半身浴の効果を高めるには温度と時間がポイント!

Pocket

スポンサーリンク





半身浴といえば、美容健康法の一つで知られていて、多くのモデル、女優などの有名人も実践しているほど効果的なものです。ところが、間違えたやり方をしてしまうと、健康を害してしまうこともあります。


ohuro
ポイントとしては、ゆっくりと時間をかけて、体の芯まで熱を伝え、内臓から全身を温めることで、美容健康に効果を発揮してくれます。そこで、今回は、正しい半身浴を行って、綺麗な肌、健康体を手に入れて頂きたいので、ここでは正しい半身浴についてお伝えいたします。


1適温で体を温めます

nyuyoku
夏の暑い日なんてぬるめのお風呂に入りたくなるものですよね。人によっては水風呂に入る人もいるのではないでしょうか。逆に、キンキンに体が冷えた冬は暑いお風呂に入りたくなるものです。

ところが、半身浴でオススメな温度は38度と比較的ぬるめのお湯なんです。体温よりも少し暖かい程度です。実際に入ってみるとかなりぬるいお湯です。夏であれば半身浴でも大丈夫ですが、

さすがに冬に38度のお湯に入るとなると寒いですよね。風邪でも引いてしまったら大変ですので、冬など寒い時期だけは、足湯を行います。もちろん上半身は服を着て。そのような工夫を行えば、実践可能です。


2適量のお湯で体を温めます

nyuyoku2
小さいころに、よく、肩までつかるようにといわれたことがあるかもしれません。基本的にお風呂に入る時は体を温めるように、肩までつかる傾向にあります。

しかし、健康的に全身を温める半身浴は、おへその下までで良いのです。なぜ、おへその下までにしておくのか?理由としては、胸には心臓や肺がありますので、そこまでお湯につかると、水圧や直に温めることになるので負担がかかるのです。

長くゆっくりと温めることが重要とはいいますが、そこまでつかる場合は長く入るのは逆に健康へ悪影響を与えかねません。ですから、心臓や肺から離れた距離を温めて徐々に上まで温度を浸透させていくことが重要になります。寒い場合は、風呂桶の蓋を閉め、蒸し風呂にするのもいいですね。


3長時間浸かれる環境を作ります

nyuyoku3
20分~30分の長時間ずっと何もしないでいられるのってかなり辛いことだと思います。瞑想をするというのもありですが、そのまま寝てしまっては、水没する危険性もありますので、寝るのはあまりオススメできません。

そこで、時間を潰すため、本を読んだり、ゲームをしたり、何か夢中で考えることがあるのであれば、それらを行いましょう。すると、次第に時間は過ぎていくものです。音楽、アロマなどで心身をリラックスさせるのも良いですね。


スポンサーリンク

4水分補給をしっかりと行います

mizu
半身浴をしたことがある人なら分かるかと思いますが、低温なのにもかかわらずかなり汗をかきます。実際は、血液の循環を良くし、汗を流すのがポイントなのです。

ですので、お風呂に入る前に水をいっぱい飲んでおきましょう。すると、汗が流れます。また、お風呂に入っている間も水分補給が必要になりますので、喉が渇く前にこまめに水分補給を行います。水分補給を行わないと、逆効果で血液やリンパの流れが悪くなります。


5タオルで汗を拭き取ります

taoru
先ほどもお伝えしたように、半身浴を行っていますと、ものすごく汗をかきます。汗がだらだらしていると気持ち悪くなりますし、特に冬なんか汗で体が冷えることも考えられます。

それを避けるために、汗をかいたらすぐにふき取るタオルを準備しておきましょう。また、冬は体温を温めるために渇いたタオルを肩から胸のあたりまで覆っておくとすぐに温まりますので体温上昇も早めることができます。

以上が半身浴のポイントです。とりあえず、体を温めればいいと思って、暑いお湯で行うと逆効果です。体にも悪いですし、暑いお湯の場合、体の表面をあっためることはできますが、内面は中々温まらないのです。ですので、今回お伝えしたポイントをしっかりと行って、半身浴に励みましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る