塩レモンダイエットの効果的な方法!【やり方・作り方】

Pocket

スポンサーリンク




 

塩レモンがダイエットにオススメな理由

remon
レモンは非常に酸っぱい果物です。ビタミンCが豊富といわれています。その他健康の良さも色々なメディアで伝えられていますが、実際料理をするとなると難しい食品ではありませんか?

みかんやりんごならそのまま食べることもできますが、レモンをそのまま食べるとなると…確かに食べられなくはありませんが、酸っぱすぎて口の中が大変なことになるのでは?もちろん好きな人は好きですが、あまりにも酸の強いものを食べるのも、歯を溶かす原因にもなりますのでオススメはできません。

そこで、塩レモンです。塩レモンは普通にレモンを食べるよりも、随分と酸味を抑えたれているので、非常に食べやすいのです。ですから、色々なお料理に採用されていますが、実はそれだけではなくダイエット食品としてもオススメなのです。


塩レモンのダイエット効果が凄い!

asi
塩レモンとは簡単に説明しますと、レモンを塩漬けにして発酵させたものです。日本でも様々な野菜を塩漬けにしますが、それと似ているかもしれません。北アフリカのモロッコではポピュラーに食べられているそうです。

この塩レモンは、料理に使用することでその味を美味しくしてくれます。例えば、魚介類であればその臭みを消してくれたり、パスタに使えば風味をプラスして美味しさを引き立ててくれます。また、それだけではなくこれらのダイエット効果が期待できます。

1 レモン独特の香り成分「リモネン」のリラックス効果、過食防止
2 むくみ予防(塩分摂取を抑制できる)
3 塩、酸が唾液分泌促進により消化酵素が糖質を分解を円滑に
4 レモンに含まれるクエン酸が糖質の代謝でエネルギー変換に役立つ

これら4つのダイエット効果が期待できるため、例えば魚介類を良く食べるのであればそこに塩レモンを添えるなどすればそれだけでダイエット効果が高まるといえるのです。つまり、料理にちょっと付け加えるだけでダイエット食品へと早変わり!


塩レモンの作り方

ryouri
是非、お料理に塩レモンを足してダイエットを実践していた抱きたいのですが、とはいっても難しいお料理になりますと気持ちが億劫になりますよね。大丈夫です。ご安心ください。塩レモンってレシピもものすごく簡単なのです。

材料

1 レモン3つ
2 天然塩 50~60g
3 保存瓶

作り方

1 レモンを切る
まず、レモンを良く洗います。洗ったレモンのへたを切り落とし、半分は乱切り、半分は輪切りにします。当然ですが塩レモンは皮ごと使用しますので、皮は剥いてはいけません。

2 塩に漬ける
保存瓶に、塩、レモンの順で交互に重ねるイメージで入れながらレモンを潰して汁を出すようにします。

3 保存する
およそ7日ほど冷蔵庫の中で熟成させます。一応賞味期限の目安として完成してから3カ月程度と考えてください。あまり古くなったものはお腹を下す可能性がありますのでできるだけ早く食べることをオススメします。


スポンサーリンク

塩レモンが様々な料理に使われる理由とは?

chikin
例えば、シャケのムニエルに塩レモンが添えられていたりしますよね。その他魚介類を使ったお料理には頻繁に塩レモンが使われることがあるのですが、それは一体なぜかご存知でしょうか?実は塩レモンには魚介類の独特な臭さを消してくれる作用があるのです。魚介類はメインとなりますが、そこに野菜や海草などもプラスしてあげることで栄養価満点なお料理になります。

また、塩レモンはほどよい苦みが料理の味を引き立ててくれたり、通常のレモンを使用しても良いのですが、それですと酸味がものすごいので、口の中がビリビリするとか、強い酸味が苦手な人にはそのまま美味しく食べられる塩レモンがオススメです。そして、この塩レモン、実はダイエットにも効果的だったのです。

肉や魚介類に使う

肉類、魚介類に塩レモンを使うことでそれが柔らかくなり、臭みを抑えることができます。焼きじゃけ、生サーモンなどには良く使われますが、豚の角煮などとも相性が良いので色々な肉、魚料理にプラスアルファしてみましょう。そして、自分のオリジナルを見つけることができればうれしいですね。

炒めものや煮物に使う

塩レモンを使うことで、魚介類、肉類の臭みを抑え、柔らかくする作用があるだけではなく、ご存知の通り塩レモンは塩分を使用しています。ですからそれだけで十分に味付けになるのです。そうなると、余計な味付けをしなくても良いので、塩分を抑えることができますね。ですから、むくみの予防になるのです。スープ、炒め物、煮物の塩分の代わりに塩レモンで味付けしてあげるとまた美味しいです。

サラダに使う

塩レモンをサラダに使用するメリットは、まず、ドレッシングの代わりになりますので、塩分を抑えることができます。それに、塩が作用し、野菜の水分を奪います。すると食感がしゃきしゃきと歯ごたえが非常に良いサラダになります。レタス、キャベツ、ニンジン、玉ねぎなどとは相性が良いですし、水分が抜けるのでその分たくさん野菜を食べることができます。

ドレッシングに使う

ごま油、ナンプラー、ニンニク、塩レモンを刻み混ぜ合わせることでエスニック風のドレッシングが完成します。これをサラダにかけて食べるのもいいですね。特に、海鮮サラダは同時に魚介の臭みも消せますのでオススメです。蜂蜜と混ぜるととても相性が良く、はちみつレモンソースが完成します。これをパンやヨーグルトなんかにかけて食べるのの美味しいです。


塩レモンという調味料でダイエット

remon2
これまで、塩レモンとの相性がよい料理をあげてみましたが、基本的に塩レモンはどんな料理にでも合います。ですから、とくにお料理をされる方は、塩レモンを調味料という感覚で使用するだけで多少なりともダイエット効果を得ることができるかと思います。

特に、塩分の濃いものが大好きな人は、塩分過多な可能性があります。塩分過多は高血圧症の原因にもなりますので、できるだけ避けたいところです。それを考えて、塩分を少なく抑えるという意味で、塩レモンは有効です。

その上、レモンにはとても健康成分が豊富に含まれております。クエン酸、リモネン、ビタミンCと、これらを摂取することでダイエットだけではなく、アンチエイジング、美肌効果も得られます。

もちろん、痩せることも重要ですが、不健康な痩せ方はしたくはありませんよね。綺麗に美しく痩せるという意味で、是非、お料理に塩レモンを活用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る