ダイエット停滞期の期間や時期はいつ?体重増加を避ける過ごし方を解説!

Pocket

スポンサーリンク




 

ダイエット初心者は停滞期を理解しておくことが重要!

taijyu
そもそもダイエットの停滞期とは?ダイエットを実践してはじめのうちはスムーズに痩せることができたのに、あるとき急に痩せにくくなり、そこで体重が停滞してしまう時期のことをいいます。

この停滞期の存在をあらかじめ理解しておかないと「この前から全然痩せない…」「もう痩せないのでは?」「結局ダイエットなんてやっても無駄なだけ。」と挫折の道をたどってしまうのです。

それが原因で、どか食いに走ったり、これまで制限していた食事を辞めてしまい、好きなものだけガンガン食べてしまう…など。もうこのようになってしまうと、一気にリバウンドしてしまい、今までやってきたことが水の泡になります。

つまりは、ダイエットの停滞期と上手く付き合っていくことがダイエット成功のカギとなります。そこで、今回はダイエットの停滞期にどのようなことをしていけばよいのか?そういった部分を解説させていただきます。


スポンサーリンク

ダイエット停滞期の期間や時期はいつ?

tokei
「毎日に有酸素運動を行う」「週2~3回程度の筋トレで基礎代謝アップを行う」「油っこい食事は控える」「ジュースは飲まず水かお茶を飲む」「野菜でビタミンミネラルを摂取する」「糖質制限を行う」などダイエットに良いことをしっかりと行ってればそれなりに体重を落とすことは可能です。特にダイエット開始当初は体がそれを受け入れ体重も2~3キロ程度ならすぐに落ちます。

しかし、これも個人差によりますが、1カ月ほど経過して体重の5%程度落とせた頃から、次第に体重が減らなくなり始める場合が多いです。この時期がダイエットの停滞期と呼ばれる時期です。期間も1カ月ほど続くといわれています。

それは、ホメオスタシスという機能が働くためです。人間の体には様々な防衛システムが備わっています。ホメオスタシスもその一種で、カロリーや栄養の摂取を抑え、運動量を多くしたことにより、

人間の防衛反応が働き、カロリーの余計な消費を避け、体重を現状維持するという働きです。こうなると、栄養の吸収率も高まりますのでなかなか痩せにくい状態へとなります。これが、ダイエットの停滞期の始まりです。

早い人なら2週間程度で終わるのですが、一般的には2週間~1カ月程度の期間といわれています。なかなか痩せにくくなったからといって、むしろ、痩せにくいからこの時期にどのように過ごすかが重要になってきます。

どうせ、痩せないからといってお菓子なんか食べるのはNGです。反動でお酒なんかガンガン飲むのはNGです。栄養の吸収率が上がっている時期ですので、そんなことをしたらすぐにリバウンドを起こします。

ですから、この時期はとくに注意を払い、最低でも体重の現状維持をキープするように心がけましょう。それでは、ダイエットの停滞期の過ごし方について簡単に説明いたしますね。


スポンサーリンク

Pocket

ページ:

1

2

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る