8時間ダイエットの効果的な方法について解説いたします!

Pocket

↓↓【限定】忘年会の食べ過ぎを取り返す!↓↓
ファンケルの大人のカロリミット(

8時間ダイエットってなに?

tokei


アメリカで誕生したダイエット方法で「無理せずに痩せられる。」ととても話題を呼んだダイエット方法です。確かに無理なく痩せることができればそれは素晴らしいことです。しかし、実際そんなことが可能なのでしょうか?



ダイエットといえば、ある程度の食事制限や運動を取り入れることで成功するのが一般的なイメージですよね。ではそんな8時間ダイエットとは一体どういったものなのでしょうか?とても簡単な方法でありまして、「朝昼晩合わせて8時間以内に食べ終えてしまう。」というデイビッド・ジンチェンコさんが考案したダイエット方法です。



1 1日の食事を必ず8時間以内に食べ終える

2 糖質を抑えタンパク質中心の食事にする

3 食事の時刻は毎日同じ時間帯にする

4 カロリーの過剰摂取に気をつける

5 遅くても12時~20時の間には食べ終える



と、これをみる限りですと4つのルールがございます。ただ、運動についてはないためそれは無視しても良いみたいです。ですが運動をする必要がなくて比較的簡単なルールでもダイエット初心者には少し難しいような気もします。



特に、現代人は毎食同じ時間にご飯を食べることは困難ではないでしょうか?もし、すべて守ることができないのでれば、1の「1日の食事を必ず8時間以内に食べ終える」と5の「遅くても12時~20時の間には食べ終える」だけを抑えれば問題ありません。



理由は、このダイエット自体が8時間で食べ終えるということで効果を発揮するということ、20時以降にご飯を食べると良質な睡眠がとれなかったり代謝低下の問題でダイエット効果を下げるのです。ですから最低でもこの2つのルールは守りましょう。

8時間ダイエットはどうして効果的なの?

odoroki


どうして1日の食事を8時間以内に変えるだけでそこまでダイエット効果が期待できるのでしょうか?もちろん、ポイントの中で夜の20時以降はなにも食べてはいけないというものもございます。それに、一応そこまで厳しい食事制限はルールにはございません。



しかし、だからといって糖質中心にしてはいけません。8時間ダイエットを実践しても、1のルールしか守らず、ガンガン糖質を摂取していてはそれは太ります。事実8時間ダイエットを行っても痩せなかったり失敗するという例はそれです。せっかくであれば8時間ダイエットを実践するのであれば成功していただきたいので「なぜ痩せることができるのか?」その理論を解説いたします。

sp1

12~16時間の断食

食べる時間を8時間以内にすることで、12時間~16時間断食を行うことができます。もちろん、睡眠中も含めますが、この時間帯にグレリンという若返りホルモンが分泌されます。グレリンは美肌を作る上では持ってこい!のホルモンでいくら美容に良い食べ物を食べても空腹時でないと分泌されにくいのです。



そういった意味で断食は美を作る上で有効です。それに、1日かけてだらだら食事をしてしまいますと余計なものを食べてしまいカロリーオーバーになるケースもございます。それに消化が間に合わず食べたものが脂肪として蓄積される場合もあります。ですが、これだけの空腹時間を設けることで消化が促され内臓を休ませそれらの機能を向上させることができます。



内臓機能が向上すれば体に蓄積された毒素も排出されやすくなります。またそれと同時に代謝も促され脂肪が蓄積れにくくなり痩せやすいダイエット体質を作ることができます。

ビーマールワンというタンパク質

ビーマールワンというタンパク質をご存知でしょうか?現代人には多い夜遅くの食事を行うと「太る」と言われていますが、その秘密がこのビーマールワンというものです。夜中の22時頃になるとビーマールワンが分泌され始め、深夜の2時~4時ごろが増加のピークです。



これは、脂肪細胞の中でコレステロールや脂肪酸の合成を促し体に脂肪をため込もうとします。つまりはダイエットの天敵!ただでさえ代謝が落ちている時間帯なのにこんなものが分泌されてしまうということは夜は太りやすいのです。その時間帯にガンガン食事をしていたら太るのも当たり前です。ですから8時間ダイエットを行うなら「20時以降は何も食べない」というポイントを守る必要があります。

朝方スタイルへシフトチェンジ

夜の8時までにご飯を食べ終えておく必要があるため遅くご飯を食べる人は早くご飯を食べるようになります。夕ご飯を食べた後すぐ眠るのはいけませんが、ずっと起きているということはないでしょう。もうやることは眠ることしかありませんよね。



結果的に朝方スタイルにシフトチェンジすることができます。人間はもともと日が沈んだら眠り、日が昇ったら起きるようにできています。ですから朝方にすることで体調も良くなります。もちろん、代謝もアップしますのでダイエットにはやはり朝方になることをオススメします。



次は8時間ダイエットを成功させる4つのポイント!について解説いたします。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



おすすめ関連記事

Pocket

ページ:

1

2

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  4. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  5. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  6. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  7. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  8. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る