フィトエストロゲンの美肌効果を最大限に高める食べ方とは?

Pocket

↓↓【限定】冬の敏感肌・乾燥肌対策に!↓↓
【インナードライ対策訴求】アヤナストライアルセット

フェトエストロゲンとは、通常のエストロゲンは内分泌によって生成されたのに対し、内分泌ではなく、体の外部から、フィトエストロゲン植物を摂取することで得られるものです。

jyosei


女性ホルモンが減少したり、ホルモンバランスが崩れるとお肌に影響がでたり、冷えなど体調を崩してしまうことがあります。女性ホルモンのエストロゲンと似たような作用をもつといわれている大豆イソフラボンも多くの摂取を推奨されていますが、普通に摂取するだけではあまり意味がありません。

植物由来のフィトエストロゲンも摂取の仕方では効果的になったり逆にあまり意味がなかったりしますのでここでは効果的なフィトエストロゲンの摂取法についてみていきたいと思います。

エストロゲンを摂取することで得られる効果



1 美肌効果が期待できる


エストロゲンは子宮と言った女性器を作る他、女性の体の調整を行ったり、女性を作るホルモンでなにも生殖活動だけではありません。たとえば、お肌の働きもエストロゲンが関与しております。

女性らしい美しい綺麗なお肌を維持するのもエストロゲンが必要で、生理の直前にニキビができることがありますが、これは、卵胞ホルモンであるエストロゲンが減少し、黄体ホルモンであるプロゲステロンが増加することでお肌の皮脂バランスが正常に保たれないため荒れてしまうのです。

逆にエストロゲンはコラーゲンを作ったり、皮脂のバランスを正常に保つように調整を行うので美肌や女性らしい体を作るにはエストロゲンは無くてはならないのです。

2 冷え症改善にもつながる

冷え症は男性よりも圧倒的に女性の方がなりやすいです。その原因の一つにホルモンバランスがあります。なぜなら、このエストロゲンは、血液の循環にも関与しているからです。エストロゲンが減少することで血管が硬直し、悪玉コレステロールが増加し、健康にも影響が出ます。ですからやはりフィトエストロゲンは積極的に摂取すべきなのです。

フィトエストロゲンを効果的に摂取する方法とは?

1 排卵から生理までの間に摂取

まず、人間の体にはエストロゲンを格納しておく受容体があります。そこにエストロゲンを満たしておくことで肌も体も生き生きとするわけです。エストロゲンの分泌量が少なくなると体の調子が悪くなります。ですからフィトエストロゲンの摂取を行い受容体を満たしておくことが重要になります。

しかし、注意点としては、このフィトエストロゲンは残念ながら体内から分泌される通常のエストロゲンよりも効果が低いのです。そのため、いつでも摂取してよいというわけではありません。排卵直後などエストロゲンの分泌量が盛んなときにフィトエストロゲンを摂取してしまうと受容体にフィトエストロゲンが埋まってしまい効果が半減してしまいます。

つまり、できるだけ受容体にはエストロゲンを優先的に格納します。エストロゲンの分泌が限界でこれ以上出せなくなったときに、フィトエストロゲンの力を頼ります。その時期が排卵~生理のときです。また、このようにエストロゲンで受容体を満たすことで、PMSというエストロゲンが減少することで起こるニキビ、肌荒れ、むくみ、イライラを解消できます。

sp1

2 オリゴ糖と一緒に摂取する

フィトエストロゲンというものはそのまま摂取しても、人の腸内環境によって差があるのでなんともいえませんが、そこまで効果を発揮しにくいと考えられています。理由としては、フィトエストロゲンの状態では効果が無く、腸内でアグリコンを呼ばれる別な物質へ分解されてから初めて効果を発揮すると考えられています。

そこで、最近注目されているのが、クラフトオリゴ糖です。フィトエストロゲンは糖と他の物質が連なった状態、すなわち配糖体ですので、効果を得るにはその結合を解かなくてはいけません。クラフトオリゴ糖を摂取することで腸内環境を良好に保つことができるため、フィトエストロゲンを分解することができるのです。

よって、フィトエストロゲンを摂取する場合はクラフトオリゴ糖と一緒に摂取しましょう。フィトエストロゲンは、大豆製品、アマニ油、ザクロに含まれていますので食品から摂取する場合は食べてみてください。最近ではサプリメントも出ています。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

〔amazon〕ドラッグストア・ビューティーの売れ筋!


sp1



おすすめ関連記事

Pocket

この著者の最新の記事

スポンサーリンク

関連記事

商品レビュー

  1. 疲れ目やかすみ目、夕方以降になると目がショボショボ・・・。そんな症状に悩まされていませんか?…
  2. 白髪染めは20代後半から美容院で行っていたのですが、ここ数年染料が頭皮に染みるようになり、翌…
  3. さすがに自ら進んで不健康な生活送っている人はいないですよね。 でも、決定的に体に悪い生活を…
  4. 一念発起してダイエット! しかし、始めてみると様々な障害が待っています。 まず、食べ物の誘惑…
  5. 以前、「玉ねぎはダイエットに効果的で栄養値抜群!でも食べ過ぎはダメ?」という…
  6. シリカは様々なメディアで、近年注目されています。 参考記事)シリカ(ケイ素)サプリメントの…
  7. 仕事の重要な打ち合わせで緊張したりするすると、汗がびっしょり出たり、電車で急に顔が火照ったりする…
  8. 薬用アットベリーが今すぐほしい!という方はこちらをどうぞ。 ワキや二の腕などには黒ずみ専…
ページ上部へ戻る