アトピー・敏感肌の方必見!クレンジングの選び方と注意点を教えます。

Pocket

↓↓【お試し価格】薄着の季節にダイエット!↓↓
バナー原稿imp

sengan

少しの刺激で、発赤・痒み・湿疹・染みるなどの症状が出やすい肌のことを、総称で「敏感肌」と言います。生まれつき敏感肌の人は、アトピー等の皮膚疾患を併発していることもあるため、自分の肌に合った最適なケアが必要です。



今回はアトピー・敏感肌に対するクレンジングの選び方と注意点をご紹介します。

クレンジング剤の選び方

不純物を含まない

pure

合成界面活性剤・防腐剤・香料・着色料など、肌の刺激となる化学物質を含んでいないことが第一。アトピー肌はバリア機能が弱まっているため、ちょっとした刺激で炎症が発生・悪化する恐れがあるからです。

おすすめは、アトピー肌用に開発されたクレンジング剤や純石けん。薄めのメイクであれば、十分に泡立てた石けんでもメイクを落とすことが可能です。

肌触りがなめらかで滑りがよい

kouji-san

クレンジングの際は、肌への負担を極力避けることが大事。肌滑りが悪いとどうしても指に力が入ってしまい、角質層にダメージを与えてしまうのでオススメできません。

肌の上でなめらかに指が滑り、たっぷり使えるものを選ぶと良いでしょう。すすぎやすさも視野に入れて。

オーガニック・無添加ならOK?

mutenka

「無添加」「オーガニック」と表記されている製品は、何となく肌に優しい感じがします。しかし、大切なのは「何が無添加なのか」「何を基準にオーガニックを謳っているのか」をチェックすること。

まず、無添加という表示は香料・防腐剤・着色料などのどれか1つが含まれていないだけでも表示できてしまいます。オーガニックも、原料の中にオーガニックのものが入っているだけでオーガニック製品と表示できてしまうのです。ちなみに、オーガニック製品の中には刺激の強い天然素材を使っているものもありますので、本当の無添加であってもパッチテストを行うようにしましょう。

クレンジングのポイント

オイルやコールドクリームはたっぷり使う

shampoo1

オイルやコールドクリームの量が十分でないと、手の滑りが悪くなったり、手と肌の間のクッション性が落ち、知らない間に皮膚をこすってしまいがちです。オイルやコールドクリームは十分な量を使用するようにしましょう。

使用する前に手の平で軽く温める

tearai

特に冬場は冷たいオイルやクリームだと、肌へのなじみが悪い場合があります。なじみが悪いと、どうしても必要以上に手を動かし、こすってしまうことがあります。清潔な手の平の上で人肌に温めてから肌の上にのせましょう。

ティッシュオフ時は細心の注意を

cotton

メイクや汚れが浮いたらティッシュやコットンで油分を吸い取りますが、最も気をつけなくてはいけないのが、このティッシュオフする時です。ティッシュやコットンは上から抑えて「オイルを吸収させる」のみにし、「ふき取る」ことはしないでください。

皮膚が薄い目元は特に注意

me

sp1

目元の皮膚は他のパーツよりも薄く、傷つきやすいため、特に注意するようにしましょう。マスカラはお湯で洗い流せるタイプのものを使用するなど、メイクオフがしやすいものを選ぶことも重要です。

洗顔のポイント

洗顔は純度の高い石鹸を使い、クレンジングと同様に優しく、しかし汚れはしっかりと洗い落とすようにしましょう。

アトピー肌の方は「洗顔はぬるま湯のみ(特に朝)」というイメージを持たれている方が多いかと思いますが、アトピー性皮膚炎の症状がひどくない場合は、汗ばむ夏のシーズンは寝ている間に分泌する酸化した皮脂や保湿剤を優しく洗い流して清潔さと保つようにしましょう。

基本を守って優しく洗う

sengan1

  • 洗顔の基本である以下のようなことに注意し、角質層へのダメージを最小に抑えるようにしてください。
  • 洗顔剤はしっかりと泡立てる
  • Tゾーンから洗い始め、乾燥しやすい頬や目元は最後に洗う
  • 指が肌に触れないよう、泡を転がすように洗う
  • 肌に泡をのせている時間は45秒程度にする
  • ぬるま湯でしっかりすすぎ、洗顔剤が肌に残らないようにする
  • やわらかいタオルで押さえるように顔を拭き、絶対にこすらないようにする

二度洗いはしない

dame

 

特にオイルやコールドクリームでクレンジングをした際、慣れない間は一度の洗顔ではヌルヌルした感触が残っているように感じる場合があります。

しかし、基本的に二度洗いはせず、洗顔は一度だけにしましょう。どうしても気になる場合は、Tゾーンや小鼻の周りだけ二度洗いをするようにしてください。

アトピー性皮膚炎の症状がひどく、ぬるま湯でも肌に刺激を感じるような場合は、自己判断でケアを行わず、必ず医師に相談するようにしましょう。

アトピーにW洗顔はNG

tearai

メイク落としにW洗顔を行う方がいますが、アトピー肌はW洗顔を避けるべきです。

クレンジングだけでも、バリア機能が弱っているアトピー肌には多大な負担。そこへさらに洗顔料を使用したら、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

皮脂がなくなると肌の水分が蒸発し、乾燥は一気にスピードアップ。

すると、皮膚は乾燥から肌を守ろうと過剰な皮脂を分泌するため、延々と肌トラブルが続くという結果になってしまうのです。アトピー肌のクレンジング剤は、メイク落としと洗顔が一緒にできてしまうものがいいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?



一度敏感肌になると、回復するまでにある程度の時間を要します。悩みが現れる前に予防をする、現れ始めた悩みを最小限に食い止める、進行してしまった悩みには適切な対処をする。この意識を心得て、敏感肌に怯える日々にピリオドを打ちましょう。

また、クレンジングで使っているオイルや石鹸が自分に合わないと感じたら、直ちに使用を控えるなどの処置も併せて意識しましょう。

また、症状がひどい場合は、皮膚科できちんとスキンケアを学び、必要に応じて躊躇なくステロイドクリームを使うことも必要です。全身的な副作用はまずありませんが、ステロイドを使わない処方をしてくれる皮膚科もありますので、きちんとご自分の希望を伝えるようにしましょう。楽しく外出できるようになるといいですね!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 一般的なスイーツよりもカロリーが低く、食べ方次第ではダイエットにも取り入れやすい和菓子♪ …
  2. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  3. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  4. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  5. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  6. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  7. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  8. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  9. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る