葉酸サプリの効果・効能。妊娠していつからいつまで飲むのがいいの?

Pocket

↓↓【限定】秋~冬の敏感・乾燥肌へ!↓↓
【インナードライ対策訴求】アヤナストライアルセット

sango

お腹の中の赤ちゃんが健全に発育するためには、葉酸が必要不可欠です。葉酸は緑黄色野菜や豆類などの食材に多く含まれていますが、食べ物からの摂取だけでは必要分に達しない場合がほとんど。そのため葉酸サプリの摂取が推奨されています。今回は、葉酸サプリの効果と効能や、妊娠していつからいつまで飲むのがいいのか、などを紹介していきます。

葉酸サプリの効果・効能。

葉酸は胎児の赤血球や細胞をつくるのに必須な栄養素です。神経管閉鎖障害という、胎児の脳や脊髄の先天性異常のリスクを減らす重要な効果もあります。また、認知症や聴力障害、動脈硬化、貧血の予防や、皮膚や粘膜の機能向上など、胎児だけでなく母体にも様々な効能があります。

しかし、葉酸には水溶性という性質をがあります。熱を加えると水に溶けてしまいやすくなるので、葉酸が多く含まれる食材を用意しても調理中に大幅に少なくなってしまうことが多いのです。例えばホウレン草なら、茹でることでおよそ半分の葉酸が失われてしまうのです。

そこで、葉酸サプリの必要性がでてきます。サプリメントなら、必要分を確実に摂取できるという大きなメリットがあります。また、つわりで食事がとりづらいときでも摂取しやすいというのもメリットのひとつです。

現代は野菜不足の人が多い傾向にあるせいか、葉酸が著しく足りない妊婦も増えているようです。それを危惧した厚生労働省は、葉酸を食事から摂取するのに加えて、サプリメントから摂取することを推奨しています。

妊娠していつからいつまで飲むのがいいの?

yousan

葉酸の摂取は、妊娠初期がとくに重要です。妊娠初期は、胎児の細胞が活発につくられる大切な時期。このとき葉酸が足りないと、前述したように胎児の神経管閉鎖障害のリスクが高まります。

sp1

厚生労働省は、受精の前後〜妊娠初期(12週)に葉酸を摂取することを推奨しています。妊娠がわかる前の段階でも、すでに葉酸の効果があることがわかっているので、妊娠を望んでいる人は妊娠活動中から摂取するのがよいということになります。量でいうと、1日当たり食事から240μg、それに加えて葉酸サプリで400μg摂取することが勧められています。

葉酸は妊娠前や妊娠初期だけでなく、妊娠中期〜後期、そして授乳期にも摂取することが望ましいとされています。ただし、葉酸の効果・効能や摂取すべき量は、それぞれの段階ごとに変わっていきます。

妊娠中期〜後期は1日当たり480μgの葉酸が必要とされており、きちんと摂取することで貧血の予防や流産の防止、つわり軽減、子どもの自閉症のリスクを低下させるなどの効果が期待できます。また免疫力を高める効果もあるので、風邪やウイルスから身を守るためにも常時とりいれておくのがオススメです。

授乳期は1日当たり340μgの葉酸が必要とされていて、効果としては、母乳の出をよくする、母乳の栄養価を高める、産後の子宮の回復促進、産後うつ予防、産後の抜け毛対策などが挙げられます。また、新陳代謝を活発にするため美容効果も期待できるということなので、なにかとボロボロになりがちな産後の母体の救世主になってくれること間違いなし!生まれてきた赤ちゃんのためにも、自分自身のためにもしっかり摂取していきましょう。

まとめ

ninpu

いかがでしたでしょうか。

妊娠前〜産後まで、葉酸がいかに重要であるかお分りいただけましたか?

しかし、この時期の女性に必要な栄養素は葉酸だけではありません。鉄分やビタミン、ミネラル、カルシウムなど不足しがちな栄養素はまだまだあります。全ての栄養素をバランスよく摂取することが大切です。

サプリメントには、葉酸だけでなくその他の栄養素も複合的に摂取できるものもあります。自分に足りていない栄養はなにか日頃からよく把握して、必要な栄養を賢く摂取する工夫をしてみてください。

 

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  4. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  5. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  6. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  7. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  8. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る