ワキの黒ずみをケア!簡単な解消方法と予防法を公開。

Pocket

<今月のおススメ情報>

【全国展開】薄着の季節になる前に10kg痩せエステ!今ならお試し3,000円!

潤い敏感肌ケア<<つつむ>>2週間トライアルセット送料無料1,470円

【限定】ぷにぷよ本気でやばいかも!ダイエット青汁 ラクトクコース630円!!

 

黒ずみは体の色々な部分にできます。顔、鼻も非常に目立つ部分ですが、ワキも非常に気になるところですよね。特に夏なんか女性はノースリーブで外を出歩くことも多いかと思います。





waki


そんなとき、ワキの黒ずみは非常に気になるかと思います。また、ワキという部分は脱毛処理を行ったり、手を動かす時に摩擦でどうしても擦れてしまう部分ですので黒ずみになりやすいのです。



そこで、今回は、ワキの黒ずみケアの簡単な方法についてお話ししたいと思います。これを実践すれば随分ワキの黒ずみを解消できますので、夏の季節に人目を気にしながら歩くとか、ノースリーブを着るのを我慢するとかそんな悩みが無くなります!







ワキの黒ずみの簡単な予防法



まずは、ワキの黒ずみケアを実践する前に簡単な予防法を覚えておきましょう。予防法を理解しておくことで黒ずみを改善した後、再び黒ずみに成りにくくなります。



また、これを知っているだけで、解消法にもつながりますし、他の美容健康にも応用することができます。初めに、そもそも、ワキに黒ずみができる原因は、メラニン色素の沈着、そして、皮脂が毛穴に詰まることから起こる毛穴の汚れです。



ワキにメラニン色素の沈着。なんかぴんときませんか?メラニン色素といえば、紫外線を浴びることにより皮膚にそれが沈着しシミやそばかすになる。そのようなイメージを持たれているかもしれません。



確かに、紫外線はメラニン沈着の原因の一つです。しかし、実は、剃刀で刺激を与えたり、摩擦によってもメラニンが蓄積するのです。以外かもしれませんが、こういう物理的な刺激により皮膚が防衛反応としてメラニンを生成するのです。



ワキという部位である以上ある程度は仕方がないことなのかもしれませんが、極力刺激を与えないような生活習慣を送るようにしましょう。脱毛処理を行う場合も剃刀ではなく、低刺激の脱毛器を使用することで随分、ワキへの黒ずみのリスクを下げることができます。



そして、着る服にも一工夫加えましょう。例えば摩擦が生まれるようなキツイ服装はしない。夏のような汗をかく季節は、常に着変える下着を準備しておき、蒸れたままにしないように注意しましょう。



夏といえば、人によっては汗を抑えるために、制汗剤を使用する人もいるかもしれませんが、これをワキに塗る場合はできるだけ刺激の少ないものにしましょう。できれば、つける量も少なめにすることをオススメします。このように一見普通に思えるようなことも積み重ねていくうちに自然とワキの黒ずみ対策になるのです。



さらに、黒ずみができる原因は実は摩擦だけでもないのです。例えば食生活です。肌荒れと一緒で必要な栄養素を摂取することで黒ずみを改善することもできます。そこで摂取していただきたいのが、ビタミンC、Eです。



ビタミンCは抗酸化作用で知られていますが、実は、メラニンの生成を防いだり、コラーゲンの生成を促進する効果があります。そして、ビタミンEには肌の新陳代謝を高める効果があります。つまり、メラニンが沈着してしまっても、新陳代謝を高めればターンオーバーが追いつくので黒ずみには成りにくいのです。



ワキの黒ずみの簡単なケア法



実際にワキの黒ずみになってしまった場合、先ほどの予防法をやりつつ、簡単に行えるケア方法があります。もちろん、簡単に行うことはできるものの、効果を得るにはある程度の時間がかかりますのでその点は理解しておいてください。



まず、予防法を解説した理由は基本である、ワキに刺激を与えない生活習慣を築いてほしいからです。この基本を押さえつつ、毛穴がつまり黒ずんでいる場合には、しっかりと洗い流し、黒ずみジェル等でケアを行いましょう。



この黒ずみケアは実は凄く重要で、ワキの保湿を行っていくことが黒ずみの改善になるのです。そのため、専門のジェルやクリームを使用してみるのは良いことです。もし、顔の黒ずみ解消のためのクリーム等がある場合はそれをワキに塗るのもいいでしょう。それでも、まったく解消の兆しが見られない場合は、一度、美容皮膚クリニックや美容外科へ相談へ行ってみることをオススメします。

スポンサーリンク

黒ずみジェルのレビューも掲載していますので参考にしてみてください。

薬用アットベリーとピューレパールの口コミについて検証してみた。

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

おすすめワード

商品レビュー

  1. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  2. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  3. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  4. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る