脇にできる黒ずみの原因は妊娠やメラニンの蓄積。

Pocket

スポンサーリンク




脇という部分も非常に気になるところです。例えば、夏なんかは、女性ならノースリーブを着ることが多いですよね。海に出かけた時は当然水着になります。そうなると脇が人の目に入るのは自然なことです。


waki


ある意味、顔よりも目立つかもしれません。夏ではなくとも、プールで泳いでいるとき、テニスなどのスポーツをやる場合、脇が目立って仕方がありません。脇の黒ずみの改善については以前お伝えいたしましたので、今回はその脇の黒ずみはどうするとなるのか?その原因について解説したいと思います。

脇に黒ずみができる原因とは?

脇に黒ずみができる原因は色々あります。例えば妊娠中に脇に黒ずみができるなんてこともあります。妊娠が原因で脇の黒ずみができる原因としては、妊娠すると20習目ぐらいから、女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)が急激に分泌されます。

これにより、メラニンの生成を行う、メラノサイトが刺激され、皮膚に色素が沈着してしまうことが原因です。また、これは、何も、脇だけではなく、顔のシミやそばかすも増やします。

ただ、これは、そこまで重症ではなく、女性ホルモンの分泌が収まれば沈着は治ることがほとんどですので、そこまで気にする必要もないかと思います。出産を終えてからもずっと黒ずみが酷い場合は、一度、産婦人科に相談してみることをオススメします。

そして、一番多いのは、古い角質や汚れが毛穴に詰まることで起こるもの、外部刺激によって起こるものです。これが脇の黒ずみで一番多いものかと考えられます。

特に脇は外部刺激が多くなる場所です。例えば手を動かすだけで、脇が擦れたりしますよね。その時点で、もうすでに黒ずみの原因になるのです。女性であれば、脱毛処理をするかと思います。

その時に、カミソリを使うため摩擦が生じます。これらを繰り返していると外部刺激により防衛反応でメラノサイトからメラニン色素が生成されます。よって、黒ずみの原因になります。

黒ずみをできるだけ作らないようにするには、ただ単に脱毛処理を行うのではなく、ジェルなどを使い、できるだけ刺激を少なくするように心がけることが大切になります。処理が終わった後は、皮膚がダメージを受けているのでそれが黒ずみの原因になります。

ケアを行うために、黒ずみジェルや化粧水で保湿を行ってください。ちなみに、オススメの脇の黒ずみジェルに関してレビュー記事を書いています。

スポンサーリンク

薬用アットベリーとピューレパールの口コミについて検証してみた。

もし、不安であればクリニックや脱毛器を使っての処理を行いましょう。やはり、外部刺激を極力低くするにはそういったやり方が一番オススメです。

化粧や汚れが原因かもしれません

そして、やってはいけないことがあります。脇の黒ずみが目立つと、どうしてもそれを隠すために、化粧やファンデーションで隠す人がいますがやめましょう。理由としては、その後しっかりと洗い流さないと、その汚れが毛穴に詰まって、黒ずみやニキビの原因になります。

脇という部分は、特に発汗性が高く、皮脂も多く分泌される部分ですので、なかなか清潔にしにくい場所でもあります。その上に、ファンデーションなどであえて汚れをつけるのは最悪なのです。もともと、衣類などの汚れ、皮脂汚れ、古い角質が貯まりやすい場所ですので注意しましょう。

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る