運動しないで食事制限やサプリで痩せるダイエット方法!

Pocket

スポンサーリンク




 

本当に運動なしで痩せることができるか?

neru


何もしなくてもある程度体型を維持てきている人は赤筋による基礎代謝が高く、燃焼カロリーが高いといえます。また、健康的に痩せるにはしっかりと筋肉をつけて、代謝を良くして痩せるべきなのです。

とはいっても、肥満症の方がいきなりハードな運動を行うというのは辛いものがあります。運動不足で徐々にダイエットをしていきたいとか、まずは肥満症を改善していきたいというのであれば、

ある程度なら運動をしなくても食事制限やサプリメントを活用することである程度は痩せることができます。リハビリという意味で、まずは食事から取り組んでみるのも良いかと思います。


運動なしのダイエット法とは?

yasai


もし、仮に運動しなくて家でごろごろしていても痩せることができるのであればこれはもう最高ですよね。もちろん、アスリートみたいな体型を目指すのであれば、運動は避けられませんが、

身体を整えるという意味で多少のダイエット効果を期待するのであれば、運動なしでも可能です。そこで、こちらでは運動をせずに痩せる方法についてまとめてみました。

食事制限

食事制限といいますか、食生活の改善ですね。特に、運動せずに痩せる場合、基礎代謝と食事や日常生活で使うエネルギー代謝が頼りとなります。そのため、余計な脂肪を蓄積させるのはNGです。

特に、血糖値が上昇する甘いお菓子、GI値の高い食品は避けましょう。ですので、和食。特に玄米やそば、そしてサラダ、豆腐といった食品をオススメします。

どうしてもおやつが食べたくなったら、果物を食べて空腹を抑えてください。果物の果糖は砂糖と同じく甘いのですが、性質が特殊で太りにくくなっています。また、ファイトケミカルス、ビタミン、ミネラル、食物繊維という素晴らしい栄養素も摂取できますので美容にもよいですね。

サプリメント

サプリメントはとくに重要です。脂肪燃焼が期待できるサプリメントを摂取するのもオススメですが、特にプロテインは意識していただきたいです。下手に食事制限をしてしまうと、脂質、糖質意外にもタンパク質を欠乏する可能性もあります。

もともと、タンパク質は摂取が難しいので、特に意識しましょう。お肉、お魚を食べるのも良いのですが、動物性のタンパク質の場合脂質として蓄積されやすくなるため、メインは植物性のタンパク質です。大豆プロテインをオススメします。

マッサージ

脂肪燃焼マッサージなどといわれているかもしれませんが、実はマッサージ自体はそこまで脂肪燃焼効果はございません。どちらかといえば、脂肪を分解する効果が高く、脂肪の燃焼しやすい状態を作ってくれるものだと思ってください。

それに、マッサージを行うことで、脂肪の中に老廃物が蓄積し痩せにくい状態になるセルライトというものをできにくくしてくれます。ですから、セルライトの予防、燃焼効果しやすい体質にするという意味でマッサージを受けるのは良いかと思います。

スポンサーリンク

キャビテーション

キャビテーションというエステ施術がございます。これはどういうものかといいますと、皮膚の上から機械を当てて超音波を送ります。すると、脂肪細胞を破壊し乳化することができますので、体外にこれを排出することができます。これを繰り返し行うことで太りにくい体質を作ってくれます。


脂肪燃焼を促進するサプリメント

sapu


さらに、脂肪燃焼効果を期待したいというのであれば、先ほどの方法の他に、燃焼効果の高いサプリメントを活用してみるのはオススメです。そこで、脂肪燃焼効果を促進する上で必要なサプリメントをまとめてみました。

L-カルニチン

細胞内に存在するミトコンドリアが脂肪の燃焼を行いエネルギーへと変換するわけですが、その脂肪を細胞内に運搬するのがL-カルニチンの役割です。つまり、脂肪のエネルギー代謝を促進するといってもよいでしょう。食品では、ラム肉、牛肉、豚肉、カツオなど赤身のお肉に含まれています。ただ、微量なためサプリメントでの摂取をおすすめします。

α-リポ酸

α-リポ酸とは、L-カルニチンと似ていて、これは細胞の中に存在するミトコンドリアの中にあるもので、人間の生命活動を行う要をになっております。つまりエネルギー代謝に関わりますので脂肪燃焼効果が高いといわれているわけです。

コエンザイムQ10

コエンザイムo10は、L-カルニチンが脂質を細胞内に運搬するのに対し、その運搬したものをエネルギー変換する上で重要なものです。若いころは十分に足りているためちょっとどか食いしても太りませんが、年齢を重ねると太りやすくなるのは、コエンザイムQ10が減少しているからだと考えられているのです。つまり基礎代謝を高めるという意味でも摂取しておいた方が良いサプリメントです。

カプサイシン

カプサイシンとはトウガラシの辛み成分でありまして、アドレナリン、成長ホルモンなどの脂肪動員ホルモンの分泌を行い脂肪燃焼を促すというものです。

ビタミンB群

糖質、脂質、タンパク質の代謝を行う上で必要になるのがビタミンB群です。ですから、ビタミンB群が欠乏してしまうと脂質が蓄積する上に、筋肉の蓄積も難しくなります。また、身体のあらゆる内蔵から始まり、皮膚、髪の毛、爪も、タンパク質ですのでその合成をおこなうビタミンB群は必要不可欠なのです。

茶カテキン

昔から殺菌作用が強いことで知られておりまして、消毒薬などに使用されてきました。特に、緑茶や紅茶の渋みは強いですよね。殺菌以外にも中性脂肪の減少や、血糖値の上昇を抑えるため脂肪の蓄積を促すインシュリンの分泌を抑制できると考えられています。

もちろん、この他にも脂肪燃焼が期待できるサプリメントもございますが。得にこれらは燃焼効果が期待できるものですので是非活用してみてはいかがでしょう。その他、アミノ酸をバランスよく摂取することでダイエットに活用できます。

 

スポンサーリンク

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. s_パッケージ
    疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 送付時
    白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. メグリスリコピンプラス
    さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。でも、決定的に体に悪い生活を送っているわ…
  4. calolina1
    一念発起してダイエット!しかし、始めてみると様々な障害が待っています。まず、食べ物の誘惑。スイーツや…
  5. tamanegi3
    以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という記事で、ダイ…
  6. fiji2
    シリカはただ骨を強くするだけでなく、コラーゲンの生成を促し、シワやたるみなどのアンチエイジングに効果…
  7. ase6
    仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりするのが…
  8. atp
    薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕…
ページ上部へ戻る