ローズヒップティーの効果・効能!美白に効果的な飲み方とは?

Pocket

スポンサーリンク





roods

ローズヒップのビタミンC含有量はレモンの20倍!?


ローズヒップはローズヒップティーというお茶にして飲まれることが多いかと思いますが、実は、広義では、バラのローズヒップといいます。しかし、一般的に、飲まれることが多いのは、イヌバラすなわちドッグ・ローズの果実です。

ローズヒップというと、歴史が古いように思えますが、意外に古くはなく、ここ最近の話しです。とはいうものの、第二次世界大戦のイギリスでのことです。戦時中、食糧不足で悩んでいると、偶々、ローズヒップの栄養価に気付きました。

ビタミンCがレモンの20倍も含有されていますので、栄養価は非常に高いわけです。戦時中のイギリスではサプリメントの代わりとしても親しまれていたようです。また、これだけビタミンCが豊富なことから「ビタミンCの爆弾」という異名ももっているのだとか。


ローズヒップはビタミンCだけじゃない!


ビタミンCが豊富で非常に優れている

ビタミンCといえば、ビタミンの中でも最も有名なものではありませんか。抗酸化効果が非常に高く、シミ、そばかすの原因となる活性酸素の増加を抑えるため、美白効果が期待できます。

また、活性酸素を抑えることでお肌に効果的、健康効果を期待できるのはもちろんですが、トロシナーゼというメラニン生成酵素の働きも抑えてくれます。ほかにも、ストレスの緩和、コラーゲンの合成など、色々な部分から美白を促してくれる優れたビタミンといえます。

さらに、ローズヒップに含まれているビタミンCは先ほどもお話ししたようにレモンの20倍と含有量が素晴らしいのですが、それだけではなく、その質も非常に高いのです。

基本的にビタミンCは熱に弱く、加熱処理を行えば、崩れてしまいますので極力生ものからの摂取が推奨されています。ところが、ローズヒップの場合は、バイオフラボノイドも含まれていますので、これがバリアになり過熱を行っても崩れるのを防止してくれますので、一般的なビタミンCよりと色々と都合がよいのです。

ビタミンB群からも美白効果を得られる

メインは、ビタミンCですが、実は他にも優れた栄養素が幾つかあります。例えばその一つとして、ビタミンB群です。ビタミンB群といえば、全部で8種類ございまして、

単体よりも複数でそれぞれ効果を補ったり、吸収率を高めたりし合うもので、新陳代謝促進、皮膚や粘膜の健康維持といった効果が期待できますので、これも、美白効果にオススメできる栄養素といえます。

例えば、ニキビや皮膚の炎症は紫外線ではありませんが、刺激によりメラニンの蓄積を行い、色素沈着に発展することもあります。しかし、皮膚や粘膜の健康維持の効果でこれらを改善してくれますので、シミの予防効果も高いわけです。

抗酸化効果の高いビタミンEも!

ビタミンEといえば、若返りのビタミンともいわれるほど、ビタミンの中でもトップクラスに抗酸化効果が高いです。もともと、ローズヒップにはビタミンCも含まれています。ビタミンEと一緒に摂取することで、効果も高まりますので、活性酸素を除去する力が高まります。

リコピンの美白効果

リコピンと言えばトマトをイメージされるかもしれませんが、他にもこれが含まれている食品もございます。ローズヒップにも含まれていまして、これは、ビタミンCと同じく、チロシナーゼの働きを抑制するためメラニンの生成も防止できます。

また、活性酸素を除去しますのでそういった意味でもシミは作りません。ほかにも、食物繊維、鉄、カルシウム、β-カロテンといった栄養素が含まれておりますので、戦時中にこれを飲んで健康を維持していたというのはよくわかります。


スポンサーリンク

ローズヒップティの飲み方に注意!

これだけ栄養価が高いと言われているローズヒップ。それは一般的にローズヒップティーというお茶にして飲むのが主流かと思います。もちろん、それは間違えた方法ではなく正しい摂取方法です。

しかし、その飲み方を間違えてしまうと効果が2割り程度しか得られません。いくら美白効果の高い食品といえ、その20%だけを得て、残りの80%は捨ててしまうというのはあまりにももったいなさ過ぎる話しですよね。

そこで、効率よく、ローズヒップティーの効果を100%得られるように飲み方についてお話ししたいと思います。まず、ローズヒップのビタミンなど栄養成分はほとんど実の中に含まれております。

ところが、お茶を飲むと、普通、底に沈殿した粉なんて飲まずに捨ててしまうことが多いです。でも、その粉が実の粉末なのです。つまりそこがお茶の中で一番栄養価が高い部分。それも飲まないのであれば、ローズヒップティーを飲む意味も無くなるともいえます。

ですから、必ず、沈殿した粉末も飲むようにしましょう。それが取りにくいのであれば、もう一度お湯を入れて一緒に飲めば良いかと思います。ローズヒップのビタミンCは熱に強いのでこのようにお茶にしても十分美白効果が得られます。

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る