脂性肌を食事で改善!皮脂分泌を抑える食べ物を紹介。

Pocket

スポンサーリンク





脂性肌で悩む方の中で食事が原因である可能性も高いです。例えば、油っこい料理や、ケーキ、ドーナツなど油を大量に使っている食べ物を頻繁に摂取すると皮脂の分泌量が上がります。



hb

逆に、食事さえ気をつけていればある程度皮脂の分泌量を調整することもできます。そこで、ここでは、皮脂の分泌量を調整する食事法や皮脂分泌を抑える食品を紹介していきたいと思います。


皮脂の分泌を調整する食事とは?

皮脂分泌の原因は、その人の遺伝や体質も関係しています。もともと、手が汗ばむとか、顔の表面が人よりも脂でテカテカとか、そういった人もいます。しかし、それは悪魔でも一つの要因に過ぎず、度力かと言えば、普段から、ファーストフードに多く含まれる油や、高カロリーの食事を摂取していることが大きな原因になります。

実際、高カロリーの食事を抑えるだけで、随分油用肌を改善できますので、まずは食事を気をつけましょう。例えば、油っこい食品、高カロリーの食品、甘い食べ物、刺激物、

ジャンクフード、ファーストフード、こういったものは、もともと脂の分泌を促す食べ物の上、脂肪の代謝を促進するのに必要なビタミンやミネラルが非常に少ないのです。

ですから、手軽に時間をかけずに食べられるという点では良いのですが、脂性肌を改善するのであれば、こういった食品は極力避け、また、動物脂、植物油も控え、野菜、果物、魚、肉といった加工食品ではない自然由来のものを中心に食べましょう。そうすることで、ミネラルやビタミンをしっかりと補給することができます。

特に、これらの食品には、ビタミンB群が豊富に含まれています。魚や肉にも脂は含まれているのですが、ビタミンB群も摂取することができますので脂肪の代謝を促進することが可能なのでその点は心配が無くなります。

ただ、お菓子などのに含まれる糖分は摂取しすぎると、使いきれなかったものが体内で脂肪に合成されてしまいますので、それが皮脂の原因にもなります。よって、甘いものも皮脂の大量分泌の原因になるため注意しましょう。


スポンサーリンク

皮脂の調整を行う栄養素

では、具体的に皮脂や糖質の代謝の促進、ニキビや脂性肌を改善する栄養素や食品はどんなものなのかここで紹介したいと思います。

ビタミンC

皮脂・糖質の代謝を促進するだけではなく、抗酸化作用が強く、メラニンの色素沈着を防いだり、粘膜を作る役割を担っております。多く含まれる食品はこちらへ

ビタミンB2

脂肪の代謝を促進し皮脂量を調整する。多く含まれる食品はこちらへ

食物繊維

腸内環境を良好にし、糖質や脂質を吸収し体外へ排出する。主な食品「海草(かんてん、ひじき、青のり、焼のり、他)、きのこ(きくらげ、干しシイタケ、他)、豆類(ひよこ豆、大豆、小豆、きなこ)、

野菜(トウガラシ、かんぴょう、切干大根)、果物(干し柿、プレーン、ゆず)」などが特に多い食品です。しかし、野菜、果物、海草類、全般的に多いので色々なものから積極的に食べるようにしましょう。

不飽和脂肪酸(DHA・EPA)

脂肪の代謝に良く、中性脂肪やコレステロール値を下げる。青魚に多く含まれております。(さんま、サバ、アジ、いわし、他)

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る