顔のたるみの原因と対策!解消体操を公開します。

Pocket

↓↓【お試し価格】薄着の季節にダイエット!↓↓
バナー原稿imp

顔のたるみが気になりませんか?

hada


フィットネスを頑張っている方で体の年齢が若くても顔のたるみがあるだけで、見た目は何歳も老けて見えることが多いです。もちろん、シミ、しわなども気になる要因の一つではありますが、



まずは、顔のたるみは解消したいところですね。もし、顔のたるみが解消されるだけで今よりも何歳も若く見られるのであれは、実践したいとは思いませんか?



それも、エステに通うのではなく、自宅で気軽にしかも、お金をかけないで実践できるものであるならとりあえずやってみてはいかがでしょう。そこで、今回は、まずは顔のたるみの原因から、そして解消の体操をお伝えしたいと思います。

肌弾力の低下が原因

sabaku


顔の皮膚の水分が不足してしまい、弾力が低下するとこれが原因でたるみにつながることが多いです。人間のお肌の真皮層には、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンをはじめとした潤い成分が含まれています。



弾力がありたるまない肌というのはこれらの成分が十分に足りているということです。ところが、日常生活などでこれらの成分が気がつかないうちに失われていることも多いので注意しましょう。例えば…



紫外線を浴びる



紫外線はお肌の天敵なんていわれますが、シミやしわの原因にもなりますよね。しかし、実はたるみも紫外線が大きく関係しているのです。紫外線の中でも黒日焼けの原因とされているUVAは、真皮層まで浸透し、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を奪うならまだしも、それを作りだす繊維芽細胞の破壊を行います。



繊維芽細胞が損傷すると、当然コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の産生が上手く行かず、作られる量も通常より減少すると同時に、こららを分解する酵素がたくさん分泌されるため、反動により肌の潤いを失います。



水分不足



肌というのは乾燥に弱く、保湿を行っていないと、真皮層の水分が失われダメージを受けます。これは普段のスキンケアなども重要ですが、水分摂取量も重要で、あまり水を飲まない人は肌がカサカサになりやすいので要注意です。



生活習慣の乱れ



コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作りだす繊維芽細胞は、ビタミンC、アミノ酸を中心にその他ポリフェノール、ミネラルなどの栄養素も摂取していく必要があります。



ところが、現代社会は食生活が乱れやすくコンビニ弁当やファーストフードで毎日過ごしていたり、喫煙、飲酒、ストレスなどの悪影響を受けている場合がございます。



ファーストフードではビタミン、ミネラルも少ないですし、添加物がたくさん含まれている場合もあります。そうなると、それを解毒させるために、摂取したビタミン、ミネラルを使用してしまいます。



飲酒や喫煙、ストレスでもビタミン、ミネラルを大量に使用しますので、ただでさえ栄養不足が懸念されているのに、これではお肌に栄養を運搬することができず、ハリ、弾力のある肌とは程遠くなります。



そして、体は夜に作られるという話しは聞いたことはございませんか?お肌も例外ではなく、お肌の新陳代謝も夜に行われるのです。つまり、眠っている間は重要なときで、それを怠るとお肌を劣化させることにもなり得るのです。



年齢とともに減少



生まれたばかりの赤ちゃんや子供はしわ一つなく弾力のある美しい肌をしています。その理由は真皮層にコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が成人よりもたくさんあるからです。



残念なことにこれは永久的なものではなく、20歳ぐらいまでがピークで、それ以降は下降する一方で、40歳を過ぎるころには、赤ちゃんのヒアルロン酸の量の半分程度になっているというのです。

表情筋・深層筋の筋力低下が原因

nayami


顔には二種類の筋肉がございまして、それは表情筋と深層筋と呼ばれるものです。表情筋はその名の通り、顔を動かすための筋肉で皮膚の直下にあります。それに対して、深層筋は、顔に限らず体全体にあるもので、骨の表面についている筋肉で体を支える役割をになっています。



顔の場合は顔が崩れないように支えています。そして、深層筋は血液をポンプのように顔全体に送り込む役割も担っております。血流が良ければ新陳代謝も促されますので美肌作りには深層筋が関係しているといえます。



結果的に両方強くなくてはいけないのですが、表情筋が衰えてしまいますと、その上にある皮膚、脂肪、水分などを支えることができなくなりますし、深層筋が衰えてしまいますと、その上にある全ての重みを支えることができなくなります。

