サプリメントと処方薬の飲み合わせは悪いので併用注意!

Pocket

スポンサーリンク




サプリメントは他のサプリメントと組み合わせると相乗効果も発揮し、吸収力も高くなります。ただサプリメントによっては組み合わせも悪いので注意しましょう。組み合わせの良いものに関してはこちらの記事でお伝えしております。


kusuri
さて、このサプリメントというものは、健康食品とか栄養補助食品というものです。つまりは、食べ物になりますので、確実な効果効能というものは実は調べらべられていないのです。

もちろん、コラーゲンがお肌にうるおいを与えるとか、ビタミンCには美白効果、抗酸化効果があるなどというのはわかっているのですが、それを含めたサプリメントがその効果を発揮するかははっきりと調査を行っていないことが多いのです。事実、薬ではなく食品と言う扱いですのでそこまで検証する必要もないようです。

仮に、そのようなサプリメントを病院へ行ったときに担当医から処方される薬と併用して飲んでしまうとどうなるんでしょう?薬とサプリ…また新たな相乗効果を得られるのでしょうか?いえ、かなり危険なのでやめましょう。今回はサプリメントと薬を併用することの危険度についてお話ししたいと思います。


そもそも薬とサプリメントは何が違うのか?

まず、薬というものは、ある意味毒でもあります。体に誤作動を起こし症状を緩和するものもあります。つまり体に負担をかけて治癒を行うので、副作用の危険性もあります。

ですので、最新の注意をはらって扱う必要があります。そのため、摂取量の厳守、時間帯、体調、と科学的な根拠に基づきいて処方の説明がしっかりとなされているのです。

例えば、食後30分以内に1錠飲む、1日3回飲む、15歳未満はダメ、など色々な規約がありますよね。薬を購入したことがある人ならわかるかと思いますが、説明書に細かく細かく、読むのも嫌になるぐらい小さい字で色々といっぱい書いてあります。それは、科学的な実験に基づき効果が立証されており、副作用もある劇薬だらです。

逆に、サプリメントはどうかといえば、処方するのは医師、薬剤師ではありません。もちろん、薬局で売られているものであれば薬剤師さんが販売していることがありますが、処方をするわけではありません。

悪魔でもメーカーが開発、製造を行っているのでしっかりとした実験や、効果効能の検証を行っているかは怪しい部分があります。また、薬ではないので「食べ物ですから。」という言葉を聞くだけで安心する方も多いのです。

販売業者も効果効能を思いっきり前面に押し出し、副作用のことはほとんど触れません。例えば、お肌がつるつるになる、若返る、1カ月で○○キロ痩せた!などなど多いですよね。

もちろん、個人差は人によって異なるため事実何とも言えない所ですが、安全性と効果を謳ってリスクに置いてはあまり触れようとしません。けれども、サプリメントだからといって危険リスクはないとはいえません。

例えば、ビタミンでもA、D、E、Kは賀状摂取すると副作用に見舞われます。ですので食品だから摂取しすぎても大丈夫だという考えは捨てましょう。悪魔でも食事をメインにして摂取しきれない部分をサプリメントで補うことが大切になります。


処方薬とサプリメントの併用は危険が伴う。

サプリメント同士でも相性が悪いことがありますが、処方薬とサプリメントでは薬の効果を激減させてしまったり、悪影響を与えてしまったりします。例えば、強心薬とカルシウム系のサプリメントは相性が非常に悪いです。

強心薬はカルシウムを得るもので、さらにカルシウムのサプリメントを摂取すると過剰摂取になります。そうすると、胆石や、腎臓に石ができたりもします。

他にマグネシウム系のサプリメントと骨粗鬆症の薬、鉄のサプリメントと甲状腺ホルモンの薬は避けておきましょう。基本的に、同じ効果を発揮するようなサプリメントと薬は過剰摂取に成りやすいので避けるのが無難かと思えます。


副作用を避けるのであれば併用は辞めておく。

処方薬というものは、お医者さんが患者さんの病状を診断し最適なものを出すわけです。それを薬剤師さんが、摂取の仕方、副作用など細かいことを色々と説明してくれたり、説明書にも記載しておくわけです。そして、薬の効果はもちろんのことリスクは研究や科学的データに基づき検証結果がでているので、医師も効果だけではなくどんなリスクがあるのかどんな副作用があるのかを把握しています。

しかし、サプリメントは薬のようにしっかりとした検証が行われていないので、食品とはいえ、何が起こるかわからない状態です。もちろん、食品なのは間違いないので普通に摂取する分には構わないです。

けれども、薬と一緒に摂取するということは、医師や薬剤師が提示した摂取法とは異なるわけですので、最適な状態とは言えないわけです。もし、併用するのであれば一度診断していただいたお医者さんに相談しましょう。

また、人と言いうのは体質もそれぞれですので。ある人が風邪薬とヒアルロン酸という一見副作用も無さそうな組み合わせで飲んで副作用が出なかったとしても、別なある人が副作用を起こす危険性もあります。それは体質が全然違うからです。

よって、処方薬を飲まざる得ないという場合はその間いはサプリメントは避けましょう。意外に薬との組み合わせで化学反応を起こしさらに深刻化する場合も考えられなくはありません。

どうしても、摂取したいというのであれば、医師に相談することが大切になります。ただ、やはりサプリメントを意識するよりも重要なのは普段の食生活をいかにしっかりとするかになりますので、まずサプリメントに頼るよりも食生活から改善してみましょう。それだけで病気に負けない体づくりを行うことは可能です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る