膝の黒ずみの原因は?ケアクリームで治療は可能?

Pocket

スポンサーリンク




膝の周りにできる黒ずみ非常に気になりますよね。特にこれは男性ではなく女性に非常に多いです。夏等の露出が多い季節に、短パンをはいている女性は美脚がキレイ!と思ったら膝の黒ずみが…


asi

そんな風に思ったことはありませんか?中身は膝の黒ずみを見られたくないので、夏でも一年中、長ズボンしかはかないという方もいらっしゃるかと思います。確かに、顔と比べると意識しにくい場所ですので怠りやすいんですよね。また、長ズボンを履いていればそこまで気にしなくても人に見られませんしね…

ところが、ずっとケアを怠っていると、この黒ずみも、初めは大したことが無かったと思ったら次第に偉いことになるなんてことも…そうならないためにぜひ、あまり目立たない部分かもしれませんが、膝のケアをしっかりと行いましょう。そこで、今回は膝の黒ずみのケア法と、原因について注目していきたいと思います。

なぜ膝に黒ずみができてしまうのか?

これは膝に限らないことなのですが、関節稼働部位は、少し赤かったり、黒っぽかったりしませんか?黒ずみがないという方もほかの部分とよーく見比べてみてください。なんか色違いますよね?

黒ずみのできる原因の多くは、紫外線や外部刺激により、メラノサイトからメラニンが生成されてしまうことです。しかし、膝の黒ずみは長ズボンをはいている人でもなることがあります。紫外線の影響を受けないのにもかかわらずなぜ、黒ずみになってしまうのか?

膝などの関節部位は普段から刺激を受けています。たとえば、曲げる伸ばすを、繰り返すだけで肌に刺激を与えます。これによりメラニンが生成されてしまいます。

しかし、膝とう部分は本来、体の中でも、皮脂が少なく、発汗もしにくいです。つまり、水分が少ない場所なので刺激に対し弱いのです。ところが、おしゃれをする人は、あえて、ピチピチなジーンズを履く、脚を組むで膝に摩擦を加えてしまったり…

また、活発な人によくありがちなのですが、走って転んでしまい、膝をぶつける、椅子など障害物に膝をぶつける、などするとそれが刺激となりメラニンが生成され黒ずみになることもあります。つまり、膝は目立ちはしませんが、色んな要因で刺激を受けやすい部分なので、痛めたり、刺激を受けるというのには十分気をつけましょう。

スポンサーリンク

膝の黒ずみがを治療ケアする

黒ずみクリームやジェルなどを膝に塗って黒ずみを改善することは効果的です。特に良いものであれば成分が浸透してくれますので効果自体はあるのですが、それでも、日常生活を改善しない限りなかなかケアすることはできません。

日常生活や自分の習慣を見直したうえで膝のケアを行いましょう。というのは、例えば活発な人は、先ほどのように障害物に膝をぶつけることが多かったり、それがもう、黒ずみの原因になりますし、後々ひざ痛にも関わります。

膝を障害物へ衝突させるほどでなくとも、たとえば、人によっては変な癖で、机の下に膝を擦り合わせるのが好きだったり、痒くもないのに手で膝をかいたりするのが好きだったり、変な癖がある人いますよね。それらも、皮膚への刺激になるのでメラニン生成の原因です。

クリームやジェルに頼る前に、まずはこの癖を直しましょう。もし、既に黒ずみであるならなおさら改善は必要です。放置しておくとどんどん角質が硬くなり、黒ずみが悪化してしまいます。

つまり、既に硬くなった角質を改善するには柔らかくする作業が必要になります。それには、お風呂にゆっくりとつかり、血行を良くすることで柔らかくなります。たまに、スクラブで膝を洗い、角質を落としましょう。ただこれはやりすぎてしまうと、逆に黒ずみになってしまいますので1週間に1~2回程度にしておきます。

良く、石で膝を擦る人もいますが、あれも、毎回やっていたら角質を厚くするのであまりオススメできません。どうしてもやるのであれば石よりも刺激が弱い、スクラブにしましょう。

それが終わったら、水分が少ない膝にはとくにありがたい化粧水を浸透させます。浸透させたら、それが蒸発しないように、クリーム、オイルでコーディングしましょう。例えばこちらのジェルなんかは一つで、浸透とコーディングの効果がありますのでオススメします。【薬用アットベリー】

膝の黒ずみを意識することがケアのポイント

顔と違ってあまり気にならない部分ですのでやはりケアを怠ってしまうのが本当のところかと思います。しかし、膝の黒ずみも厄介で放置しておくと、それが酷くなります。

自然治癒できるとはいえ、それは適切な対処を行ってからの話しです。何もしなければずっと黒ずみが治らないどころが悪化していきます。それをケアするには日常からほんの少しの意識改革を行うだけでいいのです。

意識改革を行うことで、お風呂でのケア、摩擦を与えないケアなど行うようになりますのでしっかりと膝の黒ずみの改善を行っていきましょう。

 

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る