鼻のニキビ跡を治療する!自力で消す方法とは?

Pocket

<今月のおススメ情報>

ぷにぷよが本気でやばくなる前にチェック! ↓↓バナー原稿

【15日間お試しセット980円】燃やす×抑えるでスリムボディ!デュアスラリア

【☆一番おすすめ!】30万人が体験した骨盤ダイエット!【今なら500円】


「ぽつん!」と鼻の頭にできてしまったニキビ、赤くいたいので辛いですよね。ニキビは治った…でもへこみがいつまでも治らない…こんな経験はございませんか?しかも、鼻という非常に目立つ場所です。





nikibi




赤いニキビがぽつんと鼻の頭にできるのも嫌ですが、このようなへこみが治らずずっとあるのはある意味もっと嫌かもしれませんね。なんとかして、この鼻ニキビの跡であるへこみを改善したいものです。そこで、今回は鼻ニキビ跡を自分で治療する方法を紹介いたしますのでご覧ください。

鼻ニキビ跡の基本的なケア

まず、鼻ニキビ跡ができてしまったらかなり厄介です。自力で完全に治療することはなかなかできないかもしれません。理由としては、凹凸になっている場合、その部分の皮膚組織が死んでいる状態なのです。



これが深くなくて、浅いものであればあるほど治療は楽です。ターンオーバーを促進し、角質の除去を続けていけば次第に目立たなくなります。ターンオーバーの促進を行うには、保湿をしっかりと行う必要があります。



そのため、ローションやジェルなどでしっかりと水分を与えましょう。あとは、ビタミンAやビタミンB群といったものは新陳代謝を促進するので積極的に摂取しましょう。対象となる食べ物はこちらです。



また、一番良いのは、鼻のニキビ跡を作らないことです。これができるほどんとのケースは、鼻ニキビができてしまったときに、黒ずみ、角質、瘡蓋を無理に剥いでしまったり、気になって潰してしまったり、



汚れている手でいじったりし炎症を起こしてしまったり…とにかく鼻ニキビの段階でやってはいけないことをしてしまうと跡ができやすいです。鼻ニキビになったら十分な保湿を与え、優しく改善を行います。ちなみに鼻ニキビの対策はこちらになります。

 

高濃度レチノール配合のコスメ

レチノールとはビタミンAの一種で、皮脂の分泌を抑制、ターンオーバー促進などの効果がありますのでとにかく鼻ニキビ跡が酷い場合はこれを使用することをオススメします。



新陳代謝を上げるビタミンAを直接浸透させることで新陳代謝が促進されます。また、このレチノールの中でも高濃度レチノールが配合されているコスメを使用した方が効果が期待できます。



ものによっては、皮脂線の働きを抑制し、毛穴を小さくしたり、コラーゲンを増加しさらに美容効果が期待できるものがあります。また、ニキビケアのアクネローションと一緒に使用することでプラスアルファの効果が期待できます。

スポンサーリンク

 

日常のケアが大切でもある

以上のように化粧水を浸透させることで、新陳代謝を高め少しでも早く角質を落とすことは大切ですが、できてしまった鼻ニキビの跡、凹凸でとても気になるかと思います。



ただ、鼻ニキビと同じでいくら気になるからといってそれを汚れている手で直接触ると悪化させてしまいますのでできるだけ触れないようにしましょう。触れる場合は手を清潔にしたり、コットンにアルコールを含ませて触る等工夫を凝らします。



そして、普段の生活の中で重要になってくるのは睡眠や食事です。まず、睡眠においては、お肌のゴールデンタイムといわれる、夜22時~深夜2時までには就寝しておきましょう。このとき、新陳代謝が一番高い時間で、さらには成長ホルモンが分泌されますので若返りの効果が期待できます。



次に、食事ですが、アルコールの摂取、油っこい食事を控えます。あとは、喫煙、日焼けにも気をつけ、メイクをしたまま眠らないようにしましょう。これら全て、肌荒れやニキビの原因、体調を悪化させる原因になります。



寝る時間と食事がニキビ改善の基本的な考え方です。遅くまで起きている人は早寝早起きを心がけましょう。そうすることによりお肌だけではなく、体調も良くなりますので全てにおいて健康的になれます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  4. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  5. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  6. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  7. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  8. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る