオウ成分です。

MSMとは、メチルサルフォニルメタンの頭文字をとった略語です。これは、どういったものかというと、人間の体の中には筋肉、皮膚、爪といったあらゆるパーツがございます。そこに微量に含有されている有機硫黄化合物です。



動物に限らず植物の中にも含まれているもので、私たち人間も普段の食事から摂取できるものにも含まれています。ですから、そこまで珍しいものでもないのですが、これが実は凄いものだったのですね。



効果の一つとしては、たんぱく質やコラーゲンの補助を行う働きを担っております。いくらたんぱく質やコラーゲンを摂取しても皮膚の潤いを保つアミノ酸の一種で、メラニン生成の防止や美肌を作るシステインやメチオニンがしっかりと構成されなければ健康で美しい肌を作ることができません。



ですから、美肌を作るには必要不可欠な栄養素といえましょう。日本では比較的新しいサプリメントで、2001年にようやく認可が下りました。それから約13年経過しているわけですが、



ようやく一般的になりはじめた感じです。まだ、サプリメントの中では知名度も高い方でも無いので知らない人も多いかもしれませんが、優れモノのわけです。

sp1

なぜ、MSMが肌荒れやニキビに効果的なのか?

MSMは、サプリメントとしても普及していますが、どちらかといえば、関節痛を緩和するサプリメントでお肌には関係ないようにも思えますが…実は細胞分裂の促進にも関わっています。つまりはターンオーバーにも関連しているので、肌荒れ、ニキビだけではなく、シミやしわ等にも有効と考えられます。



健康的で美しいお肌を作る



コラーゲンや、ヒアルロン酸などは潤い成分ですが、実はお体の健康を維持するには、イオウ成分が必要になります。コラーゲンだけではだめで、そこにイオウが不足してしまうと細胞分裂がしっかりとできないので、健康的に体が循環していかないのです。



関節などもコラーゲンとイオウの密接な関係が重要であるのに対し、つるつるの健康的なお肌を作る上でも、イオウとコラーゲンは必要です。コラーゲンは悪魔でも保湿の成分であり、



弾力を作る上で必要となるのはイオウなのです。つまり、イオウが欠乏してしまうと、コラーゲンはあるのに弾力の無い肌になってしまいます。弾力にも乏しくなり、ハリのない肌になってしまい、老廃物も上手く排出できないため、新陳代謝が回らず、肌荒れ、ニキビを作ることにもなります。



そこで、有機イオウ成分である、MSMを摂取すればその辺は改善することができます。有機イオウと聞くと、なんか化学物質のように聞こえるかもしれませんが、その点は心配要りません。



もちろん、有機硫黄化合物なので沢山とれば毒ですが、食品やサプリメント程度では害はありません。それに、もともと人間の体の中にも微量に含まれていますので安心してください。



炎症抑制効果も期待できる



肌を健康に保つには、潤いやハリを作ることも重要ですが、荒れた肌を改善することも重要です。そのために、MSMを摂取することは有効です。理由としては、もともと肌の炎症効果がありますので、そういう意味でもお肌の健康対策として有効になります。

MSMを多く含む食品とは?

MSMは食品にも含まれております。冒頭でもお話ししたように、動物に限らず植物からも摂取できますので当然食べ物からも摂取できますよね。そこで、MSMを含む食品をまとめてみました。





動物性たんぱく質全般



肉類、魚介類、卵、乳製品



植物性たんぱく質全般



豆類、穀類



香りの強い野菜



ネギ、玉ねぎ、わさび、にら、にんにく、ブロッコリー、白菜、キャベツ、他

※玉ねぎ等の硫化アリルにはアリル基を含有するイオウが含まれています。



その他



コーヒー、お茶、ビール



これらを見る限り、普段から食べている食品に含まれていますよね。それを考えればバランスの良い食事を行っていれば、MSMの摂取は可能かと思います。また、現在はサプリメントも広く出回っていますのでそれを利用するのも一つかもしれません。

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 一般的なスイーツよりもカロリーが低く、食べ方次第ではダイエットにも取り入れやすい和菓子♪ …
  2. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  3. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  4. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  5. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  6. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  7. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  8. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  9. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る