ムダ毛処理におすすめ!豆乳ローションの効果効能。脇の黒ずみにもいいみたい。

Pocket

<今月のおススメ情報>

肌に優しくする〜りoff!Cuoriクレンジングバター送料無料 1,350円!

潤い敏感肌ケア<<つつむ>>2週間トライアルセット送料無料1,470円

【限定】ぷにぷよ本気でやばいかも!ダイエット青汁 ラクトクコース630円!!

 

tounyu

ムダ毛は処理してもまたすぐに生えてきてしまいます。剃れば毛の断面積が大きくなって目立ってしまいますし、厄介です。そんな時の強い味方が豆乳ローションです。



豆乳ローションの効果効能とはどのようなものなのでしょうか?脇の黒ずみにもいいとか?



今回は、豆乳ローションの効果効能から、手作り豆乳ローションのメリット・デメリットなどについて、ご紹介していきます。

豆乳ローションの効果効能

豆乳ローションには、保湿&美肌効果・ムダ毛を薄くする効果・ムダ毛を抑制する効果があります。



豆乳ローションに含まれるサポニンやレシチンという成分には、保湿・美肌効果があり、お肌のうるおいを保ってくれることによるモチモチの美肌効果が期待できます。カミソリ負けを防いでくれるので、ムダ毛を剃った後に塗るのもおすすめです。



女性が男性より体毛が薄いのは、女性ホルモンに含まれる「エストロゲン」という成分の作用です。実は大豆に含まれるイソフラボンにも、このエストロゲンと同じような働きがあるので、大豆を主原料とした豆乳ローションにもムダ毛を薄くする効果があります。顔や腕などのうぶ毛のような薄い毛に使ってみると、その効果を実感しやすいです。



体毛は体毛の根元にある毛母細胞が増殖を繰り返すことにより成長します。ですので、この毛母細胞周辺の働きを抑えれば、体毛の成長が抑制されます。



大豆に含まれるイソフラボンには、毛母細胞周辺の活動を抑える作用があるため、ムダ毛を抑制する効果があります。また、毛の根元が弱るので、毛が細く抜けやすくなります。

脇の黒ずみも解消

maru

このように様々な効果がある豆乳ローションですが、さらに、脇の黒ずみも解消してくれる効果があります。



そもそも脇の黒ずみは、脇のムダ毛を、カミソリで剃る・除毛クリームを使う・毛抜きで抜くなど、処理を念入りにしてしまったことによるものなのです。



これらの方法は、肌を傷つけて肌に負担がかかってしまいます。そうすると肌が防衛反応を起こし、色素沈着による脇の黒ずみへとつながってしまいます。



豆乳ローションにより脇の黒ずみが解消される仕組みは、先ほど述べたムダ毛を抑制する効果と関係があります。



豆乳ローションにより脇のムダ毛が抑制されることにより、結果的に脇のムダ毛の処理の回数が減ります。これにより、肌を傷つけるなどの肌への負担が減り、肌のターンオーバーが繰り返されることにより、だんだんと脇の黒ずみが薄くなっていくのです。

ムダ毛を薄くするための効果的な使い方

ude

スポンサーリンク

ムダ毛を薄くするための効果的な使い方は、1.毛穴が開いている状態で塗ること・2.清潔にして塗ること・3.豆乳ローションをたっぷりと使用すること・4.浸透させること・5.朝晩2回以上塗ることの5点があげられます。



ムダ毛に対して効果を発揮させるので、毛穴が開いていれば、毛の根元まで豆乳ローションを送り届けることができます。毛穴を開かせる最も効果的な方法は、入浴です。



入浴は、身体を清潔にできるので、より豆乳ローションの効果が出やすくなります。



また、豆乳ローションを使うときは、思い切ってたっぷりと使うようにしましょう。たっぷりと使用することにより、毛穴の奥にまで豆乳ローションが行き届きます。



豆乳ローションを塗布した際は、5分間ほど浸透させましょう。浸透させる方法として、大きめのコットンを使うと良いでしょう。大きめのコットンに豆乳ローションをたっぷりと浸し、脇に挟んで5分間浸透させましょう。



また、1日1回より、朝晩合計2回、またはそれ以上塗布すると効果が高いです。タイミングとしては、起床後・ムダ毛処理後・入浴後・就寝前などでしょう。

手作り豆乳ローションのメリット・デメリット

豆乳ローションは、道具は家にあるものでほとんど対応できますが、材料や無い道具については購入しなければならないものもあります。



手作り豆乳ローションのメリットは、フレッシュな豆乳をそのまま使用できるので、豆乳ローションの効果(保湿&美肌効果・ムダ毛を薄くする効果・ムダ毛を抑制する効果など)が得やすいことです。



反対に手作り豆乳ローションのデメリットは、材料や無い道具を用意しなければいけないこと、保存期間が短いこと、作る手間と時間がかかるということです。



時間と手間がかかってもより高い効果を得たい場合は豆乳ローションを手作りすることをおすすめしますが、時間などの余裕がない場合には、市販の豆乳ローションでも良いと思います。

豆乳ローションの注意事項

豆乳ローションには、エタノールやアルコールを含んでいる商品もあります。敏感肌の方や、過去にエタノールやアルコールが配合された化粧水などで炎症を起こしたことのある方は、パッチテストをしてから使用するようにしましょう。



また、使用の際、長い時間放置しますと、豆乳ローションが乾いてコットンなどの繊維が肌にくっついてしまうおそれがありますので、10分間を超える長時間の放置は避けるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

豆乳ローションについて、3つの効果効能をご紹介します。

1.保湿&美肌効果

豆乳ローションに含まれるサポニンやレシチンという成分には、モチモチの美肌効果が期待できます。ムダ毛を剃った後に塗るとカミソリ負けを防いでくれます。

2.ムダ毛を薄くする効果

大豆に含まれるイソフラボンに、エストロゲンと同じような働きがあるので、ムダ毛を薄くする効果があります。効果を実感しやすいのは、うぶ毛のような薄い毛です。

3.ムダ毛を抑制する効果

大豆に含まれるイソフラボンは、ムダ毛を抑制する効果あり、また、毛が細く抜けやすくなります。



さらに、肌が防衛反応を起こして色素沈着してしまった脇の黒ずみも、豆乳ローションの使用で、だんだんと肌のターンオーバーが繰り返され、薄くなっていきます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  2. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  3. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  4. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  5. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  6. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る