叶姉妹 お肉ダイエットの方法。鉄板効果の5つの法則を教えます!

Pocket

<今月のおススメ情報>

【全国展開】薄着の季節になる前に10kg痩せエステ!今ならお試し3,000円!

【イチオシ!】スリムビューティハウス 骨盤ダイエットBeautyコース【500円体験】

【限定】ぷにぷよ本気でやばいかも!ダイエット青汁 ラクトクコース630円!!

 

叶姉妹オフィシャルブログ「ABUNAI SISTERS」

叶姉妹オフィシャルブログより

叶姉妹は、そのライフスタイルや発言などでいつも私たちに話題を提供してくれます。年齢非公表なのであくまで推測ですが、それなりのご年齢にも関わらず、美貌を保っています。

いくらお金をかけても、本人たちにその気がなければあの美貌はキープできないと思います。彼女たちは一体どのような方法を実践しているのか調べてみました。

叶式「お肉ダイエット」・5つの法則

1.肉を食べる前に、少量のレモン入りの水を100mlくらい飲む。

lemon_water

レモンには消化不良や吐き気胸焼け改善などの効果があります。定期的にレモン水をのむことによって、腸が効率的に動くようになり、老廃物の排出を促してくれます。また、レモンは血液.のデトックスにも役立ちます。他にも肝臓強化にも有効で、レモン汁には胆汁を作るお手伝いをする役割もあるので、食べ物を消化しやすくなります。

2.その次にトマトやレタス、ブロッコリー、アスパラガスを少量食べる。

ryokuoushoku_yasai

緑黄色野菜を主食の前に食べることによって、血圧の上昇を緩やかにします。また、これらの野菜には高いデトックス効果が期待されています。

『血液をきれいにする』

体内の毒素(活性酸素)は血液にも入り込んで、体中に運ばれてしまいます。毒素が血液にたまらないよう、血液をきれいに保つのはとても重要。動脈硬化や脳卒中予防にもつながります。

スポンサーリンク

『抗酸化作用』

体内にたまった毒素とは、活性酸素と呼ばれる、体内をサビつかせて、老化のもと、病気のもと、悪くするとガンのもととなってしまいます。抗酸化物質でデトックスする食材は、これらと闘う抗酸化物質を多く含んでいます。

3.肉を一度に食べる量は、約120gまで。

niku

  •  牛肉120gあたり=445kcal
  •  豚肉120gあたり=464kcal
  •  鶏肉120gあたり=240kcal

肉にはダイエットには欠かせない基礎代謝を促進させる脂肪燃焼効果があり、タンパク質、コラーゲンを摂取し、新しい細胞の活性化につながる大切なビタミン類も豊富です。しかし、摂取し過ぎるとカロリーオーバーになる為、量を制限する必要があるのです。

4.パンや白米は食べても良いが、最後に食べる。

bread

ダイエット中に炭水化物は摂取しないという思考の方も多いと思いますが、一つの栄養素を絶つというのは栄養バランスが崩れやすくなり、素人では体調管理が難しくなる恐れがあります。少量かつ、食べるタイミングを決めて食事されるとよろしいでしょう。

5.デザートも食べて良いが、糖質と脂質の吸収がされやすい物はなるべく避ける。

wagashi2

甘いものなら和菓子を選びましょう。和菓子は洋菓子と比較すると太りにくく血糖値を上げにくいといえます。和菓子は砂糖で甘さを出していますが、脂肪分が少ない為カロリーは低くなっています。反面、洋菓子はバターや生クリームを多く使い、カロリーが高くなっています。

和菓子は小豆や寒天をよく使います。これらの食品には食物繊維が多く含まれています。食物繊維には、血糖値の上昇を抑えたり、便秘の解消や血中コレステロールの上昇を防ぐ働きがあります。このようなことから、和菓子は太りにくいと言えるのです。 

まとめ

恭子さんも美香さんも、実は特別なことしているのではなく、きちんと論理に則った方法でスタイルをキープされていることが理解いただけたと思います。あと、秘訣を敢えて付け加えるなら、美への向上心がすごいのではないでしょうか。皆さんも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  2. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  3. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  4. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  5. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る