ビタミンCの美白効果!果物や野菜などの食品で摂取する方法。

Pocket

スポンサーリンク




 

remon

美白だけではなく免疫効果の高いビタミンC


ビタミンCといえば、レモンなどのかんきつ類に多く含まれている印象ではないでしょうか。もちろん、レモンにも沢山含まれておりますが、その他の果物や、野菜なんかにも沢山含まれております。また、水溶性ということもあり、吸収率が高いという性質や、一部例外を除き熱に非常に弱いビタミンです。

そのビタミンCは人間の体にとって必要ぐかけな補酵素で、摂取しておくことで美白効果だけではなく、免疫力を強化し、健康の維持や促進を行ってくれます。逆にこれが欠乏してしまいますと、ウィルスや菌が感染しやすくなり風邪や感染症にかかりやすくなります。

さらには、食欲不振、貧血、そして、あまりにも欠乏が酷い場合は、壊血病といいまして、組織を損傷し、流血した場合、通常であれば、かさぶたとなり血が止まるのですが、これが止血されなくなってしまいます。

ですので、生命活動を行う上で絶対に必要なビタミンといえます。身の回りにある果物や野菜からも簡単に摂取できますし、もしも、摂取不足と感じるのであれば、マルチサプリメント等を飲むことも一つの方法です。


ビタミンCがシミ・そばかす改善に有効な理由


ビタミンCといえば、サプリメントだけではなく、ビタミンC誘導体としてお肌に浸透させ、シミ、そばかすなどの改善を行うためにあらゆる化粧水に採用されています。それだけ美白効果が高いビタミンということなのですが、その理由は一体何なのでしょうか?それについて解説いたしますね。

チロシナーゼの活動を抑制する

メラニン色素が蓄積するとシミやそばかすといったお肌の悩みにつながるわけですが、これを作らないには、むやみに紫外線に浴びないなどの対策が必要になります。しかし、ビタミンCを摂取することで、このメラニンを作るチロシナーゼという酵素の働きを抑制することができるのです。ですから、直接、お肌のシミの改善に効果的といえます。

抗酸化作用が強い

活性酸素が基準値を超えてしまうと、健康にもお肌にも毒です。お肌においては、あまり増えすぎると、メラノサイトという、メラニンを作る細胞が必要以上にメラニン色素を生成してしまいます。

そこで、活性酸素の働きを抑制する抗酸化作用のあるビタミンがCとEです。Cだけでも高い抗酸化作用でシミ、そばかすを作りにくくしてくれますが、Eと併用して使うことで効果を高めることができますし、吸収率が高まります。

ストレス対策に

現代社会で生きるとどうしてもストレスから避けられない場合があります。運動など解消法を見つけるのもよいですが、ストレスが多い場合はビタミンCを摂取しましょう。理由としては、アドレナリンやドーパミンの合成をおこなうためストレス緩和に有効なビタミンなのです。

コラーゲンの増加に

コラーゲンが増えるとお肌の潤いを促進する効果が一面的な見方かと思いますが、シミを作らない対策としても有効です。例えばお肌の炎症が悪化しシミになるケースもございます。しかし、コラーゲンをしっかりとお肌に与えておくことで、炎症の改善を早くすることができます。つまり、跡になったり、シミになりにくくするわけです。


スポンサーリンク

ビタミンCが豊富に含まれている食品


果物

かんきつ類(レモン、みかん、はっさく、ぽんかん、グレープフルーツ、他)
アセロラ
いちご
パインアップル
キウイフルーツ


野菜

さつま芋、ジャガイモ、サトイモ
キャベツ
ホウレン草
カリフラワー
菜の花



ビタミンCを効果的に摂取する方法


調理法は基本的に生で!

ビタミンCの性質を考えるとやはり調理法にも工夫が必要です。果物は基本的に生で食べるものなのでそのまま食べれば良いかと思いますが、水溶性である以上、切り口を洗うなどするとビタミンCが流れ出てしまいます。そのため、野菜などは切る前にしっかりと洗い、切ってからは極力洗わないようにしましょう。

熱に非常に弱い性質がありますので、過熱を加えるとすぐに崩れてしまいます。ですから、野菜も基本は生で食べましょう。しかし、いも類の場合は、例外で、いも自体生では食べられないことが多いですし、いもの澱粉が少し特殊で、ビタミンCを熱から保護してくれますので加熱しても効果を期待することができます。その他、ローズヒップのビタミンCも熱に強くなっております。

このように、加熱しても大丈夫な野菜、それからどうしても加熱調理を行う場合は、炒めるよりは、お汁などの煮込み料理をオススメします。ビタミンCがお湯に溶けだし、崩れたとしてもそれを飲むことができるからです。

ストレスが多い時はビタミンCの摂取量も増やしましょう

ストレスが多い場合はビタミンCの摂取量を増やすべきです。理由はストレスを抱えると体のビタミンCをどんどん削ることになるからです。ですから、もともと、ストレスに有効であるビタミンCを積極的に摂取しましょう。

その他過剰にストレスがたまっている場合は、運動などでストレスを解消し、極力ビタミンCの減少を抑えることが重要です。ただ、あまりにも激しい運動になりますと逆にビタミンCを削りますし、

喫煙をする場合は一気に減らすことにもなりますので、そのような方は特にビタミンCを摂取しましょう。ただ、多くても一日の摂取量は10g未満に抑えておきましょう。

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る