スタイル抜群!浅田舞の胸だけ残して体重減のダイエット方法 4つの法則。

Pocket

<今月のおススメ情報>

↓↓ぷよぷよ本気でやばいかも・・↓↓
バナー原稿imp

【夏肌ケア】コーセー 米肌澄肌美白 お試し1500円!

asada_mai1

浅田舞写真集 「舞」より

最近バラエティにもよく出演するようになった浅田舞さん。妹の真央さんとの仲や恋人など、芸能ネタに事欠きませんが、少し前に発表したグラビアでそのスタイルの良さが話題になりました。今回は浅田さんのダイエット方法について紹介したいと思います。

1)浅田式ダイエット法

浅田さんのダイエットは「ジムでの運動」と「食事制限」です。

フィギュアスケーターというスポーツ選手ですから、トレーニングと体形維持の為にはインストラクターのような専門的に整った環境が備わっていたと思われます。

しかし、浅田さんの魅力と言えば、あのバストがGカップを誇るスタイルの良さです。身長は163cm、体重は48kg。

バストをキープしながら減量する方法を探っていきましょう。

2)胸だけを残して痩せるための4つの法則

1.揺らさない

joging1

「揺れ」はバストダウンの大きな要因です。脂肪が燃えやすくなるだけでなく、バストの形をキープしている「クーパー靭帯」が伸びてしまい、下垂や型崩れの原因になります。身体を激しく上下に動かす運動、例えば縄跳びダイエットなどは控え、ヨガやピラティスなどスローなエクササイズやストレッチを選ぶのが良いでしょう。

ランニングやジョギングなども、バストダウンに繋がる運動として挙げられるものですが、有酸素運動はダイエットの王道。痩せ効果も絶大な上、心のリフレッシュや健康にも繋がる運動をやめてしまうのは勿体ないことです。そこでお勧めしたいのがスポーツブラの着用。普通のブラジャーとは異なり、バストの揺れを軽減できる構造になったものが多数発売されているので注目されています。普通のブラジャーで運動した際に起きがちなトラブル(摩擦による不快感や皮膚の炎症、乳首の黒ずみなど)を防ぐこともできます。

スポンサーリンク

2.大胸筋を鍛える

gym

揺れの激しい運動を避けたところで、やっぱり胸の脂肪は他のパーツより落ちやすいもの。そこで、自分なりのダイエット法に加えて「大胸筋」を鍛えるエクササイズも行いましょう。大胸筋はバストの土台となる筋肉。バストが上向きになるだけでなく、胸部の血行がUPするため、バストに栄養素がきちんと送られるようになるのです。

3.タンパク質の摂取

soybeans

バストを作る栄養素といえば肉や魚に多く含まれるタンパク質。これが不足すると当然サイズはダウンしてしまいます。ダイエット中の場合、脂身の多い肉では無く、低カロリーで高たんぱくな鳥ササミ肉などを上手に食事に取り入れるのが良いでしょう。また、大豆製品は女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをする大豆イソフラボンが豊富です。キャベツはエストロゲンの分泌を促すボロンが含まれています。これらの食材もヘルシーでありながらバスト形成に貢献してくれる女性の味方です。積極的に摂っていきましょう。

4.ホルモンバランスを整えるエクササイズ

fitness

ダイエット効果とホルモンバランスを整える効果、この2つをそなえたエクササイズがあれば、痩せもバストキープも一石二鳥で叶えられます。近年特に注目されているのが「骨盤底筋」を鍛えるダイエット法。下腹部ポッコリをはじめとする下半身太りを解消できるだけでなく、子宮周りの血行がUPするため、ホルモンバランスを整えることもできるのです。

アイキャッチ画像:浅田舞オフィシャルサイトより

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!



スポンサーリンク



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  4. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  5. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  6. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  7. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  8. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る