抜け毛対策にオススメの発毛&育毛サプリメントとは?

Pocket

スポンサーリンク




抜け毛、薄毛は深い悩みですよね。若いころは髪の毛がフサフサで抜け出なんて意識しなくても、20代後半ぐらいになると、久しぶりに昔の友人に遭ってみたら、随分薄くなっていたとか…


kami
そのため、髪の毛を意識するようになり、皮膚、毛穴の汚れを落とす洗い方、良いシャンプーと使ってみる、発毛、育剤を使用してみるとかあるかもしれません。もちろん、そのようなケアも重要とはいえるのですが、食生活も非常に大切です。例えば髪の毛に良い食べものを摂取するとか。

そこで、今回は発毛や育毛に有効なサプリメントを紹介したいと思いますのでご覧ください。

発毛や育毛に効果的なサプリメントとは?

発毛や育毛に効果的だといえるサプリメントは、頭皮を健康に保ったり、髪の毛を育てる成分が含まれています。その他、新陳代謝の促進を促したりすることで髪の毛をふさふさにすることができると考えられます。

アミノ酸
アミノ酸であればサプリメントの中でそこまで珍しいものでもありませんし、比較的日常の食品からでも摂取することが可能です。特に、豆腐などの大豆製品や食肉、魚肉はバランス良くアミノ酸が含まれていますので比較的摂取はできるかと思います。

しかし、忙しいこの世の中で、こういった食品を食べることができないという場合は、サプリメントをオススメします。髪の毛を作る上で必要なのはケラチンです。ケラチンは18種類のアミノ酸が結合してできたもので、一つでも欠乏すると生まれません。

ですのでかなり貴重なものなのです。特に、この18種類のアミノ酸の中でメチオニン重要だといわれています。そして、必須アミノ酸は体の中で作ることができないのでサプリメントや食品から摂取しなくてはいけません。

ところがこれは、悪魔でも髪の毛を作るものです。いくら髪の毛を作ることができても、血行が悪かったり、老廃物を排泄することができなけえば毛根の健康維持は難しくなります。

つまり、髪の毛を作ることも重要ですが、毛根などの頭皮の健康を維持することも重要になってきます。そこで、システインで肌や髪の毛の新陳代謝を促進したり、タウリンで血行の流れをよくして老廃物の排出を行います。そして、アルギニンを摂取することで血管を拡張し血液の流れを促進します。これで頭皮や髪の毛の健康を促すことができます。

ミレットエキス
こちらは、先ほどお話しした髪の毛を作るアミノ酸の一種である、メチオニン、そして、シスチンが含有されています。もともとはキビからつくられたエキスで、ヨーロッパでは「飲む育毛剤」などといわれているほど効果が期待できるもの。

もちろん、栄養素はこれだけではなく、ケイ素が含まれています。ケイ素は髪の毛においてどんな役割を果たすのか?コラーゲンの結合を強化してくれますので強い髪の毛を作ることができるのです。

ケイ素が不足すると髪の毛が抜けやすくハゲやすくなります。最後にローズマリー酸というものです。これがミレットエキスの中に含まれているため、使用することで、血行の促進で頭皮、毛髪の健康を維持することができます。

亜鉛
これも強い髪の毛を作る上では重要な役割を果たしております。例えば髪の毛の保護を行うキューティクルの生成に関係していたり、新陳代謝の促進を行い毛母細胞の分裂を行うという役割もございます。

しかし、残念なことに亜鉛は摂取を行っても排泄されやすいと同時になかなか普段の食事でこれを摂取するとなると難しいのです。そこで、やはり亜鉛を摂取する場合サプリメントをオススメします。

スポンサーリンク

やはりサプリメントは過剰摂取に注意!

基本的にはサプリメントよりも食事から摂取することをオススメします。特にアミノ酸の場合は、大豆類、肉類、魚介類をバランスよく食べていれば摂取は可能です。しかし、どうしてもそれができないという場合や補助食品としてサプリメントを摂取します。

アミノ酸は人間の体を作っているたんぱく質の素で、過剰摂取しても体外へ排出されるだけです。けれども、育毛や発毛によいといわれているアミノ酸だけを摂取しているとバランスが崩れてしまいまして、腎臓や肝臓への負担が懸念されます。

特に、腎臓や肝臓が悪い方、妊娠中の方はアミノ酸のサプリメントを飲む場一度医師と相談してからにしてください。亜鉛は金属で体にたまりすぎると毒になるのではないか?と心配される方もいらっしゃるかもしれませんね。

もちろん、過剰摂取は副作用を起こしてしまいます。しかし、ミネラルの中でも毒性が低いのと、過剰摂取したところで排泄されやすいためあまり気にしなくても大丈夫かもしれません。

ただ、当然ですが一度に、相当量摂取してしまうと、倦怠感、発熱、頭痛、嘔吐をおこす危険性がありますし、亜鉛の過剰摂取により銅の吸収率が弱くなると髪の毛がもろくなりますので、せっかく強い髪の毛を作ろうと亜鉛の摂取を行っても残念な結果になりかねませんので、そこはバランス良く、記載されてある用量用法を守りうまく活用していくことがベストな選択肢です。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る