パスタのカロリーは100gあたりいくら?低いメニューは?太らない食べ方は?

Pocket

↓↓【限定】秋~冬の敏感・乾燥肌へ!↓↓
【インナードライ対策訴求】アヤナストライアルセット

pasta1

パスタは手軽に作れますし、外食でもおいしいお店が多いので、つい食べたくなるメニューですよね。しかし、ダイエット中は、カロリーが気になってしまうのも事実。そこで今日はパスタのカロリーや太らない食べ方などついて調べてみました。

1)パスタのカロリーは100gあたりいくら?

 乾麺100g(378kca)を茹でると100gあたりで148.9kcalです。

 ちなみに他の食品を比較してみると・・・

食品(100g)

カロリー

食パン

264kcal

白米

168kcal

蕎麦(茹で上がり後)

144kcal

うどん(茹で上がり後)

126kcal

 という結果になりました。

 私達日本人の主食である白米よりカロリーは低いようです。

2)カロリーが低いメニューは?

 パスタで最もメジャーである三つのメニュー(カルボナーラ、ペペロンチーノ、ナポリタン)を取り上げ、カロリーを比較してみましょう。

食品(100g)

カロリー

カルボナーラ

211kcal

ペペロンチーノ

182kcal

ナポリタン

168kcal

カルボナーラはパルメダンチーズやクリームなど乳製品を材料とする分、高カロリーになってしまいます。ペペロンチーノもオリーブオイル(10g=92kcal)を使用するので高カロリーです。

最もカロリーが低いメニューというのが、ナポリタン。

ナポリタンは他のメニューとは違い、野菜やキノコを入れますね。実は、キノコ類は脂肪を燃焼する働きを促進する効果があるのです。そして、ナポリタンに使用されるケチャップソースの原料であるトマトも、脂肪燃焼、美容に良い効果が期待されています。

sp1

 他にも、日本には独創的な和風パスタがあります。

 日本ならではの和の食材を使ったパスタは比較的カロリーは低いと思われます。お勧めするのはチーズやクリームを使わない、キノコや野菜が主なパスタが良いでしょう。

 和風キノコパスタ(100g=134kcal)なんて、いかがでしょうか?

3)太らない食べ方は?

pasta2

 パスタを単品で食事を済ませないことですね。栄養バランスを整えた献立がダイエットを成功させるのです。献立には必ず食黄色野菜を取り入れましょう。

 食べる順序にもポイントがあります。ダイエット中の食事に心がけるのは、「いかに血糖値の上昇を穏やかに出来るかどうか」です。食事の一口目にパスタなどの炭水化物を摂取しては、血糖値が急上昇してしまい太りやすい体質になってしまいます。食事の一口目は、糖や脂肪の吸収を抑える効果がある野菜を摂取しましょう。そうすることで、後から炭水化物を摂取しても血糖値の急上昇は抑えられます。

 過剰な食事制限はせずに、献立と食事法を意識すれば健康かつダイエットに繋がるのです。

*おまけ*~運動時におけるカロリー消費目安~

 余談となりますが、やはりダイエットには摂取したカロリーを消費するだけの定期的な有酸素運動が必須です。食事療法だけでは新陳代謝が良くなるわけではありません。

 そこで、パスタ(100g=149kcal)を消費するのに必要な有酸素運動の目安を示します。

ウォーキング56分

階段上り19分

ジョギング34分

水中ウォーキング42分

自転車21分

水泳21分

なわとび17分

エアロビクス26分

ストレッチ67分

ボクササイズ28分

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  4. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  5. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  6. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  7. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  8. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る