下剤やコーラックでダイエットするのは副作用で身体を壊すだけ!

Pocket

<今月のおススメ情報>

潤い敏感肌ケア<<つつむ>>2週間トライアルセット送料無料1,470円

【全国展開】今年こそはチャレンジ 10kg痩せエステ!今ならお試し3,000円!

【限定】ぷにぷよ本気でやばいかも!ダイエット青汁 ラクトクコース630円!!

 

そもそも下剤ダイエットってどんな方法?

kusuri
ダイエットといえば、結構大変なことです。しっかりと有酸素運動を実践していくことやバランスの整った食事制限を実践していく必要がございます。サプリメントはあくまでもサプリメントでそれを飲むだけでは基本的に効果を得にくいものです。

ところが、薬を飲むだけでもし痩せることができたならどうでしょう?そんな痩せ薬があれば買う人は増えるのではないでしょうか。そこで注目されたのが下剤ダイエットです。

通常であれば食事を行うことで食べたものが消化器官でゆっくりと消化され栄養吸収されていくわけです。ところが、下剤を飲むことでその時間を短縮化できかつ、栄養吸収を邪魔することができます。そして、便秘、便秘ではない関係なしに便の排泄を促せます。

機械的下剤 水分を増やし便を軟らかくさせて排泄を行う。
刺激性下剤 小腸、大腸を刺激して便通を促します。

つまりは、脂質や糖質の吸収も抑え排便を促しますので下剤ダイエット有効と考えられるのですが、正直な話しこれは体を壊すだけなので絶対にやるべきではないのです。


下剤ダイエットのやり方について

toire
各種色々な下剤ダイエットが紹介されています。中には副作用がなく安全性を謳っているものがございますが、それも明確とはいえません。実際に何千回、何万回と数えきれないぐらいの実験を行った上で副作用が出ないというのであればまだ信憑性がございますが…

正直な話し下剤でダイエットすることは不可能です。下剤で出せるものは脂質や糖質ではなくあくまでも便です。たくさんの便を出したところで体脂肪は変わりません。

実践してみて効果が得られたと思ってもそれは便が出ているだけで一時的に体重は少し減るもののすぐに元に戻ってしまいます。なぜなら便の主成分は脂質ではなくタンパク質だからです。

腸が蠕動運動を繰り返し行うことで代謝が促され腸壁がはがれ腸内に蓄積されたものが便です。それなのに便秘薬や下剤を毎日飲んでいれば痩せると思っている人がまだまだ多いようです。であれば、普通にファスティングダイエットを行った方がまだ体のためです。

ファスティングは失敗すると筋肉を減らすことになるので個人的にはあまりオススメはできないのですが下剤よりは全然良くて逆に毒素を排泄できるため内蔵の洗浄に役立ちます。

しかし、下剤やコーラックなどの便秘薬はあくまでも薬です。薬は基本的に人間の体に悪影響を与えるものなので毎日毒を摂取しているようなものです。つまり、下剤で痩せようなんて考えは絶対にやめてください。


スポンサーリンク

下剤ダイエットの副作用
kuyasii

強烈な下痢に襲われる

そもそも便秘薬や下剤というのはどうして使用されるかといえば、便秘で中々便が出ないからそれを薬で強制的に便通を促すというものです。しかし、厳秘でもないのにただ単にダイエットという目的で使用してしまいますとどうなるか?脱水症状や下痢に襲われてしまいます。便が出るほどでもないのに便通が促されてしまったら大変なことになります。

低カリウム血症

カリウムといえば重要なミネラルの一つです。体中のナトリウムの量が多くなるとそれを体外に排出してくれるなどの健康効果が期待できるものですが、便秘薬を使えば下痢と一緒に必要なものまで排泄されてしまいます。ということは高血圧症などの病気や、その他不安、疲労、筋力の低下、麻痺、自律神経失調症などもはやダイエットどころではございません。

低ナトリウム血症

ナトリウムもカリウムと同じように下痢で排泄されてしまいます。もちろんナトリウムは過剰に摂取することで体を壊すものではありますが逆になさ過ぎるというのも体を壊す原因です。

スポーツなどを行っているとナトリウムが不足してしまい病院へ運ばれてしまう等といった事故は良くあります。運動もしていないのにそれと似たようなことが起こります。まずは倦怠感、疲労感、そして頭痛など体調が悪くなり、最悪のケースは腎不全や痙攣して意識を失います。

便秘が悪化する

便秘気味だからといって便秘薬に頼ってはいけないとはいいますがそれがこれです。何度も何度も下剤を使用していると腸の機能が低下してしまい便を排泄する力が次第になくなって行きます。

結果便秘で無い状態から下剤なんか服用していたら次第に便秘になってしまいます。また、下剤は腸への負担が大きいので大腸メラノーシスという病気の原因になります。これは大腸が黒色化してしまい大腸のもともとあった機能を低下させ大腸がんのリスクを大幅に高めてしまいます。

下剤ダイエットの末路

下剤やコーラックを使用してダイエットを行うとこのように怖い副作用を招いてしまいます。ただそれだけではなくこういったダイエット法は体重が常に変動します。下剤を使った直後は体重が減っていても、またすぐに戻るの繰り返しですからなかなか結果も出ません。そのことから摂食障害へ発展する危険性も考えられます。

それに、下剤でもしやせることができたとしてもあまりうれしいことではないかと思います。下剤ダイエットの成功者の顔をみればわかります。薬で痩せるわけですので健康的な痩せ方はしません。

げっそりとしていて病的な痩せ方をします。顔の肌のつややハリ、潤いがなくなり、頬や目の下にはくぼみができたり、場合によってはシワやシミもできます。

なぜかというと、下剤ダイエットは結局、摂取すべき栄養も摂取できなります。脂質や糖質の吸収を下剤で抑えるといいますが、それと同時にビタミンやミネラルの吸収も邪魔されます。ですから栄養不足になる、腸は壊れる、といった悪循環に陥ります。


やはり健康的でキレイに痩せるのが一番!

tore
薬を飲んで痩せるということは先ほども述べた通りに病的に痩せることです。それに苦しい思いをする割には効果がほとんど得られません。それで自分の腸を壊すリスクを考えれば絶対にやめておいた方がよいでしょう。

ダイエットは栄養バランスの高い食事、適度な運動を長期間行うことができれば比較的痩せることができます。あえて危険な想いをするぐらいであれば健康的に確実に効果が出せる方法を実践していきましょう。

下剤ダイエットは栄養の吸収を抑えたいがために行うのであれば、食物繊維を代わりに食前に飲むことをオススメします。食物繊維を食前に摂取することで脂や糖質の吸収が緩やかになります。

これだけですでに下剤ダイエットよりも優れた効果があるかと思います。一瞬だけ効果があったとしてもしばらく経ってみたら体重が戻ったり逆に太ってしまうのであれば本当に意味がありません。代謝を高めて太りにくい体を作るなどダイエットの本質を理解してからチャレンジすることが重要になります。

運動をといいれ筋肉をつけ基礎代謝を向上させかつ、栄養価の高い食事を常にとっていれば基本的に少し無理をしただけでは急激には太りにくくなります。要するに土台となる部分がしっかりと構築されているからなのです。

なんでも本質が大事で小手先のノウハウは通用しないといいますが、ダイエットもそれと似たようなところがあります。ですから、下剤で痩せようなんて不健康なことは考えず、健康的に痩せる方法を実践していこうではありませんか。

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  2. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  3. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  4. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  5. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  6. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る