冬こそ要チェック!背中ニキビの原因と治し方。家で出来る予防ケアの方法は?

Pocket

↓↓【限定】秋~冬の敏感・乾燥肌へ!↓↓
【インナードライ対策訴求】アヤナストライアルセット

back-woman

背中のケアはどうしても油断しがち。特に寒い時期は疎かになって、いざ薄着というときにあたふた・・なんて経験はありませんか?今回は背中ケアの天敵のうちのひとつ、背中ニキビのケアについて紹介します。

背中ニキビの原因

主な原因はホルモンバランスの乱れです。過度のストレス、睡眠不足などが続くと、緊張時に活発化する交感神経が優位となり、男性ホルモンが過剰分泌されてしまいます。男性ホルモンには角質層の柔軟性を奪い、角栓発生を促す作用があるため、角栓によって毛穴が詰まってしまうわけです。そこに肩甲骨付近の活発な皮脂腺から分泌される皮脂が詰まり、マラセチア菌によって炎症が起こると赤ニキビになってしまいます。自分の背中がどうなっているか見ていないという方は、今すぐ鏡を使って確認し、症状を確認したほうが良いのではないでしょうか。

背中ニキビの治し方

neru

睡眠や食事など生活習慣に気を配る

寝不足・睡眠不足だと肌が荒れたり、ニキビができやすくなります。肌の新陳代謝は眠っている間に行なわれます。特に肌の生まれ変わりが行なわれるのが、<午後22時から午前2時までの4時間位だといわれています。俗にゴールデンタイムと呼ばれる程、肌のターンオーバーが活発になるのです。その時間帯に寝ることによって肌の生まれ変わりが活発になり、健康な肌に蘇るのです。

sp1

次に重要なのが食事です。背中ニキビを治したいのであれば、肌に栄養を与えるような食事を心がけましょう。 例えば、ビタミンCやビタミンB2、B6などがあげられます。それらは、グレープフルーツやミカン、レモンなどの柑橘類のフルーツや、ほうれん草、アボカド、カボチャなどの緑黄色野菜に多く含まれます。それらを摂取することで、ニキビ改善・予防につながります。

肌に保湿を与える

hada

ニキビができる皮膚は、水分が少なく乾燥しておりゴワゴワと角質が硬くなっています。

その皮膚を健康な状態に戻すには、保湿を与えることが何よりも重要。肌に潤いを取り戻すことによって、正常な肌の働きが戻りターンオーバーを促進。ニキビを改善したい、予防したいならばまず保湿することが重要になります。特に背中は皮膚が顔よりも厚く、皮脂が詰まりやすいため通常のスキンケア用品は効き目が弱くなります。なぜなら、市販のニキビ薬や化粧水は、厚い背中の肌にその有効成分が浸透しないから。つまり、背中には、背中ニキビ専用のスキンケアが必要になってくるのです。

家で出来る予防ケア

規則正しい生活、栄養バランスの取れた食事で改善していけば、長期的にはケアできる可能性が高いと思います。また、下着や寝具に雑菌がついていると、背中に移って炎症を起こす可能性があるので、肌に触れる製品については今一度、清潔かどうか確認するようにしてください。当たり前のことに気をつけるだけで驚くほど改善する例も少なくありません。

また、最近は背中ニキビに特化したケア商品も出ています。結婚式控えていたり、2次会でドレスを着る機会がある方などは、本番までにキレイにしておきたいですよね。すぐにそのような機会がない方でも、いつ背中を露出する機会が来ないとも限りません。

急にうろたえてしまうことが無いように、保湿ケアをしっかりしたいところです。

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  4. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  5. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  6. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  7. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  8. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る