表情ジワの原因と改善法!コレで解消ケアができる?

Pocket

スポンサーリンク





まず、表情ジワとはなんでしょう?これは、表情をつくることで、筋肉が動き、しわが入ります。これら全般的なしわを指します。基本的に、表情を作っても、肌にある程度の潤いを保っていれば、弾力性が高く元に戻ることができます。


siwa

ところが、加齢などにより、肌の保湿成分や水分が減少し、弾力の無い肌になると、表情を作った後、しわが元に戻らなくなります。それが、表情ジワの大まかな原因です。

そこで、ここでは、表情ジワの詳しい原因を知っていただき、どうすれば改善することができるのか?日常の解消ケアまでお伝えしたいと思います。


表情ジワの原因とは?

若い時は、笑っても、変な顔、などなど思いっきり顔にしわを作るようなことをしても、少し時間をおけば元通りに戻ります。このように、特定のことを行っても元に戻ることを、形状記憶力が上手く働いているといいます。

ばねを伸縮させてもまた元に戻るのは、形状記憶によるものです。肌もこれと同じように元に戻るのです。この皮膚の形状記憶力は、真皮のコラーゲンとエラスチンにより動いています。

この二つがあることにより、お肌の弾力性を維持したり、円滑に保たせることができます。まず、コラーゲンは酸素の補給と老廃物の排出、そして水分保持を行います。

そして、エラスチンというものは、コラーゲンの網目状の部分に絡みつくことで、コラーゲンを支えることができます。この二つがあることで肌の弾力性を維持することができるのです。

ところが、20代を過ぎると次第にこれらが減少していきますので、しわができやすくなるのです。特に、10代、20代の頃、若いからと言って紫外線を気にせずに当たりすぎた場合は要注意です。

長年紫外線を浴びていると、コラーゲンが変形したり、皮膚に大きなダメージを蓄積しますので、将来的にしわやシミへとつながるのです。さらに、お肌にダメージを与えるのは日焼けだけではありません。日常のストレスや、ライフサイクルの偏り、食生活の偏りで活性酸素を生むと、

コラーゲンとエラスチンの結合を破壊してしまいます。これらの習慣をつづけていると、お肌の形状記憶をおかしくしてしまいますので、結果的に表情を作るとしわが元に戻らなくなってしまいます。

スポンサーリンク

表情ジワを改善!日常の解消ケア。

真皮の層の水分保持を行う

水分保持を行うには、普段のスキンケアで水分を保持させることは重要になりますが、それ以前に、紫外線に当たらない、外出時は必ず日焼け止めクリームを塗る、規則正しい睡眠をとる、煙草を吸わない、お酒はほどほどにする、油っこいものをほどほどにする、

など食生活、ライフスタイルに気を使うだけで真皮の水分保持を行うことができます。また、活性酸素を生む大きな原因となるストレスをためないようにも心がけましょう。趣味や楽しみを持つことで自分なりのストレス解消法ができます。

表情を意識する

表情ジワというので、表情を作らないことがシワにならないかといえば、そういうわけでもありません。逆に、筋肉が衰えてしわやたるみをつくってsまう危険性がありますので無表情もできれば避けたいです。

ただ、過剰に表情に力を入れ過ぎるとしわができます。そのような癖を持っている人は、できればやめましょう。ですから、笑顔を作る場合も自然に笑う程度で十分です。

特に、表情筋、前頭筋は額のしわ、眉間には、皺眉(しゅうび)筋、目尻には眼輪(がんりん)筋があります。これらは力を入れやすい場所でもあり、また、しわもできやすい所です。意識して力を入れないようにすれば、それだけでしわの改善ができます。

クリニックでのケア

クリニックはお金がかかりますし、色々とリスクもありますのであまりオススメはできないのですが、ボトックス注射は、表情筋の力を弱めることができますので、過剰に力を入れる癖がある人ひは有効です。

しわができたら、ヒアルロン酸で保湿、保水を行う人がいますが、これは3カ月に一度ぐらい定期的に行わないのであれば、絶対にやめましょう。一度やるだけでは、時間とともにヒアルロン酸が抜けます。抜けるとその面積が空になりますので、たるみやしわになります。

つまり、常にヒアルロン酸を入れておかなくてはいけないのです。ですので、できれば、まずは、日常のケアや、化粧水などの基本的なスキンケアを行った上で、どうにもならない場合、ヒアルロン酸注射をすればよいかと思います。

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る