クランベリージュースの効果効能 膀胱炎に効くって本当?

Pocket

<今月のおススメ情報>

↓↓ぷよぷよ本気でやばいかも・・↓↓
バナー原稿imp

【夏肌ケア】コーセー 米肌澄肌美白 お試し1500円!

kuranbery

クランベリーとは、北半球の寒帯酸性の沼地に生息する植物で常緑低木の植物で、ツツジ科スキノ属ツルコケモモ亜属です。もともとは、鶴のベリーとい う意味で、17世紀にアメリカのイギリス系移民が命名しました。その由来としては、クランベリーが鶴の大好物であることなのですが、違う説では、クランベ リーの花が咲く前に、茎、萼、花弁が鶴のくちばしにそっくりだというのもあります。





そ んな、クランベリーですが最近は居酒屋なんかに行くと、メニューにありますよね。ジュースでも結構味は酸っぱいです。原料の果実はさらに酸っぱいのでその まま食べるよりは、ジュースや菓子ジャム、クランベリーソースへ加工して飲んだり食べることが多いようです。酸っぱいこの果実、明らかに健康に良さそうな のですが、一体どんな効果効能が期待できるのでしょうか?



一般的には膀胱炎に効くとされています。その他、抗酸化作用、殺菌作用があると いわれています。栄養成分をみても、アントシアニン、プロアントシアニジンといったポリフェノールが豊富に含まれています。一般的に色のついた果実はポリ フェノールが豊富です。例えば体表的なのは、ブルベリーです。ブルーベリーといえばポリフェノールというイメージな方もいらっしゃるかと。



しかし、クランベリーは、ブルーベリーをも凌駕するほどで、ブルーベリー100gあたりのポリフェノールの量が250mg対し、クランベリーは600mgとかなり多いんです。さらに、クランベリーにはキナ酸という栄養素も含まれています。これは一体何かといいますと、



肝臓で代謝されることで、馬尿酸という酸性の物質に変化し、尿を酸性に保ってくれます。つまり、クランベリーに豊富に含まれるポリフェノールやキノ酸により、尿路、尿中の細菌の感染予防を行ってくれます。コレにより、膀胱炎に効果的だと考えられているのです。



さ らに、臨床実験ではジュースの方が効果的だというデータがでています。その実験内容は、13件の論文のうち、9件をクランベリージュース、4件をサプリメ ント、10件は北米、3件はヨーロッパと、ジュース、サプリメント、実験場所まで分けています。実験対象となるのは1,616人でした。



さ らに、クランベリージュース、クランベリーサプリメントを摂取するグループ、見かけはクランベリージュース、クランベリーサプリメントだけど全く成分が異 なるものを摂取するグループをくじ引きでわけました。さて、これらの状況下の中で実験を行ったわけですが一体どうなったのか?



結果的にク ランベリージュース、クランベリーサプリメントを摂取したグループの方々の方が尿路感染症や膀胱炎になるリスクを0.62倍まで抑えることができたので す。つまり、何もないものと比較しクランベリーを摂取した方が効果があるということがこの実験でわかったのです。



そして、参加者の中で も、女性は0.49倍、尿路感染を繰り返す女性は0.53倍と特に効果を発揮できる性別や体質なのも分かりました。さらに、クランベリージュース (0.47倍)はサプリメント(0.79倍)よりも効果が高いことがわかりました。もともと、クランベリージュースは尿路感染症に効果的であると考えられ ていました。ところが、不明確なところが多くこの説は否定されていました。



しかし、プロアントシアニジンというクランベリーに多く含まれ る化合物が尿路感染の原因となる大腸菌が膀胱などの粘膜を侵すことを防止するというデータがありました。ただ、今回の実験でクランベリージュースが膀胱炎 に何らかの効果があることが分かったのは間違いなさそうですが、研究者たちはこの実験結果ではバラツキが多いためまだ慎重に見極める必要があるととりあえ ず保留となっております。ま、再度実験が必要ということでしょう。



ただ、いずれにしろ、ポリフェノールなどの栄養成分は豊富に含まれているわけで、実際に膀胱炎に効果があるといいきることができなくとも、がん予防などの違う意味で健康効果を期待することはできるわけで、飲んでおいた方が良い健康ジュースだと言えましょう。



た だ、クランベリージュースは居酒屋で飲めるのはものすごく薄められているもので、本当に効果を期待したいのであれば、ある程度濃厚なものを飲む必要があり ます。でも結構値段がしてしまうのも事実。ま、健康食品ですから高いのは当然でしょう。それでも膀胱炎や健康効果に期待したいというのであれば是非飲み続 けてみてください。

スポンサーリンク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!



スポンサーリンク



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  4. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  5. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  6. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  7. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  8. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る