大豆ダイエットの効果的な方法!【レシピ・やり方・等】

Pocket

スポンサーリンク




 

そもそも大豆ダイエットってどんなもの?

daizu
大豆ダイエットはとてもオススメなダイエット法です。その理由としては、何もダイエットの知識がないのに無理な食事制限ダイエットを行うと、失敗してしまう可能性が高いです。

例えば、タンパク質の摂取を抑え、筋肉を細くしてしまい、リバウンドに陥る。これはファスティングダイエットの失敗に良くある話しです。そして、なんとか痩せることはできてもダイエット終了後にはお肌がガサガサ、ニキビが増えた、シミができているなど…

栄養価の高いものを摂取しながらカロリーを低く抑える必要がありますので、ダイエットといえども結構大変なのです。しかし、逆にいえば、太らなくて栄養価の高いものであればある程度なら食べても大丈夫ということになります。

そこで、オススメなのが、低カロリーで高タンパク、そして高栄養価の大豆です。大豆を普段の食事にプラスしたり、一部置き換えに使うだけで大豆ダイエットというものが成立します。

大豆ダイエットによる健康効果とは?

gattu
大豆をとりいれることで「代謝が良くなるということ」「腸内環境が改善されること」「腹もちがよく過食の防止」といった効果が期待できます。そのため、ダイエット効果も得られるということになります。では、実際大豆に含まれるどんな成分がこれらの効果をもたらしてくれるのでしょうか。

代謝がよくなる

ダイエットを行う上で基礎代謝が高い人、低い人であれば当然基礎代謝の高い人の方が有利です。食べた物を効率的に燃やすことができれば糖質や脂質が脂肪として蓄積されにくく、ダイエット体質といえます。

しかし、少し食べただけで太ってしまうのであればそれではなかなかダイエットが上手く行きません。また、ダイエットを成功させるには摂取したエネルギー源すなわち、脂質、糖質を効率よくエネルギー変換し、体温を上げるということがポイントとなるのです。

けれども、無理なダイエット方法の多くは、エネルギー変換を行う上で重要な筋肉を構成するアミノ酸を摂取しなかったり、ただ単に冷たいサラダばかりたべている…これでは熱が作られません。

では、どうすればよいのでしょうか?そこで、大豆タンパク質、ビタミンB群、大豆イソフラボンが一度に摂取できてしまう大豆を食べればよいのです。タンパク質と言えばお肉のイメージが強いかもしれませんが、

高カロリー、高コレステロール、食品でもありますので、確かにダイエットには有効といえますが健康的に痩せる場合や年輩ののダイエット食品としてはあまりオススメはできません。

しかし、大豆はそれらが低いうえ、大豆タンパク質、ビタミンB群、大豆イソフラボンが筋肉を作り、代謝を高めてくれます。代謝が高まるということはもちろん、痩せやすい体質にもなるということになりますが、お肌の健康にもオススメできるわけです。

腸内環境の改善

ダイエットと便秘は関係しているのか?と思われるかもしれませんが、これは大ありなのです。便秘になると腸内の老廃物が排泄できない状態です。そそうなると毒素が溜り代謝が上手くまわらない状態です。

このときに、代謝に良いといわれる食品を摂取しても便秘が改善されない限り血行も悪くなるので代謝は上がりにくいです。病は腸からといいますが、腸内環境を常に良好にしておく必要があるのです。

そこで、大豆の出番です。大豆にはセルロースという不溶性食物繊維も含まれているためそれが腸のぜんどう運動を促す他、オリゴ糖が含まれているのです。これがどう働くかといえば、

腸内の善玉菌の餌になり善玉菌を増やしてくれるのです。ただ、一番良いのは便秘があまりにも続いた場合は善玉菌の数が減っている可能性がございますので、乳酸菌サプリメントと併用して改善するのが良いかと思います。そうすれば、善玉菌が増えるのも早くなります。

腹もちがよく過食の防止

節分の時にスーパーで売っている煎り豆を食べたことがある人ならわかるかと思いますが、あれを少し食べただけでお腹が膨れたという経験はございませんか?

実は、大豆は先ほどの話しからも不溶性食物繊維が豊富なため腹もちが良いのです。さらに良く噛んで食べることにより、まずはアミラーゼが分泌され糖への分解が早まります。

その結果糖が血液に行き届き血糖が上昇し満腹中枢が刺激されお腹がいっぱいに感じるわけです。その他、パロチン、EGFといった若返り成分も分泌されますので必ず良く噛みましょう。こちらの記事も参考に!「よく噛むだけでダイエット効果が期待できる!目安は30回以上噛むこと?

スポンサーリンク

大豆ダイエットの効果的なレシピや食べ方

daizu2
納豆ダイエット、豆乳ダイエット、おからダイエットというものもあるように、大豆は様々な加工食品がございます。そのためどんな食べ方でも良いのでは?と思われるかもしれません。

豆乳ダイエットの効果的な方法!調整は失敗の原因になる?
おからダイエットの効果的な方法と注意点について。
納豆ダイエットの効果的な方法!「痩せた口コミが多数の理由とは?」

もちろん、大豆製品である以上、大豆タンパク質、大豆イソフラボン、ビタミンB群は含まれているので良いと考えられます。また加工することによりまた別な栄養成分が産生される場合もありますのでそれはそれで良いのです。

ただ、大豆そのものの栄養効果を得るのであれば、加工食品の中でもやはり「蒸し大豆」をオススメします。理由は、これ以外の製法で調理してしまうと、食物繊維やビタミンなどの栄養素が水に溶けたり、蒸気として飛んでしまうなど、もったいないのです。

ところが、蒸すという調理法を行えば、それがないので、大豆本来の栄養を摂取することができます。売っている蒸し大豆でも良いのですがそれですと時間が経過して栄養価が減っていることもあります。添加物も入っている可能性もあります。

それですと、せっかくの大豆が台無しなので、手作りの蒸し大豆をオススメします。調理法もいたって簡単で大豆を圧力なべで煮れば完成です。それをご飯のおかずに食べるだけでもいいですし、おやつ代わりに食べるなんて最高ですね。それこそ大豆ダイエットとしての有効な活用法と言えるでしょう。

大豆ダイエットの落とし穴

keikoku
大豆がダイエットに良いということはすでにご理解いただけたかと思います。しかし、油っこい食事や、甘いお菓子よりも低カロリーとはいえ、カロリーはないわけではありません。

そのため、癖になって大食いしてしまうのはいけません。ながら食いしてしまうと大豆も気がついたら無くなるほど食べてしまいます。それではダイエットの意味を無しません。

大豆を食べる時はもう大豆を食べることだけに集中して、少量をゆっくり噛んで食べると満腹になるので、そうなったら終わり。このような食べ方をしないとたくさん食べてしまいます。

また、この方法は、腸内環境を改善したり、代謝を高め、筋肉をつける手助けをするものです。しかし、運動を行わない限り筋肉もつきませんし、高いダイエット効果は得にくいです。そのためしっかりと適度な有酸素運動、筋力トレーニングを並行して行いましょう。

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る