鼻ニキビが痛い!治し方と正しい洗顔法について。

Pocket

スポンサーリンク




鼻ニキビは、ほかの部位と比べると面積の関係で膨らみ自体は大きくはなりませんが、痛いことが多いです。少し触っただけでびりびりとしみたりしますよね。また、鼻は厄介で、体の中でも比較的皮脂が多く出やすい所です。


hana2

そんな鼻ニキビ、できてしまったらどうすればいいのか?痛いですし、潰して跡にならないように解消したいですよね。そこで、今回は鼻ニキビの正しいケアと洗顔法について注目してみたいと思います。


基本的な鼻ニキビの治し方とは?

今も少しお話ししましたが、鼻という場所は皮脂の分泌が多いです。よって、鼻ニキビの原因の大半は皮脂の過剰分泌によるものだと考えられます。つまり、鼻ニキビにならないようにするには、皮脂の過剰分泌を抑制することが一番なのです。

10代なんかは顔に大量にニキビができたりします。この原因は、成長ホルモンの分泌、活発な新陳代謝が行われ、本来なら良いことなのですがこれが度を超えるものですから、結果的に皮脂が過剰に分泌されるのです。逆に、洗顔など清潔にしておくだけで十分予防もできたりします。

では、大人ニキビはどうかというと、ホルモンバランスが崩れることで鼻、顎なんかに発生させてしまいます。ホルモンバランスを崩すほとんどの原因と言えば、生活習慣にあります。

睡眠不足であったり、ストレスだったり…つまり、大人のニキビを改善するにはいのように自分の生活習慣を改善してみることが大切になrます。大人ニキビの原因はこちらを参照ください。

以上を頭に入れていただき、やっていただきたいのは、鼻を清潔にしておくということです。正しい洗顔法を行い、角質や脂質など毛穴の汚れを完全に除去し、ローションなどの化粧水を使用し、鼻にうるおいを与えておくことです。

気になる場合はいつもより多めに化粧水をつけて、思いっきり浸透させるぐらいの気持ちで丁度いいでしょう。ただ、注意点として、汚い手で触らないようにしましょう。化膿したり炎症を起こしたりする危険性がありますので、もし触る場合は、手を洗い、アルコール消毒もしくはローションをつけて触るようにしましょう。

とは言うものの、基本的に刺激を与えてはいけないものですので、できるだけ触らないことをオススメします。気になるかもしれませんが、黒ずみや角栓、瘡蓋をはぎ取るのは絶対にやめてください。悪化させて跡ができる可能性も考えられます。

スポンサーリンク

 

ニキビの正しい洗顔法とは?

正しい洗顔法ですが、まずは洗顔用の石鹸をぬるま湯で思いっきり泡立てます。冷水だと泡立たないので、基本的にはぬるま湯を使うか少し暖かめのお湯を使用しましょう。そこで作った泡をたっぷりと顔につけ、直接触るのではなく、泡を転がすイメージで優しく洗顔してあげましょう。

ここで、汚れをしっかりと落としたい気持からゴシゴシとしてしまう人がいらっしゃるのですが、それはあまり良いとはいえません。顔の肌はデリケートにできていますのでゴシゴシすると痛み、炎症を起こしてしまうことがありますし、必要な角質までも取り除き、カサカサになります。

悪魔でも優しく洗うイメージで行ってください。洗い流す場合は、暖かいお湯で無くとも、少し冷たく感じる程度であれば水でもかまいません。お肌に泡を残すと、乾燥肌やかゆみの原因になりますので必ず、しっかりと洗い流しましょう。特に、髪の毛の生え際やあごの当たりは泡が残りやすいので要注意です。

洗顔を終えたら、タオルで顔を拭くかと思いますが、この時も刺激を与えないように、拭き取るというよりは、タオルを顔に思いっきりつけて、水分を給水するイメージで行いましょう。

それを終えたら、ローションや化粧水、ジェルなどで保湿を行います。これだけでは保湿が足りないという場合は、プラスアルファ、保湿成分が入っている乳液で仕上げのケアを行ってください。最近はそれなりのジェルには十分な保湿成分が入っています。


食生活やメークも要注意!

これは、鼻のニキビケアだけではなく、顔にできるニキビ共通して言えることなのですが、まずはメークです。例えば化粧を行うと、それが毛穴に入ったりします。そうすると毛穴の汚れとなり、しっかりと落さないとニキビになります。そして、食生活においては、ファーストフードやお菓子は気をつけましょう。これらは、糖質や油が非常においいので皮脂の分泌を促します。全て絶つということはなくとも、できるだけ食べないことをオススメします。逆に野菜や果物は美肌を作るため積極的に食べましょう。

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る