プロテインダイエットの効果的な方法と飲み方について。

Pocket

スポンサーリンク




 

プロテインってなに?

kinniku
プロテインというとなんだか、薬のようなイメージを持たれている方もいらっしゃるのではありませんか?ボディービルダーやアスリートが筋肉を増強させるために飲むとか。

もちろん、筋肉を増強させるというのは間違えではありません。しかし、筋肉増強剤ではなく、三大栄養素の中にあるタンパク質を英語にすると、「Protein」となります。

つまり、タンパク質のことなんです。それを粉末にして効率よく摂取できるものにしただけなので、薬ではなく、ただの食品なんですね。ですから、摂取するからといって寿命が縮むというのは誤解です。

逆に、日本人はタンパク質の摂取が欠乏しているので、プロテインなどをとりいれて積極的にタンパク質摂取に注力した方が良いかもしれません。また、このプロテインは筋肉の主成分ですので脂肪燃焼にも必要なものです。


プロテインにダイエット効果はあるの?

mizu
正直な話しですがプロテインを飲むだけでは脂肪燃焼効果はそこまで期待できません。だったら飲む意味がないのではないだろうか?とも思ってしまいますか。

確かに飲むだけでは脂肪燃焼はさほど期待できませんが、もし、プロテインを摂取しないとどうなるか?先ほども日本人はタンパク質不足が懸念されるとお話ししましたが、

タンパク質というものは、内臓、組織、筋肉、皮膚、髪の毛、爪と体中のあらゆるパーツを作っています。身体の中も常に新陳代謝が行われていますので、たんぱく質を摂取するとこれらを新しくするために使われて行くのです。

不足してしまうとどうなるか?筋肉などが新陳代謝に使われてしまいますので、時間とともに筋肉が痩せ細っていくのです。結果的に基礎代謝は衰え、太りやすい身体へと変化します。

ですから、プロテインを飲むだけで、ある程度は筋肉量をキープすることができますし、摂取したプロテインが体中に運搬されますので代謝を高めることができるのです。

では、運動をせずにプロテインを飲む場合どういった飲み方が効率的なのでしょう。タンパク質不足を心配しているのであれば、食前に野菜ジュースや豆乳などと一緒に飲んでも良いでしょう。


スポンサーリンク

プロテインで置き換えダイエット

sarada2
そして、プロテインをダイエットに活用するうえで、一番手軽にできるのはやはり置き換えダイエットではないでしょうか。特に高カロリーの食事を摂取している場合、他の食品、例えば一部をこんにゃく、春雨などの低カロリー食品へと置き換えます。

しかし、普段がっつり食べている人が急にこれを行ってしまうと、間食に走りたくなります。そこでお腹が空いた関食事にプロテインを飲むのです。基礎代謝で大体、1500キロカロリーほどで、職業にも異なりますが一日当たりの消費カロリーはおよそ、1800~2200キロカロリー程度と言われています。

ダイエットを行うには、これよりも低いカロリー摂取を行うのがコツです。そこでプロテインを活用し、1日当たり300キロカロリーほど摂取量を減らしてしまうという方法です。

2200キロカロリー摂取している人なら、1900キロカロリーの摂取量に落せるわけです。これだけ、1回の食事当たり、おかずとご飯を1/3~1/2程度減らすことができる上に、1カ月で1.25キロもやせることができます。


食事制限すべき時間帯
tokei
朝が忙しく、そんなにも食べられないからといって朝ご飯を抜くのはあまりお勧めできません。朝ご飯はできるだけ食べるようにしましょう。プロテイン等で置き換えを行うのであればベストは夜です。

その理由としては、朝はこれから活動するわけですので、エネルギーの消費が可能です。しかし、夜は食べた後数時間後には眠るわけです。それに代謝が落ちている時間帯になりますので、がっつり食べるのにはオススメできません。


朝はエネルギーの産生が一番いい
asa
基礎代謝の部類に入るのですが、DIT(食事誘導性熱産生)という言葉をご存知でしょうか。これは食事を行うことでエネルギーの産生を表したものなのですが、朝が一番高く、時間が経過するごとに徐々に落ちしまい、夜になると一番低くなります。

ですから、朝昼はしっかりと食べて、夜は控えめにすることが効率的な食事制限法なのです。なので、夜少なめにしてお腹がすいてしまったらプロテインを飲むというのも効果的です。プロテインは栄養価が高いので、豆乳や野菜ジュースと混ぜると結構腹持ちが良くなります。


夜は消費カロリーが低い
yoru
人間は太陽とともに生活する生き物です。昔は、今のように時計が無かったため、暗くなったら眠るような生活習慣を送っていました。また、身体もそのようにできていまして、

昼間太陽に当たることで、眠るべき時間帯に眠くなるようになっています。そのためカロリー摂取を必要としませんので、必要最小限にカロリーを控えるべきです。

ところが、夜というのは、朝や昼よりも食べたくなります。ですから、外食や飲み会でがっつりと食べてしまうんですよね。しかし、それが消費できる量を上回ってしまうと、脂肪として蓄積されます。夜食べると太るというのはこういうことなのです。


プロテインは水か豆乳で飲む
taki2
プロテインはまず何で溶かすのが一番良いのか悩みどころではないでしょうか。一般的には牛乳、水、スポーツドリンクかと思います。スポーツドリンクで飲む理由は吸収の速度を早くすることで推奨されています。

しかし、個人的にはあまりオススメしません。理由は吸収の速度が早いと腹もちが悪くなりますし、何よりスポーツドリンクの場合、砂糖もたくさん入っていますし、添加物も多いです。

では、牛乳はどうかといえば、確かに吸収の速度は遅くなりますが、脂分が多いので、カロリー摂取になりますし、胃腸が弱い人は牛乳で下すことがありますのでオススメできません。

そこで、水か豆乳をオススメします。水で飲む場合カロリーを抑えることができますし、吸収も早すぎず、遅すぎず中間にいます。豆乳は吸収がゆっくりなためこれは牛乳の代用として使えます。ここに食物繊維が豊富な野菜を混ぜることでまた腹もちが良くなります。


運動時に飲む場合
jim
置き換えダイエットとして活用するのも良いのですが、やはりタンパク質ですので運動をとりいれた方が効率的です。一般的にいわれているのが、トレーニングを行った後に飲むと良いというのが常識ではありませんか。

その理由は、トレーニングで疲れ切った筋肉の回復や修復を行うため、1時間以内に栄養摂取をするという意味です。ということは、吸収の速度が速い方が良いので、水で飲むをオススメします。

ただ、これは、筋肉をつけるという意味での話しになります。ダイエットや脂肪燃焼となると、また話しが変わってきます。脂肪燃焼に効果を発揮する飲み方は、実はトレーニングの前に飲むのです。

30分ぐらい前に飲んでおき、トレーニングを行うと、終了後の安静時の基礎代謝が高まるという報告がございますので、結論を述べると、トレーニング前後に飲むと良いのです。

プロテインというと、マッチョな男性の摂るものというイメージがありますが、最近は女性でも手に取りやすいプロテインも出始めましたので、おススメです。

美しいカラダをつくる【スーパーフードプロテイン】

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る