ダイエットの朝食は味噌汁がいいね!その効果とおススメの具は?

Pocket

<今月のおススメ情報>

↓↓ぷよぷよが本気でやばくなる前に↓↓バナー原稿imp

【全国展開】夏までに10kg痩せエステ!今ならお試し3,000円!

あの「ぺこちゃん」も実践した簡単ダイエット!なんとマイナス10kg!?

misoshiru

味噌汁にはダイエット効果や便秘解消効果、美肌効果、さらに動脈硬化や高血圧の予防などの効果が期待できます、また、野菜をたくさん入れて食べることもできるので、栄養抜群な健康食です。

今回は、味噌汁のダイエット効果についてご紹介します。

味噌汁の3つのダイエット効果

1.体にたまった脂肪を燃やす

味噌の原料である大豆には、豊富なタンパク質が含まれています。このタンパク質が体内に入って消化されるとアミノ酸に変わります。そのアミノ酸の中には、「ロイシン」「イソロイシン」という脂肪を燃焼させる効果のあるアミノ酸が含まれています。ロイシンは、運動などして筋肉を維持したり強化する効果があり、イソロイシンは、筋肉を修復したり疲労回復や成長を促進する効果があるため、代謝を良くして脂肪を燃焼させるにのに役立ちます。

また、味噌にはビタミンB群も含まれています。ビタミンB群は脂質や糖質の燃焼を促す効果があるため、ダイエットには欠かせない栄養素。さらにはビタミンEも含まれているので、ビタミンEの血液の流れを良くする効果から、代謝を上げて体にたまった脂肪を燃やすことができます。

 

2.体に脂肪をためにくくする

味噌に含まれる大豆サポニンには、腸の働きを正常に戻す働きがあることから、余分な栄養の吸収を抑える効果があり、脂肪を吸収しやすくする酵素の働きを抑制する働きもあるため、脂肪の吸収を抑える効果もあります。

また、味噌にはレシチンとミネラルが含まれています。レシチンは、脂肪の分解と排出する効果があり、ミネラルは食事したものを効率よくエネルギーへ変える潤滑油のような働きがあるため、食事したものを脂肪としてためにくくなります。

3.代謝が上がる

味噌汁は温かい飲み物ですので、飲むだけでも体の中から温まって、代謝を上げることができます。ですが、味噌汁の代謝を上げる効果はこれだけではありません。味噌汁には大豆ペプチドという成分を含んでいます。この大豆ペプチドは腸内環境と整える効果があり、それによって腸が刺激されて交感神経の働きが高まって、代謝を上げることができるんです。しかも、大豆ペプチドの腸内環境を整える効果は、脂肪の吸収を緩やかにしますので、脂肪もたまりにくくなります。

あと、先ほど登場した大豆サポニンは血液中のコレステロール値の上昇を抑えて、レシチンはコレステロールを除去する働きがあるため、血液をサラサラにして流れを良くします。つまり、血流が良くなることで、代謝が上がります。こうした血流がよくなる効果は、動脈硬化を防ぐ効果もあることから、動脈硬化が原因で起こる生活習慣病を予防する効果も、味噌汁にはあるのです。

スポンサーリンク

味噌汁のおすすめの具

yasai1

味噌汁にいろいろな野菜を入れて作れば、具だくさんのダイエット味噌汁が出来上がります。ジャガイモ、カボチャ、ニンジン、ゴボウ、カブ、大根、サトイモ、ネギ、ホウレンソウ、シュンギク、味噌汁に入れる野菜は本当にたくさんあります。どんな野菜を入れても合いますから、いろいろな野菜をたくさん食べられる最適な方法でもあります。

さらに豆腐や油揚げなどの大豆製品、ワカメや海苔などの海藻類を入れても美味しく美容効果も得られます。朝ご飯は夜遅くご飯を食べるときなどは、具だくさん味噌汁で満腹感も得られます。

赤味噌がおすすめ!

味噌にも赤味噌や白味噌、合わせ味噌などがありますね。ダイエットに適しているのは、一般的には赤味噌と言われています。赤味噌は発酵させる時間が長く、メラノイジンという成分が多く含まれていて胃腸のバランスを整えてくれる働きがあるのだそうです。

また、抗酸化力も強いのが赤味噌です。一方の白味噌には麹の量は赤味噌の倍以上だそうです。麹にはGABAが多く含まれ血圧降下作用があり、空腹感を抑えてくれる作用もあります。また、体重増加抑制効果のある酵素が含まれています。

美味しい味噌汁を作るコツ

 味噌汁の作り方は皆さん知っていると思います。でもおいしい味噌汁を飲みたいですよね。そうはいっても毎日のことですから、それほど手間がかかっていては作るのも面倒になってしまいます。

美味しい味噌汁を作るコツは、3つだけダシを取ること、味噌を溶かすときはお玉の中で溶かすこと、味噌を溶かすときには火を止めること。これを実践すれば、風味のいいおいしいお味噌汁ができます。

インスタントの味噌汁はOK?

手軽にできるインスタントのお味噌汁。味噌も入っていて、一人で食事をするときなどは便利ですね。でも注意したいのが塩分です。インスタントのお味噌汁1杯には、手作りで作る味噌汁の倍以上の塩分が入っています。インスタントのお味噌汁は摂りすぎないようにしたいです。

インスタントのお味噌汁を食べるときには、味噌を減らすか具材を増やすなどといった工夫をして、塩分を摂りすぎないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

朝食を味噌汁にするだけのダイエット方法もあるようです。

味噌汁を飲むコツとして、ゆっくり味わって飲んでください。そうすることで満腹感を感じやすくなりますので、空腹感を感じてストレスをためたり、余計なものを食べたりしなくて済みます。あと、味噌汁に一味唐辛子を入れるのも良いですね。唐辛子に含まれる「カプサイシン」の効果で代謝が上がり、体にたまった脂肪が燃えやすくなります。

 

 

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  4. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  5. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  6. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  7. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  8. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る