ヨーグルトダイエットの効果的な方法や断食レシピを紹介!

Pocket

スポンサーリンク




 

ヨーグルトダイエットのダイエット効果が高い理由とは?

yoguruto
当然ですが、ヨーグルトを食べても痩せないという人もいます。しかし、ヨーグルトダイエットを実践して成功されている人もいます。さて、この差はいったい何なのでしょうか?

それは、食べ方に秘密があります。そこで、今回は食事にヨーグルトをとりいれて効率的にダイエットを行うための方法について、またどのようなポイントを守ればダイエットに成功するのか解説いたします。

ヨーグルトと言えば、牛乳に乳酸菌をいれて作った発酵食品です。腸の中には善玉菌と悪玉菌がございます。二つのバランスが取れた状態が腸の健康が良好といえる状態なのですが、基本的には善玉菌は身体の味方をしてくれます。

この乳酸菌というのは善玉菌の一種で、乳糖をはじめとした糖類を食べて酸を産生します。その酸が腸を刺激し、便通の改善を促します。ですから、ヨーグルトを食べると便通が良くなるといわれているわけです。

それに、便秘のままですと血流やリンパの流れが悪いため、代謝も落ちます。そのためダイエットのため有酸素運動を行ってもあまり効果が期待できないのです。そこで、便秘の改善を行うと、血流やリンパの流れも自然と改善されますので、基礎代謝も高まるのです。ということは痩せやすい体質になるということですね。

そして、病は全て腸から起きます。内蔵の中でも腸が元気でないと体全体が健康になれません。そういう意味でも腸内環境を良好にしておく必要がございます。

また、乳酸菌が産生した酸は、なにもぜんどう運動を促すだけではなく、増えすぎた悪玉菌を除去するという意味でも有効です。例えば、病原菌、食中毒菌は増えすぎると腸内環境が悪化します。

ですが、体の中にこのようなシステムがありますので自然と調整されるのです。善玉菌優位の状態でいれば免疫力も向上しますし、最近では花粉症やアレルギーにも有効とされることがわかってきました。「乳酸菌やビフィズス菌が花粉症の予防改善に効果的な理由。


スポンサーリンク

ヨーグルトダイエットに有効なヨーグルトとは?

yg
まず、乳酸菌の種類自体で数千以上もあるとされています。ただ、乳酸菌も人間の胃酸でやられ腸へ届かないものも多いです。さらには、腸へ届く乳酸菌も、100億個の中の一部といわれています。ただ、胃酸に強いものでもそれだけの量を摂取しないと腸内まで届けるのは難しいという話しです。

この説明からも、どの乳酸菌でもよいというわけではないことがご理解いただけたかと思います。そこで、どの乳酸菌を摂取すればよいのか?それぞれ乳酸菌の性質がございますので、有効な乳酸菌と性質を説明したいと思います。

ヤクルト菌

ヤクルトという飲み物は昔からありますよね。商品のブランド名にもなっていますが、実はこれは、乳酸菌の一種であったことはご存知ですか。もとはといえば、人間の腸の中に存在する乳酸菌の一つです。しかし、微生物の研究を行っている日本人の学者がこのヤクルト菌をとりだし、増殖することに成功したのです。さらに、胃酸で殺されないようにヤクルト菌を強く進化、そしてさらに増殖させ、しっかりと腸まで届く乳酸飲料が開発されたわけです。この乳酸菌の正式名称はラクトバチルスカゼイシロタ株といいます。特徴としては癌予防や免疫力の強化が期待できるとされています。

ビフィズス菌

こちらも、ヤクルト菌と同様に、もともとは腸に存在する善玉菌の一種です。代謝に良いとされるビタミンB、そして血液凝固を行うビタミンKの吸収を行ってくれます。その上、血中コレステロールを下げたり、腸へ刺激を与え、蓄積された老廃物の排泄も行ってくれますので、生活習慣病の予防にも役立ちます。

クレモリス菌

特徴としては、血液をサラサラにし、腸内の水分量を適度に保ち、不要な老廃物を排泄する効果が期待できます。ヤクルトやビフィズスとは異なり、粘り気の強いカスピ海ヨーグルトに含まれています。

明治プロビオヨーグルトLG21

こちらは、株式会社明治が開発したヨーグルトでコンビニやスーパーで普通に購入することができます。味も通常のもの、低脂肪、砂糖0、アロエ脂肪、そして、飲料タイプのノーマル、低脂肪がございます。特徴としては胃の中に存在する胃癌の原因にもなるといわれているピロリ菌を除去することができるとされているのです。通所の乳酸菌であれば胃酸で大半が殺されてしまいますが、LG21は胃の中で活動できるためピロリ菌と戦うことが可能というわけです。


ヨーグルトに含まれる栄養成分と効果

yg2
ヨーグルトといえば、もともとは牛乳です。牛乳はタンパク質、そしてカルシウムがしっかりと含まれておりましてとても栄養価が高い食品といえます。そんなヨーグルトに含まれる、タンパク質、カルシウム、アミノ酸についてお話しいたします。

タンパク質

牛乳に含まれているタンパク質の一部アミノ酸へと分解されるため、体の中で消化吸収されやすくなります。

カルシウム

カルシウムは豊富に含まれている食品もたくさん食べても吸収率が悪かったりします。しかし、牛乳の場合カルシウムの吸収率も食品の中でトップクラスにありますので、優秀といえます。しかし、ヨーグルトになりますと、カゼインホスホペプチドと呼ばれるものへと変化します。これは、どういうものかというと、牛乳の主要タンパク質(ガゼイン)に酵素の力で一部を分解しやすい状態にしたものです。その上、小腸からカルシウムの吸収を助ける効果もございます。

アミノ酸

牛乳とヨーグルトを比較してもタンパク質の量はさほど変わりません。しかし、ヨーグルトになると、アミノ酸の量が3~4倍多くなります。通常であればタンパク質を摂取してそれを分解しアミノ酸に変える必要がありますが、その負担をかけない点ではとてもメリットの多いところかと思います。



スポンサーリンク

Pocket

ページ:

1

2

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る