わらび餅の原料やカロリーは?レシピや作り方など。京都や名古屋が有名?

Pocket

↓↓【限定】秋~冬の敏感・乾燥肌へ!↓↓
【インナードライ対策訴求】アヤナストライアルセット

わらび餅といえば、一般的にでんぷん、水、砂糖といった原料から作る透明で甘くてきなこと黒蜜にかけて食べるお餅です。名前の由来はかつてはでんぷんが含まれているわらび粉から作られていたからだそうです。





warabi


も ともとは、後醍醐天皇が好んで食べていたもので太夫の位を授かったという話があります。人ではなく餅が位を授かるんですね。そのことからわらび餅の別名を 岡大夫といいます。そのことは、寛永19年(1642年)に書き記された大蔵虎明能狂言集(大蔵虎明本)という書物に残っています。そして、農家の非常食 として庶民の間でも食べられていたものでもあります。



このことからも発祥は京都というイメージが強いわけです。しかし、現在では名古屋に も芳光などわらび餅の名店がございます。その理由は定かではありませんが、東海道の日坂宿、現在の静岡県掛川市日坂の名物でもあったのです。個人的にはそ こから名古屋へも伝わったのかな?と思います。



ちなみに、わらび粉の名産地は奈良県です。そのため、奈良や京都では古くからわらび餅の名 店がございます。そんなわらび餅は夏のイメージが強いです。夏の和菓子ですよね。しかし、スーパーに売られているわらび餅は夏でも保存は可能なのですが、 本蕨を使った本格的なわらび餅は夏の保存が難しいので夏は販売されていないとか。さて、そんなわらび餅を自宅で作れたらうれしいですよね。作り方やレシピ を紹介します。





わらび餅の作り方とレシピについて!

warabi2


たまには和菓子も手作りしてみよう。鍋一つでできちゃうわらび餅の作り方 | Veggie Dishes by Peaceful Cuisine


1 わらび餅粉100g、甘味料80g、水400gを鍋に入れてかき混ぜる

2 透明になるまで弱火にかけながらかき混ぜる

3 透明になりもちもちになったら型に入れる

4 冷めるまで放置

5 きなこ40g、甘味料大さじ1を混ぜる

6 わらび餅をほど良い大きさに切る

7 5で味付けして完成

How to make Wagashi Warabimochi 和菓子 本わらび餅 作り方


1 和三盆80g、わらび餅粉50g、水200mlを用意する

2 わらび餅粉に少しずつ水を加え溶けるようによく練る

3 溶け切ったら全ての水を入れて和三盆80gを加える

4 しっかりと混ぜたら網にこして鍋に入れる

5 中火に火をかけかき混ぜる

6 透明の個体ができ始めたら火を止めてかき混ぜ続ける

7 もちもちになったら蒸し器で中火か強火で45~1時間ほど蒸す

8 容器にきなこを適量入れその上にわらび餅をのせる

9 さらに上からきなこをかける

10 きなこがしっかりとついたら適当な大きさに切り盛りつける

11 黒蜜をかけて完成

sp1

【簡単】片栗粉でぷるぷる抹茶わらび餅♪


1 砂糖20g、片栗粉40g、水200ml、黒蜜適量、抹茶適量、抹茶ソース大さじ1.5を準備する

2 鍋に片栗粉、水、砂糖を入れて混ぜる

3 中火にかけ、抹茶ソースを加えて混ぜる

4 とろみがついたら火を止めてさらに混ぜる

5 型に入れる

6 濡れたスプーンの背で平らにする

7 氷水で冷やす

8 型から取り出し適当な大きさに切る

9 皿に盛り付けて抹茶、黒蜜をかけて完成



こ のようにわらび餅といっても一つだけではなく色々な作り方があります。わらび餅粉がない場合は片栗粉で代用することができます。さらに味付けを行うにおい ても抹茶味、あとはそこをアレンジしてコーヒーやチョコレートのわらび餅をつくるのも良いかもしれませんね。このように調理法によってカロリーもずいぶん 異なります。





わらび餅のカロリーについて。

gimon


スー パーで売られているわらび餅って意外とカロリーが高いです。たとえば、ヤマザキ(211kcal)、あわしま堂(339kcal)、明日香 (228kcal)、アルプス(219kcal)とメーカによっても若干差がありますが200~300kcalです。ご飯一杯よりもカロリーが高いです。



まず、一つの理由としては本来わらび餅はわらび粉でつくるものなのですが、生産量が少なくものすごく貴重なものです。そのため大量生産する場合にわらび粉を使うのは難しくなります。けれどもわらび餅を作るにはでんぷんがあれば可能。



そこで、片栗粉やでん粉を使うのです。これにより本来のわらび餅よりもカロリーが高くなると考えられます。そして、もうひとつはきなこと黒蜜にたっぷりと砂糖を使っているところです。むしろこれが一番の理由ではないかと思います。



もし、低カロリーなわらび餅をたべたいのであれば、わらび粉から作り、甘味料の味付けは砂糖を使わずに羅漢果糖や黒砂糖を使うとよいですね。これにより市販のものよりも大幅にカロリーを抑えることができるでしょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  4. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  5. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  6. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  7. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  8. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る