運動前やトレーニング前によい脂肪燃焼効率の高い食事とは?

Pocket

<今月のおススメ情報>

↓↓ぷよぷよ本気でやばいかも・・↓↓
バナー原稿imp

【全国】夏本番!急いで10kg痩せエステ!限定3,000円!

体脂肪を効率よく燃焼させるには?

ws


運動を行うとエネルギーを燃焼させることができます。このエネルギーというのが脂質や糖質です。ダイエットに関してこの二つの中でもやはり体に蓄積された脂肪を優先的に燃やすことで効率よく痩せることができると考えられます。



では、どのようにすれば、体に蓄積された脂質を燃やすことができるのでしょうか?答えは簡単で血糖値が下がった状態にすることです。まず、体脂肪の特徴として燃焼されるうえで糖質より時間がかかります。つまり、優先的に燃えるのが糖質なので、血糖値が上昇していると糖質は燃えますが脂質が後回しになります。



その運動を行った割には蓄積された脂肪が燃えないケースが考えられます。さらに、低血糖状態にすることで、脂肪細胞からエネルギー変換を行い、血糖値を安定させようとグルカゴンが分泌されます。このグルカゴンが脂肪分解酵素であるリパーゼを活性化させます。



すると、体脂肪が脂肪酸、グリセリンへと分解され血中に溶けだします。その結果、血管を介して体中の筋肉に運搬されエネルギーとして使われるのです。ですから、低血糖で運動を行うことで効率的に脂肪の燃焼が期待できるといえます。





運動前にご飯を食べないほうがいいのか?

gohan


以上の話からも血糖値が上がっているとまずいということになります。ところが食事を行えば基本的に血糖値は上昇します。特にわれわれが日常から食べている白米などはその力が非常に強いです。糖質を摂取し血糖値が急上昇すると、膵臓からインスリンが分泌されます。



このとき、血液中に流れている糖質は運動によって優先的に燃焼されますが、エネルギーとして使いきることができなかったものは脂肪としてため込まれます。ですので、われわれの身の回りにたくさんある糖質を摂取するのはダイエットの敵を作ることになります。



では、運動する前にはご飯を食べないほうが良いのか?いいえ、確かに低血糖を維持すれば脂肪を燃やしやすくできますが、あまりにも低血糖の時間が長引くと筋肉がエネルギー変換されますのでいけません。



つまりは、バランスが重要なのです。血糖値を急上昇させる行為は行けませんが、糖質を緩やかに上昇させ、インスリンも緩やかに上昇させるような食事を行えば運動やトレーニングのエネルギー不足にならないうえ、太りにくいと考えられます。





スポンサーリンク

GI値が低い炭水化物を食べる

genmai


これは、運動前でなくてもダイエットや健康においては基本的な要素です。それこそ、運動しない普段の状態で血糖値を上げてしまいますと太りやすくなります。また、血糖値が急上昇するということは体にも負担をかけることになりますので健康的な生活を送るのであればGI値が低い食事をしましょう。



GI値とは食後の血糖値の上昇を数値で示したものです。つまりは、この数値が低い食事を行えば、それだけ血糖値もインスリンも上昇を低くおさえることができるという仕組みです。しかし、ポイントはいくらGI値が低いからといっても腹もちが良くなければ空腹に襲われます。ですので、玄米、雑穀米、全粒粉のパン、ライ麦パン、さつまいもといった炭水化物を摂取しましょう。



もちろん、炭水化物はエネルギー源です。GI値が低く、血糖を急上昇させないとはいえそれだけ食べるのは栄養価が高いとはいえませんので、野菜、果物、タンパク質、食物繊維もしっかりと摂取するようにしましょう。



また、運動前にタンパク質を摂取することでエネルギー不足になり筋肉を分解するということがなくなりますし代謝が上がります。逆にタンパク質が少ないと代謝が低くなります。そういった意味では十分にタンパク質を摂取しておかないといけません。



さらに、タンパク質は筋肉の代謝を高めるうえで重要な栄養素の一つではありますが、そのほかにビタミン、ミネラルも非常に重要です。これが不足しているから代謝が低い人も多いわけです。ですから、必ずエネルギー(糖質・脂質)、筋肉(タンパク質)、代謝アップ(ビタミン、ミネラル、食物繊維)をバランスよく摂取することがダイエットにおいて重要といえるのです。

次は「プロテインとサプリメントを活用する!」「脂肪燃焼効果の高い食品を摂取」についてお話いたします。

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋は?

スポンサーリンク

Pocket

ページ:

1

2

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  4. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  5. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  6. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  7. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  8. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る