ヒアルロン酸を増やす食べ物とお肌に効果的な食べ方。

Pocket


ヒアルロン酸といえば、テレビや健康番組のから「お肌によいもの。」というイメージではないでしょうか。もちろん、お肌に潤いを与えるという意味ではあながち間違いではありませんが、本来の役割としては、細胞と細胞を結合し潤滑にするという役目を担っています。

hiaru

そのため、皮膚だけではなく、筋肉、関節、腱、血管、脳、軟骨といったあらゆる組織に含まれている栄養素なのです。また、通常は非常に粘性あ強く、分子量が高いのも特徴です。

そして、もちろんですが、ヒアルロン酸は今の話しから、細胞を潤滑化する役割を担うところがありますので、人間だけではなく他の動物にもある栄養素です。例えば、身近な食品ですと、鶏、豚、牛、魚、野菜、から摂取できます。

ヒアルロン酸がたくさん含まれている食品

ヒアルロン酸が多い食品は、鶏の軟骨、鶏手羽、鶏の皮、トサカ、豚足、鮭、カレイ、魚の目、フカヒレ、すっぽん、うなぎ、には豊富に含まれています。動物食ばかりで偏りがちかとも思われますが、実は植物食にも含まれています。例えば、もずく、めかぶ、納豆、オクラ、山芋です。

では、これらの食品から直接ヒアルロン酸を摂取するとどうなるか?ヒアルロン酸はムコ多糖の一種といわれるだけあり、多糖類です。それが肝臓で単糖に分解されます。

それが、体全体に行き渡り、ヒアルロン酸としてお肌がつるつるになったり、関節にうるおいを与えたりと組織の一部になるといわれています。しかし、ヒアルロン酸の弱点として、分子があまりにも大きすぎるのです。つまり、なかなか吸収されないのです。そこが問題となる点なのですがどうすればいいのでしょうか?

↓↓ ヒアルロン酸ならキューピーの機能性表示食品!↓↓

ヒアロモイスチャー240

ヒアルロン酸を食品から効果的に摂取する方法

このように、美肌にオススメであると思われる食品から摂取しても分子が大きいため吸収しにくいのです。ですから、一般に売られている食材から接収するのはあまり効率が良いことだとはいえません。

もちろん、先ほどの食品は、ヒアルロン酸意外にもコラーゲンやその他、高い栄養素があるため無駄にはなりませんが、ヒアルロン酸摂取を目的とするのであれば、サプリメントがオススメです。

こちらの記事でもお伝えしましたが、ヒアルロン酸のサプリメントや栄養ドリンクの中には「低分子ヒアルロン酸」と記載されたものがあります。高分子のものと比較して分子が小さいので消化吸収されやすいのです。

お値段は、高分子のものと比べるとやや高くなりますが、それでも吸収率を考えれば低分子ヒアルロン酸の方が効果的です。それに、ヒアルロン酸注射と比較するとそれも随分安いものです。というわけで、もし、食品からヒアルロン酸を摂取するのであれば低分子ヒアルロン酸のサプリメント、ドリンクを選ぶとよいですね。

キューピーの機能性表示食品 ヒアロモイスチャー240

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  4. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  5. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  6. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  7. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  8. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る