蓄膿症の原因と症状を解説します!治療法は漢方薬がオススメ?

Pocket

<今月のおススメ情報>

肌に優しくする〜りoff!Cuoriクレンジングバター送料無料 1,350円!

潤い敏感肌ケア<<つつむ>>2週間トライアルセット送料無料1,470円

【限定】ぷにぷよ本気でやばいかも!ダイエット青汁 ラクトクコース630円!!

 

蓄膿症とはどんな病気?

hana
副鼻腔に炎症がおこる病気で、蓄膿症のほか副鼻腔炎とも呼ばれることがあります。鼻の中には、副鼻腔という粘膜がたくさんございます。しかし、鼻腔に炎症が起こるとそれが、副鼻腔まで発展することがあります。それを蓄膿症もしくは副鼻腔炎というのです。

しかし、蓄膿症というと、一般的にはこの副鼻腔炎のこと指すのですが、医学的には、「胸腔(膿胸)」「子宮(子宮蓄膿症)」「虫垂(虫垂炎)」「髄膜(硬膜下膿瘍)」「関節(敗血症性関節炎)」「胆嚢」といった場所にも発症します。

また、一見すると男性に多いようにも思えますが、そんなことはなく、女性、子供でも普通に発症する病気ですが、2007年には「副鼻腔炎診療の手引き」、2010年には「急性鼻副鼻腔炎ガイドライン」が発刊されました。これにより、治療の精度がずいぶん向上したといえます。


蓄膿症の種類!原因と症状を解説します。

roku
簡単にいえば、体の中に膿がたまる病気なのですが、基本的には既存の体腔に膿が蓄積された状態のことを指し、新しくできた空洞に膿がたまるのは蓄膿症とは別物です。そんな蓄膿症には、6つの原因に応じて分類されております。簡単にまとめてみましたので参考にご覧ください。


種類 原因・症状
急性副鼻腔炎 風邪やインフルエンザウイルスが鼻の粘膜へ侵入したことがきっかけで、炎症になり膿んでしまいます。大半は、ブドウ球菌、肺炎球菌、インフルエンザウイルスによるものです。症状としては鼻に痛みを訴えたり、黄色い鼻水(膿や血液が混ざった状態)が出ます。酷い場合は目や脳まで発展することもありますので軽視できません。
慢性副鼻腔炎 風邪やインフルエンザが治っても急性副鼻腔炎が治らずそのまま続き慢性化してしまった状態です。原因は、急性副鼻腔炎を発症したときに膿が蓄積されそれが排泄されにくくなったため発症します。慢性化してしまいますと大変で、粘膜に腫瘍ができたり気管支喘息へ発展するリスクも伴います。
小児副鼻腔炎 基本的に小児などの子供が発症する副鼻腔炎で原因は花粉症などのアレルギー性鼻炎から発展することが多いです。ただ、これはそこまで重たいものではなく、薬物投与で比較的簡単に治療できます。
好酸球性副鼻腔炎 好酸球という白血球の一種が炎症を起こし副鼻腔炎になった状態です。これは、鼻茸というポリープが良くできる傾向にあります。そして、喘息や味覚障害へ発展することがあります。さらに、なかなか治りにくいというのが少し厄介なところです。
副鼻腔真菌症 真菌というカビの一種が副鼻腔に侵入し炎症を起こした状態を指します。一般的には片側の鼻のみに発症します。原因は真菌(カンジダ、アスペルギルス、ムコール)といったもので、糖尿病患者の方は併発しやすいです。危険リスクとしては副鼻腔の骨を壊してしまうことがありますので要注意です。
気圧性副鼻腔炎 飛行機、電車などの乗り物、水泳、潜水を行った場合、急激な気圧の変化により副鼻腔に炎症がおこり膿んだ状態になります。

 

蓄膿症はどうやって治療すればいい?

iryou

スポンサーリンク

自然治癒

酷い場合は薬もしくは手術になるのですが、そこまで酷くはないまだ初期の状態であれば自然治癒で十分治すことができます。たとえば、先ほど挙げた6つの蓄膿症の原因のうち、5つは免疫力の低下や体の誤作動から起こっているものです。

一つだけ、物理的要因で生じていますが、基本的に人間は食べるものを改善すれば体調も良くなりますし、病気もすぐに治療できますし、自然治癒が可能なのです。それを習慣化していけば病気になりにくい体を手に入れることができます。

まず基本的なことですが、ライフサイクルの見直しです。毎朝決まった時間に起きて、睡眠を十分に取ること。そして、体の栄養を一気に消耗してしまうタバコをやめましょう。食生活であれば炭水化物は玄米を中心にして、野菜果物でミネラルを摂り、豆腐、大豆類でたんぱく質を摂取しましょう。

気をつけていただきたいのは、牛乳は飲まないようにしましょう。アレルギーの原因となります。詳しいことはこちらで解説させていただきました。アミノ酸の種類(必須・非必須)を含む食品と素晴らしい効果について。

そして、空気をきれいにすることです。特に部屋の空気はすぐに汚れます。埃やダニのフン、死骸が混ざったものを常に吸っているため副鼻腔も肺も汚れていきます。お勧めなのは毎日部屋の空気を入れ替えることと、外で布団をほうきで掃くこと。その上で高品質な空気清浄機を導入することです。

これと同時にやるべきことは、鼻洗浄です。最近では鼻うがいのセットも販売されていますね。ただ、健康のことを考えると一番良いのはやはり塩水で行うことです。ナチュラル志向にこだわるならこちらの動画を参考にご覧ください。

 



蓄膿症を薬や漢方で治す

自然治癒ではもうどうにもならない場合は薬物投与で治しましょう。ただ、薬は有毒物でもありますので、できれば使いたくない第二の手段だと考えてください。たとえば「チクナイン」などの市販薬が販売されてぢますが、蓄膿症を薬で治すには抗生物質も必要になります。

ですから、自分でいろいろな薬を試すのはかなり危険リスクが伴う話。それであれば、初めから薬剤師さんに相談してみるとか、お医者さんに行って薬を処方してもらったほうが手っ取り早いです。また、薬よりも漢方薬を選びたいというのであれば、これも何が効くのか?ネットで調べるよりも漢方薬局へ行って症状を伝え処方してもらったほうが早いです。

蓄膿症を手術で治す

通常、蓄膿症で使われるマクロライド系抗菌薬を投与することで蓄膿症は改善されていくといいます。また、9割の患者さんは薬物投与で治ります。しかし、肝機能異常といった副作用もございますし、何よりも鼻ポリープができてしまったら薬では難しくなります。

そこで、手術となるのですが、昔は歯ぐきをはぎ取り、副鼻腔の粘膜をはぎ取るという恐ろしいことをしていたのですが、最近は医療の進歩とともに、手術も患者さんにそこまで負担をかけずにできるものとなりました。内視鏡下鼻内副鼻腔手術で簡単に鼻ポリープを切ってくれます。

だからといって気軽にできるものでもありません。周囲には視神経や脳が隣接しているため間違えてしまったら大変なことになります。ですからあらかじめ内視鏡医師で口コミが良いところや成功事例の多い病院を選んで手術を受けると良いでしょう。

スポンサーリンク

Pocket

サボテン丸

サボテン丸あっとえんざいむ編集部の一員

投稿者プロフィール

あっとえんざいむでは主に病気カテゴリーを中心に書いております。
サボテン丸ってあだ名は適当に命名されました笑

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  2. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  3. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  4. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  5. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  6. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る