頭皮ニキビをシャンプーでケア!予防法を解説します。

Pocket

スポンサーリンク




ニキビといえば、一番気になる部分は顔、次は背中、そしてお尻でしょうか。頭皮にもニキビができることは多いですよね。ある日、頭皮に違和感を感じます。そして、触ってみるとポツンと大きなニキビができていたという経験はありませんか?


kami

実は、頭皮という個所は、顔や背中よりも皮脂の分泌量が多い部分ですのでニキビができやすいのです。それに、大きくて、痛いことが多いですね。ですが、髪の毛が短くない限り人目に見えないので気にしないかもしれません。

確かに、わからない部分ですからあまり気にしないことが多いですが、放置したままだでまったくケアを行わなくても大丈夫なのでしょうか?化膿してしまったらさらに痛みは悪化しますし、実は、顔にも関係しているんです。。。そこで、ここでは頭皮のニキビケアと予防法について解説したいと思います。


普段から頭皮のニキビは予防する

頭皮にできるニキビの多くは、比較的大きく、ぶよぶよしていて、赤ニキビが多いですね。そして化膿しやすいのでついつい押しつぶしてみたり、引っ掻きつぶしてみたりしたくなるかもしれません。しかし、それは絶対にやめてください。症状を悪化させる以外の何でもありません。

基本的に、ニキビは皮脂を取り除き、皮膚の状態を綺麗にすることが必要になります。よって、シャンプーをすべきなのですが、シャンプーをするときもゴシゴシ洗うと潰す可能性がありますので、そーっとしておきましょう。できるだけ触らないようにするぐらいが丁度良いです。

実際、この大きなニキビは、通常のニキビよりも菌が付着していることが多いので、ふとした拍子に潰してしまうと、皮膚の炎症を起こしてしまいます。つまりは、普段、シャンプーでケアを行う時は優しく洗ってあげることが重要になります。

そして、とにかく清潔に保つことです。普段からワックスや染髪剤を使用しているならそれの使用を一時的にやめましょう。刺激があると症状が悪化するだけですので、刺激も避ける必要があります。

頭皮が接する周辺、枕などは清潔に保ちたいので、枕カバーは洗濯して綺麗にします。夏等外に出て強い紫外線を浴びない限りは帽子はかぶらないようにします。理由としては、やはり帽子をかぶると、頭皮が蒸れてしまいますのでそれも頭皮ニキビの悪化につながります。

スポンサーリンク

 

頭皮にできたニキビをシャンプーでケア!

基本的にニキビは新陳代謝の乱れによって起こることが多いです。頭皮ニキビも例外ではありません。つまり、頭皮の角質が落しきれなかったり、毛穴に角質や脂質がつまり汚れが落とせないと頭皮ニキビなる可能性が高くなるということです。

では、これを改善すれば頭皮ニキビを予防することができるわけです。まず、新陳代謝すなわち、ターンオーバーを正常に回すには、ホルモンバランスを均衡に保つことです。これが崩れているから、頭皮ニキビになるのです。よって、規則正しい生活を行い、睡眠をしっかりととり、夜更かしはせずにしっかりと眠り朝起床する。あとはストレスをためないようにスポーツジムなどで解消を行いましょう。

これだけのことを行うだけで正常にターンオーバーを維持できます。そして、もう一つ重要なのは、もちろんですが、頭皮を清潔に保つことです。頭皮の汚れ、角質や皮脂が詰まったままだと菌に侵されニキビになりやすいです。

そこで、シャンプーで頭皮を綺麗にします。ただ、頭皮を綺麗にするとはいうもののこれを1日に何度も行わなくても大丈夫です。毎日入る入浴の時に一回シャンプーを行うだけで良いのです。逆に何度も行ったりすると、頭皮が荒れてしまったりします。

また、注意してほしいのが、頭皮を綺麗にすることがポイントだからといえ、ゴシゴシ洗いすぎたり、爪を立てて洗うことです。すると傷がつきます。傷がつくと、そこからニキビが発生しやすくなるので悪魔でも1日回優しく頭皮を洗いましょう。最後は、改善法と同じく、帽子は蒸れるのであまりかぶらない、枕カバーを綺麗にしておくことです。

 

頭皮と顔は一緒だと思いましょう。

以上のようにすれば、頭皮ニキビの対策はバッチリ科と思います。とはいえ、頭皮は目立ちにくいです。人目にもつきにくいのでケアを怠るケースが多いです。もちろん、顔に直接できるわけでもないのでそれはわかるのでが、頭皮にニキビができるということは顔にも多少なりとも影響があるというこを覚えておいてください。偶々頭皮にできただけで、もしかしたらホルモンバランスが崩れていて顔にできてもおかしくはない状態かもしれません。そういう意味でニキビができたということは気を使ってケアを行いましょう。

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る