 

sp1

それに、代謝が上手くまわらなくなりますので、お肌全体に栄養が行き届かなくなります。そうなるとどうなるか?当然、シミ、しわの原因にもなりますし、恐れているたるみも招いてしまいます。

姿勢の悪さが原因

desuku


体全体は全て繋がっているといいますが、これはまさにそうでありまして、特に首と顔は密接な関係にありまして、まず筋肉が繋がっています。ですから、首を前傾しすぎてしまう猫背の状態を続けていると、首の前が伸び、後ろ側が緩むという状態になります。



結果、ほっぺが下へ落ちるという状態になります。近年では20代の若者の間でも顔のたるみが増えている傾向にあります。食生活が多少いい加減でも若いということもあり、潤い成分は産生されますので、原因は姿勢による問題だと考えられます。



実際、考えられるのは長時間のデスクワークです。パソコン使う仕事でも注意すれば問題はないのですが、前のめりになりすぎて行っていると姿勢も崩れてしまい、顔のたるみを招いてしまうのです。

すぐにできる顔のたるみの解消方法

yasai


このように、顔のたるみといいましても、様々な原因がございます。紫外線によるもの、水分不足、生活習慣、加齢、姿勢、と、心当たりはございませんか。また、原因は一つではなく幾つか組み合わさって生じていることが多いようです。



例えば、水分不足、生活習慣、この二つが組み合わさっている方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。ここで解説した原因に対しての解消法を行えばよいのですが、簡単にまとめさせていただきました。



紫外線対策



夏は当然ですが冬も紫外線は強いです。そのため外出する場合は必ず日焼け止めクリームなどを塗りUVケアを行いましょう。



正しい食生活



食生活の乱れで栄養不足になりたるみ、肌荒れの原因となります。栄養価の高い野菜や果物をしっかりと食べ、添加物の多いファーストフードはできるだけ避けましょう。



添加物の排出でビタミン、ミネラルを使ってしまい栄養が摂れなくなります。また、アルコール、コーヒー、煙草もビタミン、ミネラルを消費します。足りない分はサプリメントで補うようにしましょう。



水分補給



保湿は重要な要素であることはご説明いたしました。もちろんスキンケアも大切なのですが、直接水分補給を行うことは一番重要です。もし、1日の水の摂取量が2リットル以下であるのであれば、せめて2リットルの水は飲むようにしましょう。もちろん、一気飲みではなくゆっくりです。



良質な睡眠



しっかりと睡眠がとれているかでお肌の質も随分変わってきます。そこで、しっかりと眠るようにしてください。できれば夜のゴールデンタイムといわれている、成長ホルモンが一番分泌される22時~2時の間がベストです。



ただ、成長ホルモンの分泌が期待できるのは就寝後の3時間経過してからですので、最低でも23時には寝ておくのことをオススメします。また、睡眠時間は7時間はとりましょう。睡眠時間が少ないと日中の生活で支障をきたすケースが場合がございます。詳しくはこちらを参考にしてみてください「寝るだけダイエットの効果的な方法!やり方は非常に簡単です。



姿勢を正す



姿勢が悪い人は普段から背筋をまっすぐにすることを心がけるだけでも随分と姿勢が改善されます。そして、ストレッチやヨガなどの運動をとりいれると姿勢改善されますのでオススメします。



フェイスマッサージ&頭皮マッサージ



これら、マッサージを行うことで顔のしわを伸ばしたり、たるみを改善してくれますので導入してみてはいかがでしょう。

顔のたるみにオススメな体操法!

taisou


以上のようにまずは基本的な改善法を理解していただいたら、それと並行して表情筋の体操を行い、直接たるみを改善していきましょう。簡単に紹介しますので参考にしてみてください。



1 「お」と発声するイメージで口をまるくとがらせます。

2 「お」の状態で口の下に力を入れ頬を上げ瞼を閉じるイメージで。

3 1、2を10回繰り返し行ってください。

4 口角を上げて自然と頬上げます(10秒キープ)

5 無表情に戻す

6 4、5を10回くり変えし行ってください。



以上が簡単にできる顔のたるみにオススメな体操法ですので是非気軽にお風呂に入った時にでもチャレンジしてみてはいかがでしょう。

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 一般的なスイーツよりもカロリーが低く、食べ方次第ではダイエットにも取り入れやすい和菓子♪ …
  2. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  3. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  4. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  5. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  6. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  7. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  8. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  9. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る