チートデイとは?メリットデメリットは?失敗しない頻度・メニューなど。

Pocket

<今月のおススメ情報>

潤い敏感肌ケア<<つつむ>>2週間トライアルセット送料無料1,470円

【全国展開】今年こそはチャレンジ 10kg痩せエステ!今ならお試し3,000円!

【限定】ぷにぷよ本気でやばいかも!ダイエット青汁 ラクトクコース630円!!

abstract-1238247_640

ダイエットしているのになぜか体重が落ちないという悩みを抱えたことはありませんか。実はダイエットの停滞期といわれる生理現象の一つで、この状態だと思ったより痩せることが出来なくなってしまうのです。そこでその対策として、オススメになるのが「チートデイ」と呼ばれる食事法です。

今回はチートデイについてご紹介します。

チートデイとは?

食事制限をすれば摂取カロリーが少なくなるため、摂取カロリーと消費カロリーの差が少なくなり、だんだん痩せていきます。しかも、運動などして消費カロリーを多くするよりも、食事制限で摂取カロリーを少なくした方が簡単に減量できるため、運動せずに食事制限でダイエットする方も少なくないのですが、この食事制限が停滞期につながってしまうのです。

ダイエット中の食事制限は、食べたいものを我慢することで食事量を減らして体重を落としていきます。今まで食べたい物を好きなだけ食べてきたのにそれを我慢するのは、本当に辛いことだと思います。しかし、チートデイとはダイエット中なのに食べたいものを我慢することはやめて、食べたいものを食べる日のことをいいます。

ここで、もしかしたら「ダイエット中に食べたいものを食べたら、逆に太ってしまうのではないか?」と思われるかもしれません。確かに短期的に見れば体重は増えますが、長期的に見ると停滞期を防いだり、停滞期になってもすぐに脱出できて、ダイエットに成功しやすくなります。

チートデイ・効果

ホメオスタシス効果をコントロール

栄養の摂取量が少なくなって体重が落ちたことで、私たちの生命に危険が及んでいると感じるため、なるべくエネルギーの消費を抑えて栄養を少しでも多く吸収しようとします。この体の機能を、ホメオスタシス効果といいます。

ダイエット中にチートデイを設けることで、チートデイを設けることで定期的に大量のカロリーを摂取できるため、体が生命の危機だと感じずに、ホメオスタシス効果の働きが薄れます。ホメオスタシス効果の働きが薄れれば、体が消費エネルギーを抑えたり、食べたものから余分に栄養をとらなくてすみます。

つまり、停滞期中にチートデイをして、その後にいつもどおりの食事制限をすれば、また体重が減り始めます。

ダイエット中のモチベーションもアップ

ダイエットを続けるためにはモチベーションも大切です。モチベーションが続かなければ、ダイエットも続けられないでしょう。そこでチートデイを設ければ、モチベーションのアップにつながります。

もちろんチートデイを設けることで停滞期を防いだり、停滞期を短くできればモチベーションアップになりますが、ダイエット中なのに定期的に好きなものが食べられるということは、何よりも嬉しいことだと思います。

つらい食事制限の先に食べたいものが食べられるチートデイがあれば、食べたいものを我慢し続けられると思いますので、ぜひチートデイを設けてダイエットを成功させましょう。

チートデイ・方法

bread-1053591_640

スポンサーリンク

食事内容と摂取カロリー

糖質も脂質も一切無視して、食事におやつ・食後のデザートなど好きなものを好きなだけ食べて大丈夫です。またチートデイの目安となるカロリー量ですが、こちらは基礎代謝の3~4倍程度が一般的。20代女性の基礎代謝は大体1200kcalほどなので、チートデイでは3600kcalほどの摂取がオススメといえるわけです。

正しい頻度

ダイエットの効率化にもストレスの解消にも効果的なチートデイですが、その”頻度”には注意が必要です。チートデイの正しい頻度は、基本的には3週間から4週間ごと。大体月に1~2回程度が目安になるわけです。チートデイはたくさんのカロリーをとる分やりすぎは禁物なので、きちんやる頻度は守るよう意識することが大切です。

チートデイ・注意点

停滞期の解決には効果抜群のチートデイには、注意点もいくつかあります。その中でもまず挙げられるのは、チートデイは必ず1日だけにするという点です。好きなものを好きなだけ食べられるチートデイは、ダイエット中の食欲に飢えた体にとってはどれほど食べても飽きないことでしょう。ついつい次の日も、チートデイを行いたくなってしまいます。

ですが2日目以降のチートデイは、痩せるどころかむしろ太る原因。カロリーをとったらとった分だけ、体脂肪へと変わってしまいます。

またもう一つ注意していただきたいのは、チートデイではカロリーはしっかり摂ることを意識するということです。長いダイエットを続けてきた方にとっては、好きなだけカロリーをとっていいと言われても無意識に自重してしまうということもあると思います。

中途半端なカロリー摂取では、チートデイには逆効果。十分な効果が得られず停滞期からの脱出には失敗、さらに中途半端にカロリーをとった分だけ太ってしまうということにもなりかねないのです。つまりチートデイは、メリハリをつけてしっかりやることが成功の秘訣といえるわけです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ダイエット中なのに、「食べたいものを食べると太る」というような恐怖があると思います。ですが、ダイエットを途中でやめてしまう方の原因のほとんどが、停滞期だというのも現実です。もし、あなたが今すでに停滞期の真っ最中だったり、停滞期を恐れているなら、チートデイにチャレンジしてみませんか?

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  2. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  3. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  4. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  5. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  6. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る